ワッキーリグはバス釣り最終兵器!?使い方・使い所教えます!!




ワッキーリグ。
常吉リグとも昔言われていました。

バス釣りをある程度している人では必ず耳にするリグの名前ではないでしょうか?
ちなみにリグとは仕掛けの事です。

「ワッキーリグは釣れるよ!」

と初心者にアドバイスして、釣れました!ってこともありませんか?

しかし、ワッキーリグの利点や、どういう状況で使うのが良いのか?
どんな場面で強くなるのか?

よくわからないまま、ワッキーリグを多様している人は多いのではないでしょうか?

ワームの釣りなので、ライトに誘えて、食いは良いのですが、

使い時や使う場所を知っていれば、もっと強力になるルアーの1つなんです。

スポンサーリンク

ワッキーリグはピンポイント狙いで最強

そんなワッキーリグは、ズバリ、

ピンポイントな場所で使用しましょう。

では、何故、ピンポイントが強くなるのか、解説していきましょう。

何故、ワッキーリグがピンポイントに強いのか?

そもそも、ワッキーリグはどんなリグなんでしょうか?

簡単に作り方を説明すると、

ストレートワームの中心(重心の真ん中)にマス針をさして使用するリグ。

こんな感じです。

では、水中ではどのように、泳いでくれるのでしょうか?

基本的には、ストレートワーム全体が自重によって、水圧を受けながら、フォールしてくれます。

よって、ワーム全体が水の抵抗を受けるため、シンカーが落ちる力と相反して振動し、バスに最大限にアピールをしてくれます。

テキサスリグのように、シンカーが先導してフォールしたり、シンカーが優先するリグと比較すると、

バスの目の前をゆっくり誘え、弱ったベイトを演出することができます。

やる気のないバスでも、思わず口を使ってしまいます。

よって、バスがいると確信できるピンポイントを狙う際は圧倒的に強いリグと言えます。

それでは、代表的なワッキーリグの種類を紹介します。

スポンサーリンク

基本的なワッキーリグは3種類。

ジグヘッドワッキー

ジグヘッドワッキーリグはマス針にシンカーが付いているタイプ。
シンカーが落ちようとする力と、ワーム全体が水の抵抗を受ける力が相対することで、ワームが振動する力が最も強くなり、アピール力が高いワッキーリグ。

縦ストラクチャー・濁り

ジグヘッドワッキーリグは、杭のような縦ストラクチャー(障害物)にコンタクトしているバスに効果的です。

また、やや濁った水質の時にはアピール力が比較的強いため、バスに気付いてもらうことができます。

ダウンショットワッキー

ダウンショットワッキーリグは、ワームの結んだ余り糸にシンカー(重り)をつけて、使うリグ。

メリットとしては、
ワームが流されにくく、動かした時の移動距離が最小限に抑える事ができ、一点で誘えること。
その他にはワームに直接シンカーが搭載されていないため、ワーム本来の自然の動きが出るのでバスに違和感を与えにくい。

サイト・流れがあるポイント

移動距離を抑える事ができるので、誘いたい場所で集中的に狙えます。
よって、目で見ながら釣るサイトフィッッシングに有効。

さらに、インレットや河川の流れがあるポイントでも釣り人側が流れに乗せる場合でも、コントロールが非常にしやすいです。

ノーシンカーワッキー

ノーシンカーワッキーリグは、名前の通り、全くシンカーを使わず、マス針のみを使うリグ。

シンカーに左右されないため、ワームの動きがナチュラルであり、バスに違和感を与えないのが最大のメリット。

ゆっくり誘いたい。シャローエリア。

ワームの自重にもよりますが、フォールスピードがかなり遅い。

よって、食い気がないバスや、やる気のないバスに対して、口を使わせる事ができます。
アクションしにくいのがデメリットではあるが、食わせは最強。

また、水深が1mに満たない場所では、独壇場。
使い勝手の悪さをカバーできます。

ワッキーリグを覚えれば、ある程度カバーできる。

この3つのリグを覚えて、バスがいる所へ投入すれば、かなりの確率でバスに口を使わせる事ができることがお判りいただけたでしょうか?

あらゆるリグが存在しますが、

ワッキーリグはバスを釣る上での最終兵器

といっても過言ではないでしょう。

補足:ワッキー用チューブもおすすめ。

 

ワッキーリグのデメリットの1つとして、身切れを起こしやすい。
身切れとは針を刺している部分から、水圧の影響で裂けてしまうこと。

身切れを防止してくれるチューブの使用方法です。
ゴム製の丸い筒状のもの。

これを、ワームに差し込みます。
そのチューブに針を差し込んで、ワーム本体に傷をつけず、針を刺す事ができるようになります。

是非、使ってみてください!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ワッキーリグはピンポイント狙いで最強。

まさに、バスの居場所が絞れていれば、確実に狙っていけるリグなんです。

是非、バスが確実にいそうな場所や
バス自体が目で見える時など、試してみてくださいね!

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!