大潮・中潮・若潮・長潮・小潮の釣り方紹介します!!潮回りまとめ記事!!




海釣りにおいて、最も欠かせない情報の一つ潮回り。

みなさん、大潮が一番釣れると思っている人が多いのではないでしょうか?

私もその一人でした!

潮見表カレンダーを見て、
「あっ!今日は大潮!爆釣だ!!」

と期待に胸を膨らませ、海へ出かけますが、全く釣れない日が続きました・・・。

なんで、釣れないんだ!と思い、潮回りについて勉強することにしました!

そうすると、
それぞれの潮回りの特徴が把握でき、
自ずと釣り方もわかってくるようになりました。

今回はそれぞれ、5つの潮回りについてのまとめ記事を書いていきます!

スポンサーリンク

潮回りは基本的に5つ

5つの潮回りがあります。

  • 大潮
  • 中潮
  • 若潮
  • 長潮
  • 小潮

潮は月と太陽の引力により、一日2回ずつ満ち引きをします。

干潮と満潮の差は一日で一定ではありません。
少しずつ変化しながら、この5つを繰り返しています。

大潮

まずは、大潮についてです。

大潮は最も潮の流れが強く、潮の干満差がもっとも大きい状態で、新月または満月の前後数日間起きる。

魚の活性が最も高くなる、潮回り。

➡︎潮回りの説明を踏まえ、大潮の解説についてはこちら。

中潮

大潮の次に活性が高くなる中潮。

中潮は2つ存在するんです。
どちらも、同じ中潮だと思っていませんか?

熱い中潮は一つしかありません。

➡︎そんな中潮の釣り方についての解説はこちら。

若潮

若潮です。
若潮は、一般的には潮の流れも悪く、釣れないイメージが強い、潮回り。

しかし、ある特定の獲物を狙う上では好条件になるのが、若潮。

是非、若潮の特徴を理解して欲しいですね。

➡︎若潮の釣り方・釣れる魚種についての解説はこちら。

スポンサーリンク

長潮

長潮も若潮同様に、あまり活性が上がりにくい潮回りです。

あまり好まれないですが、
しっかり、知識と釣り方を頭に入れておけば、大潮よりも釣れる可能性があります。

若潮の解説と合わせて見てもらいたいです。

➡︎若潮の釣り方・覚えておくべき知識についてはこちら。

小潮

小潮は大潮とは真逆の潮回り。
活性は上がらないから、釣りに行くのはやめようと思うのは大間違い。

小潮だからこそ、釣りが成立するパターンも存在します。

あることをすれば、熱い潮回りへと変化します。

➡︎小潮の釣り方・解説についてはこちら。

まとめ

以上が、海における潮回りの解説になります。

なんとなく、釣りをするのも良いですが、
できれば、良い釣果を残して帰りたいですよね!

潮回りの勉強をすれば、必ず釣果に直結します。

今では、潮見表を見るのが楽しくて仕方ありません!(笑)
釣りに行かなくても、今日はこんな釣りが熱そうだな!って思っています。

この記事が1匹の魚に繋がれば、嬉しいです!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!