スコーンリグ・スイミングジグって何??おすすめロッド・タックル・トレーラー紹介します!!

スコーンリグという仕掛けを聞いたことがありますか??

スコーンリグとは、
フットボール型ラバージグのトレーラー(ワーム)に5〜6インチのシャッド系ワームを組み合わせた物を言います。

またの名をスイミングジグとも言います。

スコーンリグの「スコーン」はアタリがスコーン!と来るからだそうです。

オールシーズン使えるリグですが、
春・冬などの低水温期に強くなるリグです。
マザーレイク琵琶湖でも釣果を叩き出しています。

もちろん、野池や河川でも十分使えるリグです。

今回は

  • スコーンリグの使い方
  • スコーンリグにおすすめなジグ
  • スコーンリグのおすすめトレーラー
  • ロッド(タックル)

を紹介します。
それでは、早速参りましょう。


スコーンリグの使い方・作り方

まずは、スコーンリグの使い方です。

先ほど紹介しましたが、トレーラーにシャッドテールを使用することが基本になります。

よって、ある程度動いている状態で、シャッドテールのテールを動かして、アピールする必要があります。

基本的な使い方は2通りあります。

  • 巻いて使う
  • ボトム(底)を跳ねさせる

以上になります。

一定のスピードで巻き続けるか、アピールできるポイントでリフト&フォールさせたり、底を跳ねさせたりして使います。

意外と自由自在に操ることができるリグなんです。

巻いても止めても使えるので、オールシーズン使うことができるでしょう。

スコーンリグとは?(スコーンリグやラバージグの違い)

ラバージグは濃いゴチャゴチャしたストラクチャー(障害物)に打って落とし込むのが基本的な使い方。
ボトムに落として、跳ねさせたり、ズル引いてみたりさせるルアーです。

スコーンリグは基本的には巻いて使うルアーです。
ラバージグ程、濃いストラクチャーへ打ち込んで行くことはできません。

  • ラバージグ=打ち物
  • スコーンリグ=巻物

と考えてもらって間違いはないでしょう。

ラバージグに関する詳しい解説記事はこちら。

スモールラバージグに関する詳しい解説記事はこちら。

打ちものって何?おすすめのタックルも紹介している記事はこちら。

スコーンリグのメリット

シャッドテールだけと何が違うの?と思われがちですが、
スコーンリグにすることにより、メリットが生まれます。

  • ラバージグのヘッド形状にて、レンジキープ力が上がる。
  • スカートがルアー自体のボリュームを上げてくれる。
  • 根掛りを回避できる

が、主なメリットです。

これらのメリットを頭に入れておきましょう。

また、ワームを固定するために基本的に太軸のロングシャフトの針が付いています。
よって、通常のワーム針よりもフッキング率も上がっているメリットもあります。

チャターベイトとの使い分け

 

ラバージグやスコーンリグと似ている、チャターベイト。

チャターベイトの解説や使い方おすすめについてはこちら。

チャターベイトはブレードによって激しくボディーが振動するため、
水質が濁っているときにパワーを発揮します。

また、スピードトリックで仕掛けたりもできます。
比較的、強めなルアーなのがチャターベイトです。

打って変わって、スコーンリグは
チャターベイトよりは微波動=ナチュラルなルアーになります。

渋い状況においてはスコーンリグの方に軍配が上がります。
フィールドやバスの状況に合わせて使い分けるようにしましょう。

 


スコーンリグの重さ

 

より、スイミング力を上げて使いたい場合は、できるだけ、ヘッド形状が小さいものがおすすめ。

形状が小さい方がより、シャッドテールの動きに連動して良い動きを生み出してくれるからです。

あまり重すぎるものはおすすめしません。

ですが、フィールドによって選ぶ必要はあります。

基本的な野池や河川(2〜3m前後)のような水深を巻いてくる場合、は、3/8oz以下のものはおすすめします。

琵琶湖のようなビックフィールド(水深4m以上)では、1/2oz~1ozでも良いですが、通常の野池や河川の場合、軽めをおすすめします。

軽いスコーンリグでも、ワームとジグの組み合わせなので、20g前後は重量もあるので、遠投もできます。

次に紹介するおすすめは軽めのものになりますので、参考にしてみてください。

それでは、おすすめのスコーンリグに使えるジグを紹介しましょう。

スコーンリグにおすすめなジグ

ザップ PDチョッパー

ダウザー俺達こと秦拓馬プロ監修のスコーンリグ特化のジグ。
着底時の立ち姿勢が最大の特徴。
また、巻いた時の水流にも考慮しているため、シャッドテールの良さを生かしてくれます。

ジャクソン バレッジスイマー

ヘッド形状がワームの動きに合わせしっかり動いてアピールしてくれます。最大の利点は、ブラシガードが付いているため、ゴチャゴチャした場所でも、通してくることができます。
ウィードの中へ打ち込むことも可能。

ギークス マツラバスイミング

先ほど紹介した、バレッジスイマーと同様な仕様。こちらの方がしっかり、底でも泳いでくれるので、水深がある場所では、こちらがおすすめ。

ハイドアップ スライドスコーンジグ

ヘッド形状がコンパクトなため、ウィードレス性能に優れています。また、シャッドテールの動きを最大限に生かしてくれる構造になっています。

スコーンリグのおすすめトレーラー

ケイテック スイングインパクトファット

スコーンリグのトレーラーで最もおすすめは、こちら。テールの動く力が非常に強く、ジグも一緒に動かしてくれるので、スコーンリグ全体でアピールし誘い出せます。

ゲーリーヤマモト ハートテール

ゲーリーの代表的シャッドテール。単体でも十分使えますが、スコーンリグにセットすると更に攻めることができ、アピール力も上がります。

サワムラ ワンナップシャッド

泳ぐ力が強くはないが、テールのアピール力が非常に良い。
スレたバスなどの有効になります。上記の2タイプで釣れない時に使いましょう。

レイドジャパン フルスイング

力強くグネグネと泳いでくれ流ので、ジグも一緒にスイングしてくれるパワータイプ。
ゆっくり引いても、しっかり泳いでくれるので、動けないバスにも有効的です。

レイドジャパン・フルスイングについての解説記事はこちら。

 

おすすめタックル(リール・ロッド・ライン)

スコーンリグのおすすめロッド・リール・ラインを紹介します。

巻物ロッドの使用を推奨しますが、ジグの重さによってロッドは合わせましょう。

➡︎巻物ロッドに関する記事はこちら。

➡︎ロッド表記に関する記事はこちら。

ラインについては、12〜16lbのフロロカーボンラインがおすすめ。
以下の記事にておすすめフロロカーボンラインを紹介しています。
➡︎バス釣りラインに関する記事はこちら。

 

スコーンリグにグラスロッドは?

 

グラスロッドについては、巻物ロッドに関する記事で解説しています。

スコーンリグは基本的に太軸のフックを貫通させる必要があるので、
グラスのように粘りがありすぎると、フッキングミスしてしまう可能性が高いです。

カーボンロッドで、しっかりフッキングできるパワーのあるものを
選択するようにしましょう!バイブレーションなどを使うタックルがおすすめです。

バイブレーションルアーに関する詳しい解説記事はこちら。

 

スコーンリグは野池の秋・冬に熱い

 

スコーンリグの特徴はウィードレス性能に優れているものが多いことです。

  • ウィードマット(藻の中)
  • ストラクチャーのそば

比較的タイトに攻めることができます。
タイトに攻めるのであれば、スピナーベイトでも良いかもしれません。

しかし、スコーンリグは深場のストラクチャーをタイトに攻めることができます。

ディープレンジを巻いてくるルアーはバイブレーションが基本ですが、どうしても根掛りが多いのが辛いですよね。
攻め切ることができません。

しかし、このスコーンリグなら根掛りを恐れずに探って行くことができます。

よって、冬場にディープのストラクチャーに潜んでいるバス達を釣ることができます。

秋にもおすすめ

 

秋は広範囲に魚が散ってしまうため、遠投して広く探ることができます。

また、秋であれば、水中の水生植物も残っているめ、
魚が寄り添っていることが多いです。

その植物をよりタイトに攻め込むことができるので、
おすすめです。

広範囲でも、ピンスポットでもどちらでも使えるので、
秋は必須ルアーの一つです。

スコーンリグは琵琶湖で強い

冒頭でも説明したように、琵琶湖ではスコーンリグが圧倒的な釣果を叩き出しています。

特に琵琶湖南湖において、釣れています。

大遠投して、深場だけでなく、表層・中層も釣り人の巻き方次第で調整できます。

サーチルアーとして、是非使ってみてください。
琵琶湖のバスはビックベイトでもよく釣果が上がっています。

スコーンリグのスカートがボリューム感を出してくれるので良いのだと思います。

スコーンリグはシーバスで使える?

 

スコーンリグはシーバスでも使うことができます。
実際に私自身もスコーンリグでシーバスを釣り上げたことがあります。

ただ海水域でする場合は針サビに注意するようにしましょう!

基本的に使い方は同じように使ってもらって問題はないです。

ミニスコーンリグ・ミニスイミングジグもおすすめ

ミニスコーンリグとは、スモラバのを使用したスコーンリグです。

スモラバの解説やおすすめ・釣れる使い方についてはこちら。

使い方はスコーンリグと同様です。

スモラバにトレーラーをつけるのは必須ですが、
形状はシャッドテールタイプ出なくても使えます。

ゆっくりただ巻きしてあげると、ピリピリと微振動してくれます。
子バスでも、場合によっては大型も狙えます。

ただ、比重が軽いため、操作感がないため、
多少、腕を要するのがデメリットです。

キャストをしっかり決めたいのであれば、
ベイトフィネスタックルを推奨します。

ベイトフィネスタックルのおすすめや利点などについてはこちら。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はスコーンリグについて解説しました。

冬のメタルバイブに匹敵するほど、重要な仕掛けです。
是非、覚えて、厳しい時期に備えてください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!