テキサスリグの作り方・結び方解説!おすすめワームアクション!ビーズやストッパーは?




テキサスリグをご存知な方も少なくないはず。
ブラックバスや根魚を釣る上でスタンダードな仕掛けの一つです。

テキサスリグは非常に奥が深く、まだまだ自分自身も理解が乏しく、使い時もイマイチわからない仕掛けです。

しかし、テキサスリグの特性を理解すればするほど、自ずと出し所や、使い時がわかり、欠かせないリグ(仕掛け)の一つとなりました。

今回はそんなテキサスリグについて、詳しく解説します。
これであなたもテキサスリグがないと困ります。

それでは、早速参りましょう。

スポンサーリンク

テキサスリグとは

テキサスリグとは、ワームの仕掛けの一つです。

ワームの頭側(リール側)に中通しの重りを通して使うリグになります。
シンカー(重り)があるため、フックセットによって根掛かりの回避性能が高いことが最大のメリットです。

また、琵琶湖などではカバーマット(濃い藻の塊)を重いシンカーを使って
入れ込んでいく釣り方のパンチングでもテキサスリグを使用します。

根魚を釣るロックフィッシングでもテキサスリグの回避性能が発揮され、多用されています。

しかし、単純にテキサスリグと言っても、なんとなく作ったセッティングでは十分な効果を発揮しないケースがあります。

それでは、次に基本的なテキサスリグの作り方を解説します。

テキサスリグの作り方(仕掛け)

テキサスリグを作る際に用意するものは以下です。

  • フック(針)
  • シンカー(重り)
  • シンカーストッパー
  • ビーズ(お好みで)

これらをまずは用意しましょう。
と言ってもテキサスリグに適したものを用意しなければなりません。
それぞれ、何を選べば良いか、どう使えば良いのか解説します。

テキサスリグのフック(針)

テキサスリグのフック、針からです。
2種類のフックが使用できます。

  • オフセットフック
  • ストレートフック

基本的に針が丸出しにするよりも、できるだけ隠してやるのが通常。
非常に根掛かりがしやすい場所を狙う場合、思いっきりワームの内部に入れ込みましょう。フッキングをしっかり決めることができれば、ワームがズレ込んで、フッキングしてくれます。

オフセットフックのおすすめ

オフセットフックの場合、ワームのボリュームに応じて使い分けましょう。

リューギのインフィニ。比較的ボリュームのある太めのワームのテキサスリグを使用する場合におすすめ。貫通性と強度のバランスが非常に良いフック。

もう一つも同メーカーのリミット。
細めのワームに適応したモデル。インフィニ同様のバランスの他に、すり抜けの良さをプラスしたものです。

ストレートフックのおすすめ

ストレートフックのメリットはフッキングパワーをダイレクトに伝えることができることです。ワームの内部に隠して、根掛かりをしないセッティングではこちらがおすすめ。
詳しい指し方等については、おすすめのどうがを紹介しておきます。

テキサスリグのフッキングのコツ

ワームの内部に隠れているフックを魚の顎に貫通させるためには、フッキングにコツが必要です。

フロッグのフッキングに似ているため、参考にしてみてください!

➡︎➡︎フロッグに関する詳しい記事はこちら。

フックのコーナーで紹介した動画でもフッキングのモーションなどは参考になるので見てみてください。

テキサスリグのシンカー(重さ)

テキサスリグに適したシンカーは基本的に「バレットシンカー」を使いましょう。銃弾のような形をしたシンカーです。

先が細くなっている方をリール側にして中通ししましょう。
細くなっていることがすり抜けの良さを発揮してくれます。

バレットシンカーにも、素材に種類があり、大まかに分けると、

鉛(なまり)製

タングステン製

の2種類になります。

鉛は変形しやすいが、非常に安く手に入ります。

逆にタングステンシンカーは剛性が強く、多少のことでは変形しません。
また、小さいサイズで重量を持っているので、魚に違和感も与えにくいメリットがあります。
しかし、鉛より高価ではあります。

個人的にはタングステンシンカーをおすすめします。
変形することで、根掛かりを引き起こしたり、また、水中の感度もタングステンの方が良いので、メリットが多いです。

テキサスリグのシンカーストッパー

テキサスリグのシンカーの先につけるゴム状の止め具をシンカーストッパーと言います。

これを着用することで、テキサスリグがリール側に滑ってしまったり、着水時、シンカーが先に沈んでしまうことを防ぐことができます。

基本的には着用を推奨しますが、場合によってはシンカーストッパーを使わない方が釣れるケースもあります。

シンカーを先に沈めさせた方が良い場合もあります。

ブルフラットというワームがまさにストッパーを使わない、またはシンカーとストッパーの間隔を広げてやることで本来の良さを引き出せます。

➡︎➡︎ブルフラットの使い方に関する詳しい解説記事はこちら。

テキサスリグ用のビーズ

次にテキサスリグのビーズについてです。

シンカーとフックの間に入れる、明滅を生み出したり、シンカーと接触することでカチカチと音を出したりできるアピール力を強めるアイテムです。

根魚の場合は着用をおすすめします。バスも場合によって使っても良いでしょう。アピールを出したい時に着用してみましょう。

テキサスリグの結び方

テキサスリグの結び方のおすすめは、

ハングマンズノット

をおすすめします。何かとアイテムが必要になるテキサスリグですが、ハングマンズノットであれば、簡単に結ぶことができるので、おすすめ。

他のリグでも多用するので是非、覚えておきましょう。

➡︎➡︎詳しいラインの結び方全集はこちらの記事にて紹介しています。

スポンサーリンク

テキサスリグのアクション

テキサスリグに適したアクション方法は何種類かあります。

  • ボトムパンピング
  • ズル引き
  • 水中で提灯
  • スイミング

がおすすめのアクション。
テキサスリグは基本的に艶かしく誘い出すというよりは、魚がいる場所へしっかり送り込むことに重点をおいたリグです。

  • キャストして、着底させる竿を軽く煽って、跳ねさせるようにアクションするボトムパンピング。
  • 根掛かり回避性能を生かした、ボトムのズル引き。
  • 水中のストラクチャー(障害物・枝・岩など)に引っ掛けて、誘い出す。
  • 中層・ボトム付近の根掛かり回避性能を生かしたスイミング。

他のリグと異なるのは、よりタイトに攻め込めること。
魚が好みそうなごちゃごちゃした場所へ、恐れず打ち込みましょう。

足元や水深の浅いスポットであれば、ある程度誘って、反応がなければ、回収したり、テンポよく打ち込むのも良いでしょう。

魚の目の前に出して、誘い出す前に口を使わせるイメージです。

詳しくはおすすめの動画があるので参考にしてみてください。

ラバージグとテキサスリグの使い時の違いは?

ラバージグもテキサスリグも同様にカバーを撃つものになります。

見た目で比較しても、ラバーの有無が使い分けの目安になります。

ラバーがあることによって、
フォールスピード(着水してから、着底までの落ちていく速度)が遅くなります。中層も狙いたい場合や、ボリュームがかなり出るため、春先など大きくシルエットを見せたい場合はラバージグを使いましょう。

テキサスリグはシンカーの重さやワームの形状(手足などのパーツ)にもよりますが、逆にフォールスピードは速くなります。
さらに、ラバージグに比べすり抜けが良いため、狙うストラクチャーによって使い分けましょう。底に速く落としたい場合もおすすめ

どちらもカバーにおいて必須のアイテム。
もちろん重さや形状だけでなく、各社メーカーによって、多種多様なので
一概には言えないので、色々な組み合わせを試してみましょう。

ラバージグに関する詳しい解説記事はこちら。

スモラバ(スモールラバージグ)に関する詳しい記事はこちら。 

テキサスリグにおすすめのワーム(根魚・カサゴ・ヒラメ)

様々な形状のワームでテキサスが使えます。ストレート系やクロー系など、なんでもテキサスで使えます。

エコギア バルト

魚の形状をしているので、スイミングでも使えるので巻いてもアピールできるため、初心者にも扱いやすいです。

エコギア バグアンツ

ソルトテキサスと言えば、バグアンツ。
長い手足のパーツが艶かしく動いて、よく釣れます。
まず、悩んだらこちら。

テキサスリグにおすすめのワーム(ブラックバス)

ブラックバスの場合、生息している生物を意識して使うのがおすすめ。
基本的には、ザリガニや甲殻類をテキサスで使うのが定石。
また、ギル系のワームもテキサスにおすすめ。

レイドジャパン バトルホッグ

OSP ドライブクロー

バークレイ チガークロー

ノリーズ エスケープツイン

ブルーギル系ワームもテキサスリグが適しています。
➡︎➡︎詳しいブルーギル系ワーム・ブルフラットの使い方はこちら。

デプス ブルフラット

ノリーズ フリップギル

これらがおすすめ。どれもよく釣れるので、好きなタイプを持っておきましょう。
また、パンチングなど、細い場所をすり抜けたい場合はスティックベイト系やバックスライドワームもおすすめです。手足パーツのないものがすり抜けは良いです。バックスライド系ワームはパーツがない所から刺しましょう。
その他にストレートワームでもベターです。

OSP ドライブスティック

レイドジャパン バギークロー(バックスライド)

ガンクラフト ボムスライド(バックスライド)

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー(ストレートワーム)

以上がおすすめになります。
意外なワームでも、テキサスリグが適していることもあります。
魚にとっても新鮮で釣れるのではないでしょうか?

テキサスリグにおすすめタックル(ロッド・リール)

テキサスリグにおすすめのタックルは打ち物用のタックルを使いましょう!

➡︎➡︎おすすめの打ち物用のタックルについての記事はこちら。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はテキサスリグについて解説しました。
古くからある仕掛けの一つですが、使いこなせれば、なくてはならないリグの一つになります。

是非、マスターして、釣果を叩き出してください!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!