太刀魚の瀬戸内海で釣れるシーズン(時期)はいつ?船釣りのテンヤがおすすめ?

タチウオと言えば、見た目がかっこいい魚の一つですね。

ではそんなタチウオのシーズンはいつで、いつ頃に旬を迎える魚なの?

また、船釣りの場合だとテンヤがおすすめという噂もあります。

そもそもテンヤって何なのか、解説していきます。


太刀魚(タチウオ)の瀬戸内海で釣れるシーズン(時期)はいつ?

タチウオは、「太刀魚」と書きます。

ではこの太刀魚が瀬戸内海で釣れるシーズンはいつ頃なんでしょうか?

太刀魚は、ほかの数多くいる魚の中で、特に産卵期が長期間なことで有名です。加えて、旬も比較的、長めです。

暖かい海域が大好きな太刀魚は、春から夏頃は北へ泳ぎ、秋から冬にかけては南に向かって泳ぎます。

ということは、海水の温度によっては産卵期が2シーズンとなります。

それに地域によって春、夏、秋と分かれますが、だいたいは夏から秋にかけてが、美味しい時期だと言われています。

それから、太刀魚の脂乗りはほとんどが一年で一定だと言われています。

つまりどの時期に釣っても脂が乗っているのです。

どのくらいの脂乗りかと言えば、ある釣り人の話では、

「マグロの大トロぐらい多い!」

という話があるくらいです。

そして太刀魚の産卵期は、6月から9月とやや長めです。その中でも卵を産むのが多いのは、6月頃と9月下旬頃です。

この時期がおすすめの時期になります。

太刀魚を釣りたいのであれば、このぐらいの季節がおすすめです。

ほかの魚は産卵する直前が、一番脂乗りが良く、身振りも大きいです。

それは、卵を産むためのエネルギーを体に貯めているからです。

そのため脂が多く、いわゆる「旬」の季節となります。

太刀魚は、一年を通して脂乗りが変化することが少ないために、多く釣れる時期が旬となります。

通常ですと太刀魚は深海で生活していることが多いですが、群れで6月から9月の産卵時期は浅い海に来ることが多いので、たくさん釣れます。

それに、太刀魚は瀬戸内海で多く獲れる魚です。

太刀魚はそもそも、日本各地で釣れます。

ですが、太刀魚は暖かい海水を好むので、西日本の瀬戸内海や中国地方が釣れる傾向があるのです。

もちろんそれだけではなく、瀬戸内海はプランクトンが多いのです。

プランクトンが多いということは、魚の餌が多いということなので、脂乗りの良い太刀魚が釣れるということなのです。

それに九州近海でも釣れるので、広い地域でファンも多いです。

大分県では「くにさき銀たち」という名前でブランド魚として有名です。

九州近海だと、6月頃に長崎県でいっぱい獲れます。

また、対馬近海では大型の太刀魚がたくさん獲れますので、「太刀魚の宝庫」として有名ですね!

ほかの海域でも、

  • 「田浦銀太刀魚」
  • 「白銀」
  • 「銀太」

といったブランド魚がよく知られています。

季節が来ると、スーパーで見かけることの多い太刀魚。近年では、外国の中国産の太刀魚も見かけますね。

船釣りのテンヤがおすすめ?

結論から述べると、太刀魚はテンヤが最もおすすめです。

テンヤとは、オモリと針が合体したもので、太刀魚はもちろんマダイやタコなどには専用の釣竿があります。

この場合だと、太刀魚には「タチウオテンヤ」という名前の竿があります。

主に関西地方での釣り具店での取り扱いが多いですが、もちろん、最近では取り寄せも可能です。

なかなか船でテンヤをするのも初心者ではハードルが高めではあります。

岡山県倉敷市児島元浜港 松本釣船2さんが人気であり、おすすめです。タチウオに限らず、瀬戸内海の様々な魚種を船で狙うことが可能です。


まとめ

今回は太刀魚の瀬戸内海で釣れるシーズン(時期)はいつなのか、船釣りのテンヤがおすすめなのか紹介していきました。

6〜9月の夏が瀬戸内海でもおすすめなシーズンとなっています。

また船釣りのテンヤに関してもシーズンにおすすめです。

是非、確認してみてくださいね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30代男性。 2児のパパとして釣り三昧の日々を送る。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、子供と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!