スイムベイトおすすめ人気ランキング!使い方・タックル・収納方法も紹介します!




昔からスイムベイトはルアーの種類として存在はしてました。

近年、各メーカーより多種多様のスイムベイトが発売されています。
素材の違いや針の位置、形状など、ちょっとした変化で全く用途が異なり、個性が強いルアーになります。

故に、こだわればこだわる程、奥が深いルアージャンル。
ブラックバスだけでなく、シーバスでもおすすめのルアージャンル。

今回はおすすめスイムベイトをランキング形式で紹介します。

また、それぞれの出しどころや使い方も解説。

巻くだけのワームだと思っていませんか?

それでは早速参りましょう。

スポンサーリンク

スイムベイトとは?

スイムベイトってなに?っていう人のために、まずはどんなルアーなのか紹介します。

基本的にはソフト素材でできた魚の形をしており、テール(尻尾)にブーツのような水を掻き回すパーツのついたルアーのこと。

シャッドテールワームもスイムベイトに分類されることがあります。

  • シャッドテールワームは、通常のワームのように、針を刺して使うもの。
  • その他のスイムベイトは素材がワームより固めで、ボディーにワイヤーが入っており、購入した時点で針がワイヤーに装着してあるもの。

総称してスイムベイト=泳いでいる魚と呼ばれています。
また、アメリカやスイムベイトの種類によっては、ビックベイトに分類されることもあります。

➡︎➡︎詳しいビックベイトに関する解説・おすすめ記事はこちら。

スイムベイトのメリット

スイムベイトにはどんなメリット・強みがあるんでしょうか?

  • 素材の柔らかさ。
  • 一定の波動(アピール)を出し続けられる。
  • 巻くだけでアクションを出せる。
  • 重りを入れたり、チューニングすることができる。

素材の柔らかさから、通常の硬いルアーに比べて、違和感を魚に与えにくいとされています。
また、テールが綺麗に一定の波動を出し続けることで、不自然な動きになりにくいです。
ロッドを小刻みに動かしたり、さばいてみる必要もありません。

スイムベイトのデメリット

スイムベイトの種類によって、デメリットは異なります。

  • 針がむき出しで、根掛かりしやすい。
  • ボックスに入れていると、クセがついて泳がなくなる。
  • 止めてしまうと、一気にアピール力を失う。

などなど。もちろんデメリットを解消しているタイプのスイムベイトもあります。
状況や用途によって使い分ければ、むしろデメリットがメリットになることもあります。

お待たせしました。ランキングで紹介していきます。

おすすめソフトスイムベイトランキング

ビックベイトは含まないので、ソフトスイムベイトに絞って紹介します。

1位 ジャッカル ダンクル

ダンクルの良さはバランス。低速〜高速リトリーブまで、幅広く対応しているため、初めてスイムベイトを使う人は使いやすく、ある程度使い込んでいる人でも十分なスペック。
また、チューニングも多彩にできるので、自分オリジナルのダンクルを作ることも可能です。

2位 フィッシュアロー ビビッドクルーズ

こちらもトータルバランスに優れたスイムベイト。初心者におすすめ。
巻きスピードもビビットクルーズが上手く合わせてくれます。
よって、初心者はまずこちらをおすすめ。

3位 OSP ドライブシャッド

針を指すタイプのスイムベイトワーム。スイムベイトは止めてしまうとアピール力を失うデメリットを解消してくれる優れものスイムベイト。
詳しいドライブシャッドの徹底解説は別記事で紹介しています。

4位 ゲーリーヤマモト ハートテール

ドライブシャッドと同様、ワーム素材のスイムベイト。
テールの動きに合わせて、しっかりボディーがロールしてくれるため、より生き物を演出してくれるスイムベイト。水面を跳ねさせて低弾道のキャストを可能にするスキッピングもやりやすいので、狙いたい場所へよりタイトに送り込むことができます。

5位 シグナル デビルスイマー

スレたバスに効果的なスイムベイト。デビルスイマーには三種類モデルがあり、

  • デビルスイマー(ノーマル)
  • デビルスイマー7
  • デビルスイマー デッドスロー

少し濁りがキツかったり、強く誘いたい場合は大きめの7。
魚の動きが鈍い、魚の居場所が絞れている時は、デッドスロー。

ノーマルタイプで探って、使い分けるのをおすすめします。
魚はいるけど、スレている時におすすめのスイムベイト。

6位 10FEET UNDER バブゥ

通常のバブゥは希少なので、手に入りにくいですが、このヘッドボムは比較的手に入りやすいです。若干、巻きスピードに縛りがあり、速く巻きすぎると、泳ぎが悪くなります。
しかし、きっちり泳がせてやると、アピール力は抜群。春先の動き始めたデカバスを釣るためには、非常におすすめ。

7位 イマカツ ステルススイマー

名前の通り、「ステルス=隠れる」が最大のメリットのスイムベイト。
フックを完全にボディー内部に隠れており、根掛かりのリスクを極限まで減らすことができます。いざ魚がバイトすると、針が出るように作られているので、フッキングも問題ありません。根掛かりだけでなく、不自然な針がむき出しになっていないことで、違和感を与えません。

8位 メガバス ダークスリーパー

ハゼ型の小型スイムベイト。主にボトム(底)をじっくり誘い出すスイムベイト。小型故、食い気が低い冬場のボトムに沈んでいる魚に効果的。
小型であるが、重量があるため遠投も可能。ヒレ部分で針が見えないため、違和感を与えません。更に、着底した時も横倒れせずに、まるで止まっているハゼそのままを再現できます。

9位 デプス ラドラビット

デプスのスイムベイト。一見、普通のスイムベイトだが、細部にこだわり作られている。
細長い形状でデットスロー(かなりゆっくり)巻ける仕様になっています。
更に、フック部分にワイヤーガードも装着されており、根掛かりを防げ、フッキングの妨げにもなりません。

10位 フラッシュユニオン ユニオンスイマー

フローティングスイムベイトとして開発され、画期的なスイムベイト。
自分が探りたい水深を重りを搭載することで、自由自在に操れます。
浮いているメリットとして、ジャークすることで逃げるようなアクションも起こせるため、食い渋った魚にもアピールできます。

以上がおすすめスイムベイトランキングです。
多種多様でそれぞれに個性があるので、状況にあった使い方や自分にあったスイムベイトを選んでみましょう!

スポンサーリンク

シーバス用のおすすめスイムベイト

次に、シーバス用のおすすめスイムベイトを紹介します。
シーバスにもスイムベイトは非常に有効です。

警戒心の強いシーバスにはスイムベイトは非常に有効なルアーになります。
是非、使ってみてください。

スイムベイトのおすすめタックル(ロッド・リール)

スイムベイトに求められるタックルは何に注目れば良いのでしょうか?
もちろん、硬さやリールのギア比はルアーのウエイトに合わせて選んでみてください。

基本的には小型であれば巻物を使用する竿で問題ないでしょう。
大型であればビックベイト用のタックルをおすすめします。

➡︎➡︎巻物のタックルに関する詳しい記事はこちら。
➡︎➡︎詳しいビックベイトのタックルに関する記事はこちら。

リールについては、ゆっくり巻く(デッドスロー)を売りにしたモデルであれば、ローギアのモデルがおすすめ。
また、ロッドはスイムベイトに特化したモデルも発売されています。
いくつか、おすすめを紹介しておきます。

SB=スイムベイトの略称です。
こだわりたい方は是非、お試しください。

スイムベイトにおすすめのラインは?PEラインは?

スイムベイトにおすすめのラインは基本的にはフロロカーボンラインをおすすめします。
しかし、場合によってはフロロの場合、沈んでしまう特性があるため、スイムベイトが沈み込んでしまうことがあります。泳ぎに違和感を感じた時は、ナイロンラインに変えてみるのも良いでしょう。

➡︎➡︎おすすめのライン・詳しいラインに関する解説記事はこちら。

PEラインの場合、浮力が非常に高いのであまりおすすめしません。
しかし、水面を泳がせたいケースの場合はPEの方がフッキングパワーはあるので、良いケースもあります。

スイムベイトの重さの選び方(軽いスイムベイトの使い時)

スイムベイトは重さによって、アクションの振り幅が異なります。

重い方がより強くアクションして操作感があり、魚を強く引きつけてくれます。

魚がチェイスしてくるが口を使うまで至らない場合、サイズや重さを軽くすることで、バイトに持ち込めることがあります。
もし、逆に重くしたい場合はシンカーを埋め込むこともできます。

埋め込み際の注意点としては、泳ぎが悪くならないように注意しましょう。
泳ぎが悪くなると、釣れなくなります。

適材適所、魚のコンディションを見極めて選んでいきましょう。

重量で大きいのが釣れる訳ではありません。

スイムベイトのおすすめの季節・使い時は?

スイムベイトは種類によって、強い季節は異なりますが、基本的にはオールシーズン使っていけるルアーです。

その中でも最もおすすめなのは、

  • 春先(3月〜5月頃)
  • 秋(9月〜11月頃)

が最もおすすめ。

あとは季節に応じた使い方を展開すれば、強い武器になります。

詳しい季節ごとの釣り方に関する記事はこちら。

使い時・出し時としては、
比較的、魚の活性が高めの時に効率よく誘い出せ、食い気のある魚に違和感を与えず、探っていくイメージで問題ないでしょう。

スイムベイトのフック・アシストフックは必要?

スイムベイトのアシストフックは場合によって必要になります。

  • ボトムを巻いてきたい場合
  • 食いが浅い場合

が主だと思います。

ボトムの場合、拾い食いをする形になりがちなので、食い方が独特になり、食いミスするケースがあります。
確実に拾っていくためには、必要になります。

また、食いが浅い場合はテールのみをくわえて、針まで口に入らないことがあります。
個人的には、食いが浅い場合はサイズダウンさせるか、別のルアーにチェンジすることをおすすめします。

スイムベイトの釣れる使い方

スイムベイトで最も肝となるのは巻き方です。

ただ単に巻いているだけでは、スイムベイトの良さを引き出すことはできません。
もちろん、スイムベイトの種類やタックルセッティング、ラインなど様々な要素で使い方は異なります。

共通して守って欲しい巻き方は、

ラインを引っ張りすぎないことです。

ラインを張りすぎてしまうと、ほとんどのスイムベイトが綺麗に泳ぎにくくなります。

水面をバシャバシャ音を立てて泳がせるバジングはある程度テンションをかける必要がありますが、それ以外は引っ張りすぎることはNGです。

水面に出ているラインが多少弧を描く程度に、弛んでいるくらいがベターです。

おすすめルアーで紹介した動画を参考にしてみてください。

スイムベイトの収納方法・保管方法(専用ケース)

何種類かのスイムベイトを揃えると、一度は経験したことはあるのではないでしょうか?

BOXに収納していると、蓋や他のルアーによって圧力がかかってしまい、変形しちゃった・・・。

変形したスイムベイトは泳ぎが確実に悪化してしまいます。

スイムベイトは別で収納することをおすすめします。
私自身もしている収納方法が動画で紹介されていたので、貼っておきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はおすすめスイムベイトと豆知識やテクニックを紹介しました。

スイムベイトがハマるときはビックな魚が連発するときもあります。
是非、色んなスイムベイトを試してみて、状況に合わせて使い分けましょう!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!