釣りにおけるサーフとは何か知っていますか?大事な用語です!解説します!!




釣りにおける「サーフ」の意味をご存知ですか?
ある状況でとても大事な用語の一つなんです。

波乗りの事?サーファー??
のことが頭に浮かぶ人も少なくないでしょう。

サーフ=surf

英語表記するとこのようになります。
主な、意味としては、
(海岸・岩などに砕ける)打ち寄せる波、砕け波(打ち寄せる)波の泡。

よって、サーファーは打ち寄せてくる波を乗る人の事を意味します。

では、釣りではどういう意味を持っているのでしょう。

サーフ

釣る際にとても重要なキーワードとなります。

では解説していきましょう。

スポンサーリンク

砂浜

海釣りにおいてのサーフの意味は先ほど述べた、
打ち寄せる波とは全く違う意味を持ちます。それは、

砂浜

要するに波を意味するものではないんですね。

このサーフ(砂浜)で釣りをすることを、サーフフィッシングと呼びます。
砂浜から遠投し魚を釣って行く手法で、エサ釣りからルアー釣りまで、幅広くあり、狙える魚種も多いことが有名です。

外国でも砂浜から釣りをする事をサーフフィッシングと言うらしいです。

今回はこのサーフ(砂浜)から釣れる魚、注意点について紹介していきましょう。

サーフで狙える魚種

いくつか紹介していきます。

  • ヒラメ
  • シーバス
  • ヒラスズキ
  • マゴチ
  • イナダ
  • マダイ
  • アオリイカ

ほんの一部を紹介。まだまだあります。(笑)
もちろん釣れるシーズンはバラバラで異なりますが、
かなりの多くの種類の魚をサーフで釣ることが可能なんです。

大型のクロダイやマダコなども、タイミングが良ければ釣ることができます。

夢が詰まっていますね。

タックル

様々な魚種が狙えるサーフですが、道具立が重要になってきます。
私がおすすめするのは、

シーバス用のタックルセッティング

更に仕掛けについては、ミノープラグのような小魚をイメージしたルアーをおすすめ。

また、広範囲に探っていく必要があるため、遠投性能を高めるため、

PEラインが必須。
必ず、ショックリーダーは組むようにしましょう。
太さについては、PE1号前後、リーダー12〜20lbぐらいが耐久性も優れ、遠投もできるのでおすすめです。

餌を使う釣り方もあるのですが、魚が浅瀬に入ってきたタイミングを効率よく当てていくため、ルアーの方が手返しが良いので、ここでは紹介しません。

スポンサーリンク

注意点

安全に釣りをする上で、注意することがあります。それは、

  • 天候
  • 服装

台風の時など、波が高くなるときは要注意。
サーフフィッシングはしな方が良いでしょう。
砂浜には防波堤はありません。最悪、流されてしまっては、釣りをするどころではありません。命に関わります。

次に服装。こちらは、晴天の時であっても、注意しましょう。
もちろん、砂浜から投げれば問題ないのですが、できるだけ、海へ近づき、沖を探りたいと思いますよね。

履物についてですが、サンダルはおすすめできません。

砂浜の上を歩くと足の裏に砂が入り、思っている以上に痛いんです。これでは快適に釣りができません。

よって、ウェーダーの着用をおすすめします。
更にチェストタイプを選びましょう。波は定期的に大きな波が来るため、深場へエントリーしすぎないようにしましょう。

いずれにしろ、釣りをする際はライフジャケットを着用しましょうね。

まとめ

サーフの意味を理解していただけたでしょうか?

最初は、私も「サーフ」についての意味がわかりませんでした。

「サーフで釣れますよ!」

と、釣りの専門書や、ネット上に書いてあっても、

「波に乗りながら、釣りをするのか!?」

なんて、頭の悪い私は思ってしまいました。(笑)
これで、あなたも勘違いしないでしょう!!

サーフフィッシングは釣り初心者でも手軽にチャレンジできるので、是非おすすめします!

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!