大潮の釣り教えます!!ブラックバスも関係ある?潮の知識、釣りをする上での知識教えます!




大潮の時って釣れるの?
潮の満ち引きって、釣りにおいて、絶対不可欠ですよね。

また、満月や月の月周期も関係あるんです。

大潮・中潮などなど、○潮とつく言葉を釣りをしている人なら、必ず一度は目にしたり、聞いたことがあるのではないでしょうか?
子供が生まれる時は、大潮の時が多い。
命が絶える時は、干潮の時が多い。

人間にも深く関わっていると言われています。

魚の場合は最も活性が高くなることは知られていますよね。

ですが、四六時中釣れる訳ではありません。
ある釣りには最適だと言われています。

また、大潮はバス(ブラックバス)の場合も関係があると言われています。

そんな大潮の釣りについて解説していきましょう。

スポンサーリンク

磯釣りは大潮が熱い

磯釣りの場合は大潮が最も釣れやすくなると言われています。

大潮では、他の釣りに置いても、活性は上がるので釣れやすくなるのですが、磯釣りの場合は欠かせない条件があります。

大潮の場合、その条件を満たしているのです。

大潮が良い理由は?(大潮の釣り方・磯釣り)

磯釣りの場合、流れがないと活性が圧倒的に下がると言われています。

よって、磯釣りでは流れがしっかりないと魚を釣ることはできません。

その他の釣り方では、大潮ではなく、小潮や若潮などの潮回りの方が釣れることがあります。

詳しくは、潮回りのまとめ記事をご覧ください。

大潮の場合、満干潮の差が大きいため、
潮の行き来が大きくなります。その分、潮も大きく動くため、流れが速くなるのです。

それでは、詳しく潮汐などについて解説していきます。

潮汐(潮の満ち引き)

潮汐=ちょうせき

と読みます。潮の満ち引きを意味します。
これらは、地球の引力によって引き寄せられた海面が月の引力や太陽の引力によって引き起こされることによって起こります。潮の動きが大きいと魚の餌になる様々な生物や有機物の流動も大きくなることなどから、活性が上がり釣果にも大きく影響します。
船釣りの場合は潮周りに関係なく釣れる魚種が多いのですが、
磯、防波堤などの陸からの釣りでは潮汐を考えずには釣りにならないほど重要なことなので、頭に叩き込んでおきましょう。

干潮・満潮

海や琵琶湖のような大規模な湖では、一日に数回潮の満ち引きがあり、基本的には、干潮・満潮を2回ずつ繰り返されます。(不規則な場合もある)
満潮と干潮の差が大きい時には、1m以上になることがあります。
沖の方まで、潮が引いてしまうこともあります。
釣る上で、重要にしないといけないのは、上げ下げの時間帯。その中でも、上げ止まり、下げ止まりという、干満時間の付近は潮の動きが止まり、釣れにくくなってしまうことを覚えておきましょう。


もし、陸から魚を釣る場合は、満潮の方が浅瀬まで、魚が入って来ることが可能となるため、おすすめ。
干潮の場合は、普段は見れない、水底の様子などを観察する機会にするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

大潮・小潮(潮周期)

潮の周期はいくつか存在します。それぞれ、簡単に解説していきます。

  • 大潮
    潮の干満差がもっとも大きい状態で、新月または満月の前後数日間起きる。
  • 中潮
    大潮と小潮の間。
  • 小潮
    大潮の逆で、干満差が小さい状態。上弦の月や下弦の月の前後数日間起きる。
  • 長潮
    小潮を1〜2日過ぎた頃、潮の干満差が更に小さくなり、小潮末期の状態。満潮・干潮の変化が穏やかで、長く続くように見えることから、長潮と呼びます。
  • 若潮
    小潮末期の長潮を境に、潮の干満差が次第に大きなっていく状態。潮が再び大きくなる状態を「潮が若返る」といい、長潮の翌日を若潮と呼ぶ。

この中でも、もっとも釣果が期待できるのは圧倒的に、

大潮

その理由としては、
干満差が大きいことにより、より大きく潮が動くことで、海中の酸素濃度が上昇し、プランクトンや魚の動きが活発になるためです。

大潮の後の中潮なども良いとされているが、小潮は潮の動きが小さく、合間にある長潮・若潮は潮がほとんど動かないこともあります。

しかし、正確に潮の動きを判断するには、「潮位」の高低差をみる必要があります。
また、船釣りの場合、潮の流れが速いポイントでは釣りにくい場合もあるため、小潮の釣りやすい場合が良いなど、状況によって潮を読んでいく必要があります。

月周期(補足)

夜釣りをする上では、こちらも大事になってきます。
もちろん、潮とも関係しています。

集魚灯を使って魚を寄せるイカ釣りや電気釣りの場合、満月に近くの明るい月周りだと空が明るすぎて、集魚灯の効果が弱くなることがあります。岸から釣る場合は集魚灯周りの釣りに同様の差が出ることがあるので、月の大きさには注意しましょう。

ブラックバスも大潮が関係する!?

海で釣りする際は、潮の状態により、釣果は全く別物になることはわかっていただけたと思います。

ブラックバスの場合、スポーニング(産卵)の季節であると、
人間でも子供が生まれるように、

ブラックバスでも産卵が進んだり、食いが良くなったり、変化が少なからずあるようです。

その他にも、タイダルリバー(干満のある川)の場合は潮の状態によって、魚の活性が変化したり、付き場が変わったり、大いに影響を及ぼします。

アジ釣り

大潮の時、海釣りで最も熱くなるのは、アジです。

アジは潮の流れが強い時に口を使うと言われています。
よって、大潮の場合、基本的には流れが強いので、常時、アジを狙うことができるのです。

また、大潮の場合、釣り人も多いので、撒き餌が流れの速さで流されて、食いも上がるので、チャンスになります。

是非、狙ってみてください。

メバル釣り

味も良くて、ファイトも楽しめる良魚。

メバルもアジ同様に、大潮によく釣れると言われています。

水中のプランクトンが増殖し、メバルの食い気が立つからではないかと言われています。

シーバス釣り

シーバスも大潮では活性が高くなり、釣れやすくなります。

ただ、流れが強いため、若干釣りがしにくいことがあります。

イカ釣り

大潮の時にイカを釣る際は、流れが速い事など、場合によっては全然釣れないことがあります。

おすすめに潮回りはこちら。

しかし、大潮の場合でも熱い場合が存在します。

普段は水深がない場所ではイカは釣れにくいのですが、大潮の満潮時に水深が上がり、アオリイカなどを釣る上では絶好のポイントになります。

大潮の釣れる時間帯・釣りにくい時間帯

大潮で魚の活性が上がると言っても、常時ではありません。

基本的に潮が止まっているときは食いが落ちることが多いです。

よって、上げ止め・下げ止めの時間帯は避けましょう。
しかし、流れている最中は流れが強いため、釣りがしにくいと言われています。

よって、最も狙うべき時間帯は

上げ始め・下げ始め

上げ止めの時間・下げ止めの時間から待機して、潮が動き出すタイミングを狙って行きましょう。

大潮の潮の流れは船釣りでは不利?

船釣りに関しての潮の動きについて、大潮はあまり好まれません。

一般的には中・小潮周りが好まれます。
理由としては何度も書いている通り、
大潮周りは潮の動きが大きすぎて、潮が速すぎる場合があるためです。

イカリ下ろして掛釣りする場合や、流しながら船の流れを一定に保つ場合、
落とし込み釣りや胴付き釣りにおいて、鉛を大きいものに変えざる得ません。
狙った仕掛けで最大限に釣りができにくくなるからです。

よって、潮の動きの小さい湾内なら別ですが、一般的には外海においては、大潮周りは好まれないんですね。

まとめ

以上、「潮」についての解説をしました。

釣りをする上で、知識としては大前提ですよね。
むしろ、これらの内容を覚えていれば、自ずと釣果にも直結するのではないでしょうか?

海の場合は磯釣りをおすすめします。

ブラックバスの場合は春であれば、狙い時かもしれません。

釣具屋にいけば、潮見表をもらえることができます。
昨今ではスマホで、「潮見表」で検索すれば、その時の潮汐について、すぐに確認することができますよね。

是非、今回の記事と照らし合わせて、活用してみてくださいね!

大潮・中潮・若潮・長潮・小潮について

➡︎潮回りについてのまとめ記事はこちら。

大潮の釣りカレンダー

今日はどんな潮回りか調べるのには、
こちらのサイトで確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!