打ち物ロッド・リールおすすめランキング!ラバージグやテキサスのカバー撃ち!




バス釣りに置いて、巻物とは対照的な位置にある「打ち物」

打ち物は基本的にカバーを撃つことを指し、テキサスリグやラバージグなどのピンポイントに落とし込んで使うもの。

時のは分厚い藻も撃ち抜いたり、掛けた魚をパワーで引きづり出したり、パワーがあれば良いと思っていませんか?

打ち物に特化したタックル(ロッド・リール)を使うことで、今まで釣ることができなかった魚を手にすることができます。

今回はそんな打ち物のタックルのおすすめをランキング形式で紹介します。

それでは、早速参りましょう。

スポンサーリンク

カバー撃ち(打ち物)に求められる性能(ジグロッド)

カバーとは、立木が入り組んだとこだったり、藻の中だったり、木が覆いかぶさった場所だったり、様々あります。

共通して言えることは、何か障害物を絡めた場所に投げ入れること。

カバーに撃ち込むということは、

  • 障害物越しに落とし込むため、太いラインを使用する。
  • ビックバスが掛かった時、カバーに絡まないように、早く引き寄せる。

ことが大前提となります。
これだけを見れば、ガチガチに硬い竿で、巻き取りパワーが半端ないリールを使えば問題ありません。

しかし、昨今のブラックバスだからこそ、欠かせない条件が別にあります。
それは、

誘い出す繊細さ。

です。打ち込んでも、繊細にアプローチをしないと、口を使わせることは難しいのが、近年のブラックバスです。

さらに、ガチガチの竿の場合、フッキングが決まりにくく、弾いてしまうケースが多いです。

カバーにも負けないパワーを持った、繊細なアプローチができるタックルが必須になりつつあります。

現代の打ち物に欠かせない条件を兼ね備えたタックルが各メーカーから研究から再現されています。
今回は、それらの最新タックルを紹介します。

また、別名ジグロッドと呼ばれるものも同様に考えてもらって間違いないでしょう。

おすすめ打ち物ベイトロッド(硬さ・長さ)

まずはロッドから紹介します。
硬さとしては、MH~Hくらいが小規模なフィールドで使うのならおすすめです。

硬すぎると自然とルアーが不自然なアクションになることがあります。

また、プラスして、感度と粘りがあるロッドがおすすめ。
水中の様子が手に取るようにわかるものを選びましょう。

1位 ダイワ ブラックレーベル プラス 7011HRB

ダイワの人気シリーズ、ブラックレーベルのヘビーバーサタイルロッド。
強いロッドになりますが、ガチガチすぎないロッド。
繊細にアプローチができる竿先で、掛けるとバット部分で力強く寄せ付ける、新生代パワーロッド。重めの巻物やビックベイトも扱えるおすすめロッド。

2位 ポイズンアドレナ 1610MH

ポイズンアドレナのMH。軽さと感度はピカイチ。
幅広い重さのルアーが使えるので、打ち物に止まらない仕様。
個人的に仕様頻度も高いが、不満が全くなく長さも長すぎず、取り回しの良さもおすすめのポイント。

3位 NORIES(ノリーズ) ロードランナー ストラクチャー ST670H

ノリージのストラクチャーシリーズ。
トルクの良さは抜群。粘りの良さは他社のロッドとは一味違うロッド。
通常のロードランナーより繊細なアプローチが可能になり、寄せるトルクの強さは一度使うと打ち物が好きになるようなロッド。

4位 レイドジャパン グラディエーター Technix GT 68M+C CoverTechnica

レイドジャパンのグラディエーターテクニクスシリーズ。
ソリッドティップを搭載しており、まるでスピニングのように繊細なアプローチを可能として、バット部分はM以上。パワーベイトフィネスの部類になりますが、打ち物でも使えるほどのパワー。クセはありますが、使いこなせると手放せません。

5位 ダイワ スティーズ 691HFB ブレニム

スティーズのブレニム。
ヘビーバーサタイルロッドであるが、絶妙な長さでキャストの精度が抜群に良いのが売りのロッド。また、掛けてからのフッキングも長さゆえ合わせやすい印象。

スポンサーリンク

おすすめ打ち物ベイトリール

続いて打ち物ベイトリールについて。

  • 多少の強引なやり取りをしても壊れない剛性。
  • カバーからいち早く離すための巻き取りスピード。

が求められる性能です。よって、基本的にはギア比としては、ハイギアのリールを推奨します。

1位 アブ レボブラックナイン Abu Revo BLACK 9

剛性とハイギア、どちらもハイスペックなブラック9。
木村健太プロが監修してできたモデル。若干の重みはあるが気にならない程度。
とりあえず壊れない剛性リールを再現しています。さらに、ハンドルがDFL(ダブルフィンガー)ハンドルが搭載されており、人差し指と中指を引っ掛けて、ゴリ巻きできるパワーリールのおすすめ。

2位 シマノ(SHIMANO) 16 メタニウム MGL XG

シマノのメタニウムMGL。剛性はやや弱めではあるが、よっぽどのことがなければ壊れない。そのほかの性能は抜群。最もギア比の高いXGは巻き取りもかなり早く、ボディーが小さいためしっかり握りやすいです。そのため、打ち物で大事になるフッキングもしっかり力を伝えることができます。

3位 ダイワ スティーズ A TW 1016SHL (17モデル)

ダイワのモデルで少なかった剛性に特化したモデル。
打ち物でも巻物でも使えるハイエンドモデル。スティーズは欠点が少ないです。
どちらも使いたい場合はこれ以上はないでしょう。

ハイギアで剛性の高いものであれば、色々試してみて自分にあったものを探してみるのも良いでしょう。そこまで揃えるのもという方は、まずは竿だけでも変えて、試してもてください。

おすすめ打ち物ライン

打ち物で使用するおすすめラインはフロロカーボンライン。
もしくは、濃いごちゃごちゃした場所へ撃ち込む場合はPEラインを使用しましょう。

フロロカーボンラインでおすすめはこちら。
シーガーのフロロリミテッドハードバスはちょっとのことでは切れません。
カバー撃ちであらゆるものと摩擦する可能性があるので、磨耗に耐えれるのこのラインが信頼できます。

PEラインであれば、ステューターがおすすめ。
細めのラインでも剛性がよく、トラブルも少なめ。
通常の野池などのカバーであれば、55lbぐらいがおすすめ。

打ち物でPEラインを使う時の注意点

PEラインを使う時の注意点は打ち物の場合、
魚にラインを視認させてしまうことです。

PEラインは太いラインが多く、魚に違和感を与えてしまうことが多いです。

もし、じわじわ誘い出す場合はできるだけ水中にラインをつけないようにする提灯で誘うのがおすすめ。

➡︎➡︎釣りの提灯とは?フロッグのおすすめ記事で解説しています。

それか、落として数回アクションして、すぐに回収するように、一瞬で口を使わせる方がPEラインを上手く使えるでしょう。

PEラインは針の貫通率を上げたり、ややこしいところでも打ち込めるので、時に有効になる場合が多いです。

以上の注意点を踏まえて使いましょう!

ラバージグ・テキサス・高比重ワームは打ち物タックルでまとめて使える!

打って使ったり、できる限り障害物にタイトに狙いたい場合は、打ち物タックルでまとめてしまうのがおすすめ。

  • ラバージグ
  • テキサスリグ
  • 高比重ワームのノーシンカー

などはよっぽど軽いか重いものでなければ、まとめても問題ないでしょう。

カバーを撃つなら、パワーフィネスもおすすめ

近年のカバー撃ちに求められる繊細さを最大限に引き出す釣法があります。

➡︎➡︎パワーフィネスについての詳しい解説記事はこちら。

琵琶湖などのビックフィールドは別!

琵琶湖などのビックフィールドで打ち物をする際は、異なります。

分厚い藻の塊に撃ち込むパンチングを行う際も、ビックベイトを扱うような、エクストラヘビーのロッドに剛性が申し分ないリールを使いましょう。

➡︎➡︎ビッグベイト専用タックルに関する関連記事はこちら。

ですが、オカッパリで岸に寄ってくる魚を狙う場合は上記で紹介したタックルでも問題なく撃ち込むことができるでしょう。

打ち物タックルはバーサタイル(オールラウンド)で使える!

「そんなルアーの種類でタックルを揃えてたら、いくらお金があっても足りないわ!」

そんな人におすすめなのが、打ち物用のタックル。

正直、打ち物用のタックルで巻物ルアーも小型のビッグベイトも幅広く使える、最も汎用性が高いタックルセッティングになります。

岸釣りであれば、何本も持ち歩いていると、機動力が落ちて釣果に響いてしまうケースも多いです。

よって、色々やりたい場合は打ち物用のタックルを用意すれば、事足りるでしょう。初心者でも初めての一本にもおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は打ち物用のおすすめタックルを紹介しました。

  • まず、一本ベイト用の竿が欲しい!
  • 打ち物をやりこみたい!

そんな人は参考にしてみてください!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!