バス世界記録はどれくらい??日本と世界でも全然違う!




ブラックバスの世界記録がどれくらいかご存知でしょうか?

ブラックバスとはMicropterus属の一種または全種を指して用いられる俗称です。

本来ブラックバスという呼称は、コクチバス(スモールマウスバス)の稚魚期の体色が黒いことから原産地北米において慣習的に呼ばれるようになった名称。

日本においては、移入からの歴史が長く、分布範囲、個体数、認知度において群を抜くオオクチバス(ラージマウスバス)を特に指して用いられる場合が多い。

属名Micropterusは和名においておもに「オオクチバス属」と訳されるが、「コクチバス属」とする場合もある。またMicropterusは「小さな尾」の意であるが、これは初めて捕獲された本属魚類の個体の尾鰭が負傷欠損によって小さかったために、誤ってその特徴が名付けられてしまったものであるらしです。

スポンサーリンク

日本ではどのくらいの大きさ??

基本的に平均はフィールドによって、異なりますが、

30~35cmくらいが平均でしょう。

「普通サイズかなー」と釣り上げて感想を述べそう。

いわゆるビッグワンと呼ばれるサイズは

50cm

ではないでしょうか?

一匹釣れれば、もう満足のモンスターですよね。

重さとしては

2kg

あったら、スーパーモンスターですね。

あと特殊なフィールドとしては

琵琶湖

日本屈指のデカバスフィールドであり、日本で一番大きな湖です。

ブラックバスが巨大に育つ上で、日本の湖の中で最もアメリカの中西部の湖に状態(地形、水温、水質、緯度など)が似ており、バスの育成に向いているそうです。

どんな水域でも適合できる柔軟性を持ったバスですが
少しでも安定した水域であれば、生き残るために必死にならなければならないエネルギーを成長に回せるので、大型化することも可能と考えられます。

世界記録はアメリカではない!?

そうなんです。世界記録のラージマウスバスが釣れたのは、原産国のアメリカではないのです。

それは

日本の琵琶湖

22ポンド4オンス(10.12kg)

73.5cm

2009年にバスメーカーの方が釣り上げた

琵琶湖ならではのスーパーモンスター。

長さは世界タイ記録みたいです。

重さは琵琶湖バスの勝利。

アメリカ人も認めたくないサイズだそうです。

釣れた、ルアーが

生きたブルーギル

だったそうです。

ルアーでは見切られ釣れなかった?

ライブベイト(生き餌)を使わないと口を使わないような、天才級バスだったのではないでしょうか。

しかも、

この釣れたバスわ集団で泳いでおり、一番小さいサイズのバスが口を使ったという情報も・・・。

これ以上のデカバスがいるのは確実かと。

まだまだ成長中のバスは現在進行形で巨大化していると思われます。

もしかしたら、釣れていないでけど、私たちの身近な野池や河川でにとんでもないモンスターバスが潜んでいる可能性は否定できません。

夢が広がりますね!!

スポンサーリンク

ルアーで世界記録を。

そんな、スーパーモンスターを釣り上げた状況を踏まえ、

生き餌でなく、ルアーだったら何を使うか。考えてみました。

ギル系ビックベイト

まずは、これ。ライブベイトがブルーギルだったため、そのままギル系のビックベイト。ブルーシューターやガンタレルのような、ジョイントタイプ。またはゾーイのような、真っ直ぐ引いてくりビックベイト。をしようしてはどうだろうか。

➡︎➡︎おすすめビックベイトの詳しい記事はこちら!

ギル系ワーム

ブルフラッットやフリップギルのようなワーム。今回はサイトで仕留めているようなので、あえて、ノーシンカーでふわふわさせ他が、見切られにくいのではないだろう。より、サイズは大きいものをチョイス。

➡︎➡︎ギル系ワームに関する詳しい記事はこちら!

羽根モノ

集団、スクールで泳いでいたため、捕食スイッチが入れば取り合いになり、バイトが得れるかも。ゆっくり、デッドスローで引いて、イラつかせ威嚇バイトもありかも。何より、トップウォーターなら、ラインを見られないため、見切られにくいのでは。

➡︎➡︎おすすめクローラーベイト・解説の記事はこちら!

まとめ

一度はこんなモンスターを手にしてみたい。

と誰もが思うでしょう。

餌じゃなきゃ、釣れないわ!と思う人も多数いるでしょう。

しかし、このバスが上がったのも、2009年。

もう10年前。

この頃はビックベイトも流行っておらず、ルアーの種類も今よりだいぶ少なかったでしょう。

今では、各社メーカーが研究を重ね、生まれた実魚性能に優れたルアーが世にでています。

皆さんでも、世界記録に挑戦できるのでは?

参考にして見てくださいね!

それでは、レッツフィッシング!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!