小豆島のバス釣りポイントはどこ?おすすめの野池やダムなど穴場を紹介!




小豆島ってブラックバス釣れるの?

中四国在住の方やバス釣りをこよなく愛している人なら一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

私もその一人で、友人と一緒にバス釣りに遠征したことがあります。

結果、小豆島は秘境で釣れすぎて困るお宝フィールドでした。

今回はそんな小豆島のバス釣りスポットを経験を踏まえ紹介します!
観光ついでにバス釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

それでは参りましょう!

スポンサーリンク

小豆島ってどこ?

近県でなければ、知らない人もいるかもしれません。
簡単に概要を説明します。

県名でいうと、香川県に属します。瀬戸内海の播磨灘にある島です。

他の香川県のバス釣りスポットについての詳しい解説記事はこちら。

有名な生産物としてはオリーブが有名。俳優の速水もこみちも自分のオリーブを小豆島に持っているとかいないとか。胡麻油や醤油なんかも有名です。

島国のため、基本的に釣りをするのであれば海釣り。
海でも瀬戸内海の様々な魚が釣れることで漁業も盛んなほど。

そんな中、あえてブラックバスは手薄とのこと。
わざわざフェリーに乗ってまで、バス釣りをする人は少ないとの噂です。

それでは、おすすめの小豆島バス釣りスポットを紹介します。

小豆島のおすすめダム

島内にはいくつもダムが存在します。
リザーバーのようなタイプではなく、大きなため池のようなタイプが多いです。

冒頭でも述べたように、
小豆島に生息しているブラックバスは手薄=プレッシャーがかかっていない=簡単に釣れる。

私自身が釣りをした際は、小型〜中型のバスが何匹釣れたかわからないくらい連発しました。しかも、どんなルアーでも。

ただ、40cmを超えるバスには出会えることはありませんでした。
しかし、ネットの釣果情報では、50cmを超えるビックバスも釣れています。

そのフィールドにあった釣りを展開できれば、ビックバスも夢ではないでしょう。

いくつかおすすめのダムを紹介します。

吉田ダム

殿川ダム

粟地ダム

こちらの3つのダムがおすすめ。

釣り方としては季節の釣りを展開していきましょう。
ボート釣りなどは危険なため禁止されている所もあります。

陸っぱりも高所など危険が伴う場所もあるので注意しましょう。

季節ごとのブラックバスの釣り方に関する詳しい記事はこちら。

スポンサーリンク

小豆島のおすすめ野池

ダムの他に野池も点在しています。

場所によっては釣り禁止の場所もあるため、確認をしましょう!

野池の釣り禁止の見分け方についての記事はこちら。

昭和池

大池

蛙子池

土庄町の野池群

 

どの野池も比較的大きめの規模な野池です。

土庄町の野池は昭和池近辺に点在しているが、釣りが難しい場所もあるので要注意。
釣りができるのかわからない場合は近隣で問い合わせてみましょう。

ブラックバスは確認できています。

こちらも同様、季節の釣りを展開しましょう。

季節ごとのブラックバスの釣り方に関する詳しい解説記事はこちら!

どの小豆島フィールドも本州のメジャーなフィールドに比べ、難易度は雲泥の差です。

本当に誰でも簡単にブラックバスを釣り上げることができるので、おすすめです。

小豆島へはフェリーで行こう

小豆島へはフェリーに乗って上陸しましょう!

  • 新岡山港
  • 姫路港
  • 宇野港
  • 高松港

これらの港より出航しています!

もちろん、釣り道具を車に積んだ状態で車ごとフェリーで運んでくれます。

ただし、ここで問題点があります!

フェリーは車を載せると高額

通常の人のみが搭乗する際は、近場の岡山から往復でも3000円かからない程度。

しかし、車を載せることで一気に価格が跳ね上がるんです!!

詳しくはこちらのフェリーサイトを参照してください。

中々、痛い出費ですよね。なので、車で行く際は割り勘で多い人数で行くと多少コスト抑えることができます。

それでも、小豆島は非常に魅力的なフィールドなので、是非一度は行って欲しいと思います。

私も2人で行ったので、大出費でしたが後悔はしておりません!

小豆島は渓流釣りもおすすめ(補足)

バス釣り同様、海釣りに霞んでしまい、手薄になっているのが渓流釣り。

川の上流部で足を川につけて、透き通った川や水の豊かな自然を感じながら釣りをすることを主に渓流釣りと言います。
まさに、小豆島の渓流釣りは秘境そのもの。

釣り方は上級者向けですが、ポイントは荒らされておらず、釣れます。

  • ヤマメ
  • イワナ

など、河川敷でBBQをしながらいただくなんて、レジャーを満喫するには最高です。

私も家族と一緒に是非行ってみたいと思います。

小豆島にはバスプロを訪れている!?(ダウザー俺達)

小豆島にはあの有名なジャッカルの俺達こと秦拓馬プロが釣りに来ていました。
しっかり、ビックバスを手にしています。

このダムに私も行きましたが、子バスしか釣れませんでした・・・。

是非、参考にしてみてくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は小豆島のバス釣りについて紹介しました。

バスフィッシングが流行り年月も経ち、各フィールドの魚たちもルアーで口を使わせるのも難しい時代です。

そんな中、簡単に釣れる小豆島のブラックバスを狙いたいと思いませんか?

一度、小豆島に上陸してみてください!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!