リールやロッドの捨て方は?釣り具の廃棄方法や得する処分方法についても

あなたの持っている釣り道具の中にも、
買ったけど使わなったり、数回使って眠っているものがあるのではないでしょうか?

放置していると、リールやロッドなんかは錆びてしまったりして、
もう使えないなんてことも過去にあり、勿体無いことをしました。

買取に持っていくこともできますが、
面倒って人におすすめの得する処分方法があります。

今回はそんなリールやロッドの捨て方やおすすめの処分方法について紹介していきます。

それでは早速参りましょう!

 


リールやロッドの捨て方(分別)

 

釣り道具でルアーや細かいものあれば、
基本的に燃えるゴミと不燃ゴミで分別してもらえれば問題ありません。

問題となってくるのが、リールやロッドです。

リールに関しては、細かいパーツがあったり、
電子部品が入っているものもあります。

ロッドであれば、長さがあるので、
そもそも捨てるのも面倒。

「まぁ、とりあえず取っておくかー。」

となってしまい、結局捨てられないままになりがちです。

では、具体的にどうやって捨て流のが良いのでしょうか?

 

リールの処分・廃棄方法

詳しい捨て方については、
市区町村ごとに変わってくると思います。

横須賀市のホームページでは以下のように
記述されていました。

リールは「不燃ごみ」に出してください。

【注意点など】
※電動リール(充電式)は、「粗大ごみ(有料)」に出してください。
※電動リール(電池式)は、「不燃ごみ」に出してください。
※電池やバッテリー(充電式電池)ははずしてください。
※はずした電池は、市内の電気店、スーパーなどの協力店等に置いてある「回収箱」に入れてください。
※リサイクル推進のため、バッテリーは買ったお店へお持ちいただくか、電器店などに置いてある「充電式電池リサイクルBOX」に入れてください。
※「不燃ごみ」は、無色透明な袋に入れて出してください。

引用元:横須賀市ホームページ

 

基本的には不燃ゴミで問題はないみたいですが、
充電式の電動リールの場合は粗大ゴミになってしまいます。

要するに処分するのにもお金が発生することになってしまいます。

また、最近のリールは技術の進歩によって、
デジタルコントロールするものもあり、そこまで具体的に表記されていません。

 

ロッド(竿)の処分方法

続いてロッドの処分方法についてです。

ロッドと言っても、ガイド(糸を通す輪っか)やリールシート(リールをはめ込みところ)
が金属でできているものがほとんでなので、それらを取り外し、

  • ロッド本体は燃えるゴミ
  • 金属類のパーツは不燃ゴミ

分別して捨てるようになります。

折りたためないロッドの場合は
そのままだとほとんどが長さの規定を超えてしまうので有料の粗大ごみになってしまいます。

粗大ごみにしないためには、
自ら竿を折って短くする必要があります。

ただ、もともと折れにくいように弾力を持たせた
ものがほとんどなので、自分でしようとすると危険が伴います。

どの手段でもお金を払わなければ、
非常に手間を要してしまうので面倒だと思うのが普通です。

なので、ロッドやリールを処分したいのであれば、
どのような方法が良いのでしょうか?

 

釣具店に引き取ってもらう

実は釣具店に持ち込むと、引き取ってもらえることがあります。

例えば、新しいリールやロッドを購入と同時に
今まで使っていたものや古いものを引き取ってくれることもあります。

もちろん、引き取り料金は発生しないことが多いです。

ただ、店舗によって嫌がられることもあるので、
あまりおすすめはしません。

店舗側もゴミとなるようなものは
正直必要としないからです。

あまり気にしない人は聞いてみるのも良いのでしょう。


買取してもらう

一番おすすめな処分方法は買取をしてもらうことです。

全国津々浦々、リサイクルショップや釣り具買取専門店があります。

多少、故障していても買い取ってくれることがあります。
何より、基本的に無料査定なので、お金が発生しません。

全然使っていないものが、少しでもお金になるだけでも
ラッキーだと思いませんか?

デメリットがあるとすれば、
わざわざお店まで持ち込まないといけません。

せっかく買取してもらったのに、
交通費やガソリン代がかかってしまうのでは赤字になってしまうリスクもあります。

そんな手間やコストを抑えてくれる
釣り具専門の買取店があります。

 

家にいて買取してもらえる



リサイクルネットでは、自宅で買取をしてもらえます。

出張買取とは違い、「宅配買取」という新しいサービスを提供しています。

出張買取も自宅で買取をしてもらえますが、
家に人を招き入れたり直接やり取りをする必要があるため億劫に感じる人もいると思います。

宅配買取には2種類あり、

  • 直送申込
  • 梱包キット申込

の2種類です。

もちろん、全国に対応しています。

直送申込

直送申込については、自宅のダンボールに梱包して
集荷をしてもらう方法です。

宅配をする集荷サービスと同じような手法です。

梱包キット申込

梱包キット申込については、必要なダンボールの数を伝え、
届いたダンボールに買取してもらいたい商品を詰めるものになります。

それから、集荷業者に伝票を記載し、
あとは査定を待つだけです。

ネットで申し込んで、
あとは自分でダンボールに詰め込むだけの家でできる超簡単な買取になります。

是非、試しにやってみてはいかがでしょうか?
自宅にいるだけでっしょ分位も困らず、買取をすることができます。

↓↓リサイクルネットの詳しい内容はこちら↓↓



まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はリールやロッドの処分方法について紹介しました。

普通に捨てるよりも、買取してもらうことをおすすめします。
すでに、買取を利用している人はたくさんいると思います。

今回紹介したリサイクルネットの「宅配買取」は
まだ新しいサービスなので、これから主流になるのではないでしょうか?

一度、試してみてはどうでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!