太刀魚おすすめルアー!タックルやアクションは?リーダーやケミホタルは必須?




太刀魚は強い引きで、釣りの中でも非常にエキサイティングな魚の一種です。

餌釣りでも良く釣ることができますが、ルアーの方が手返しが良いため、太刀魚に出会える確率が上がります。

シーバスのルアーを使っても良いですが、太刀魚専用のルアーも各社メーカーから発売されています。

その他に太刀魚にはどんなタックルが良いのでしょう?
また、夜釣りに使うケミホタルは必要?

それでは早速、参りましょう。

スポンサーリンク

太刀魚のおすすめルアー・アクション方法(船・堤防)

太刀魚におすすめのルアーは絞って、以下の三種類。

  • バイブレーションプラグ
  • メタルジグ
  • シンキングミノー

それぞれのおすすめルアーのアクション方法と一緒に紹介していきましょう。

バイブレーションプラグ

バイブレーションルアーの利点は釣り人の巻き方次第で、あらゆるレンジ(水深)を探ることができたり、泳ぎ方を変えたりできることです。
太刀魚が泳いでいるであろう水深を探るために必要なルアーです。
まずはサーチルアーとして使い、シャックってリアクションで無理やり口を使わすことができます。
詳しくはバイブレーションルアーの紹介記事にて解説しています。

メタルジグ

メタルジグは重量があり、形状も空気抵抗を受けにくいので、飛距離を出したい時におすすめ。沖で回遊している太刀魚を狙いたい時におすすめ。

シンキングミノー

ミノーは活性が高い時などに効果的です。
ボイル(跳ねている)時や、浅場を回遊している時に使うのがベター。

太刀魚おすすめジグ(ワインド釣法・エギング)

ワインド釣法とはジグヘッドにワームをつけて、エギングのようにしゃくる事は左右でダートさせる釣法。活性の低い太刀魚でも口を使わせることができます。

太刀魚釣りにケミホタルは必要?

太刀魚は夜になると浅場に入って来るため、堤防からでもルアーで狙うことができます。
夜の難点は視覚です。どこにルアーが泳いでいるのか、また魚からも視認できるためおすすめです。

スポンサーリンク

太刀魚おすすめタックル(ロッド・リール)

リール

リールはスピニングリールでダイワは2500番前後、シマノは3000番前後がおすすめ。

ロッド

こちらのような初心者セットもあります。
意外となんでもできる用のセットなので、専用の太刀魚ロッドを推奨します。
専用ロッドでも安価なものがあるので、紹介します。

太刀魚のラインセッティング

太刀魚のライン選びについてです。
おすすめはPEラインにフロロカーボンのショックリーダーの組み合わせ。
PEラインの太さは0.8号程度がおすすめ。

フロロカーボンのショックリーダーは16~30lbがおすすめ。

太刀魚はワイヤーリーダーは必要?

太刀魚は鋭い歯も持っています。細いラインだと噛み切らせる可能性があります。

太刀魚用のリーダーとして、ワイヤーリーダーがあります。
もちろん、強度は最強ですが、ルアーの泳ぎが悪くなるので、個人的にフロロカーボンの方が良いでしょう。ラインが切れてしまうことが多くなれば、フロロからワイヤーリーダーに変えてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は太刀魚のおすすルアーを紹介しました。
使い方もお分りいただけたでしょうか?

是非、ルアーで太刀魚を釣ってくださいね!

関連記事(太刀魚の釣り方について)

太刀魚の基本的な釣り方についての解説記事はこちら。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!