お盆の魚釣り禁止は迷信でしてはいけない?お彼岸と殺生についても

日本は、いろいろと決まり事が多く、それを「迷信」と呼ぶこともあります。

夜に口笛を吹いてはいけない。

リサイクルショップなどで鏡台など「鏡」を買ってはいけない。

日本人はとにかく、縁起物やら迷信にうるさい部分があります。

しかし、それらにはちゃんと古い教えがあるのをご存知でしょうか?

「たかが迷信」

なんていう方もいますが、案外馬鹿にできないものもあります。

ちなみに、夜に口笛を吹いてはいけないのは、蛇が来るからだと言われていて。

どんなに良い物でも古い鏡を買ってはいけない、譲り受けてはいけないのは、他人が使った鏡には良くないものが棲みついているから、だそうです。

では、「お盆で釣りをしてはいけない」というのは、どういう意味なんでしょうか?

何か理由があったり、何か由来があるのでしょうか?


お盆の魚釣りは、禁止でしてはいけない? 海も池も?

迷信ではなく、これは霊的なお話になりますが、調べてみると、お盆では水辺にあまり近づかない方が良いそうです。

お盆の川や海では、霊などが集まってきて引かれてしまうからだそうです。

聞けば、釣り人の間では、お盆ではどんなに大好きでも釣りは避けるそうです。

具体的な期間としては、8月13日から16日の間。

そもそもこの時期は、死者が家に帰ってくるという風習が日本各地にあります。

だからこの時期は、川や海は水難事故を連想させてしまうのです。

それから特に注意が必要なのは8月16日で、なんでも地獄の釜が開くという言い伝えもあります。

それに、昔からの習わしでは、お盆の時期は「不殺生戒」と呼ばれる期間であり、生きたものを殺してはいけない、という仏教の教えがあるそうです。

それに加えて、先祖があの世から帰ってくる時に生きたものに乗って帰ってくるので、生きたものを殺さないように、という教えもあるそうです。

俄かには信じられませんが、きちんと理由がある以上、守った方が良いと思います。

何より、例え、

「仏教なんてインドの教えじゃん」

と思ったとしても、日本には日本の考え方があり、それ相応の禁忌と理由も存在するのです。

日本人はよく、縁起を担ぐとは言いますが、そういう部分でも信仰は生きているのです。

お盆の時期の釣りはやめた方がいいと言えますね。

お彼岸と殺生について

では、お彼岸は?

お彼岸ってそもそも何なのかについて復習してみましょう。

お彼岸も調べてみると、「川の向こう(三途の川)」を連想させるので、釣りはやめておきましょう。

またお彼岸にもやってはいけないことがあります。

  • お見舞い
  • 引っ越し
  • 結婚式

などなど。

お見舞いがいけない理由は、人にもよりますが、特に高齢者が「死ぬこと」を連想してしまうそうです。

つまりは「縁起が悪い」ので、避けた方がいいのです。

引っ越しがいけない理由は、事故に遭ったら、という心配から来るそうです。引っ越しの途中で車事故を起こしても、これも縁起が悪いからだそうです。

何よりも、引っ越しする暇があったら先祖を思え、という意味もあるそうです。

結婚式は、言わずともなんとなくわかります。

めでたい行事を、わざわざ死者が関連する日を選んでまで行うべきではない、という意味合いからです。

これも「縁起が悪い」として、日本各地で避けられています。

これもお盆と重なりますが、お盆とお彼岸は切っても切れない関係なんです。

要するに、「先祖(もう亡くなっている方)」をお迎えするのです。

地域によっては、神事も納車もダメ! という場所もありますので、一度、実家や住んでいる場所のルールを学んでおきましょう。

「古い、古い」

「縁起なんて信じない」

という方もいるとは思いますが、こうして理由がはっきりとある以上は、なるべく神様やご先祖様を怒らせないようにするのが無難でしょう。


まとめ

無益な殺生も、こういった時期は特に嫌われています。

何よりも、殺虫剤の関連会社もこの時期だけはお祓いをする、という話もあります。

ウルトラマンの撮影者たちも、縁起が悪いことが続いたので、倒した怪獣の葬儀をしたなんて話もあります。

縁起事にうるさいということは、それだけ縁起事を大事にしているのです。

もし何か機会があったら、年長者の縁起話を聞いてみるのもいいでしょう。

普段の何気ない行いが、実は縁起が悪いことだったら嫌ですし。

とにかく、縁起が悪い、ということに敏感な日本人は、どこの国よりも縁起を担ぐことに力を入れています。

余談ですが、一部の地域では、

「結婚のための引っ越しで、車をバックさせてはいけない」

という話もあります。

(理由は、出戻りを連想させるから、だそうです)

話は戻って。

だから、お盆やお彼岸で釣りに行くのはやめましょう。

よく聞くのが、心霊スポットに行って帰ってくると肩が重い身体がだるいということがありますが、あれは何らかの霊が憑いているからだと言われています。

なので、不用意に先祖を怒らせたりする行動も、慎みましょう。

後で不吉なことが起こっても、取り返しがつかないこともあります。

自己判断で行うべきですが、以上のことからお盆の時期はタックル・釣り道具の整理をしてみるのが良いかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!