ネコリグの作り方・使い方は?最強ネコリグにおすすめワーム紹介!チューブは必要?




ネコリグって、釣れるの?
そもそも、ネコって?キャット?
はい、猫ではありません(笑)

バス釣りにおいて、ネコリグはワームの仕掛けでも初心者でも使いやすく、よく釣れると定評があります。

今回はそんなネコリグについて徹底解説します。

使い方や使い時、おすすめのフック(針)やネイルシンカー(重り)細かいロッドアクション法、適したタックル(ロッド・リール)・ネコリグにおすすめのワームも紹介します。

また、ワーム用のチューブはネコリグで非常に重宝します。
何故、重宝するのでしょうか?

これであなたもネコリグマスターになれます。

それでは早速参りましょう。

スポンサーリンク

ネコリグとは?

そもそも、ネコリグのネーミングの由来は、

「ねこそぎ釣れるリグ」から由来されています。
釣りメーカーの一誠のプロアングラーの村上晴彦さんが名付けたと言われています。

基本的にはストレートワームの先端にネイルシンカー(粒状、棒状の埋め込める小さいシンカー)を埋め込んで、マス針をワームの中心付近に刺して使うリグのことをネコリグと称します。

ネコリグのメリット

ネコリグのメリットは、

  • ボトムを正確にサーチできる。
  • 操作感が手元に伝わりやすい。
  • ワームの移動距離を抑えることができる。
  • カレントに強い(水の流れに流されすぎない)

メリットは非常に多いリグになります。
最もメリットで大きいことは操作感が手元に伝わりやすいことだと思います。

ある程度熟練した釣り人であれば、ノーシンカー(重り)のワームでもどこのレンジ(水深)を泳いでいるか判断できますが、私自身も把握できないことがあります。

ネコリグはボトムについた事をラインのスラッグ(余り糸)で確認できたり、シンカーが竿にボトムの感触を伝えてくれます。

ズル引いて見たりすると、ゴリゴリとか、サラサラとか、ボトム(水底)の材質もわかるようになります。

あとは、移動距離を抑えることも実は重要なメリットの一つです。

水中は水の浮力などで、糸の材質や水温によって、知らない間に狙いたいポイントよりズレてアクションしていたり、意外と釣り人の狙いとは違った場所を探っていることが多いです。

ネコリグの場合、シンカーの重さにもよりますが、比較的ピンポイントでじっくり誘い出すことが可能です。
ここぞというピンポイントを狙う場合は非常に効果的なリグになります。

ネコリグのデメリット

ネコリグのデメリットは、

  • 根掛かりしやすい。
  • フォールスピードが速い。

気になるデメリットはこれくらいです。

でも、デメリットはセッティング方法や、動かし方で解消できます。
むしろでデッメリットはメリットに変えることができます。

詳しいことはこのあと解説します。

ネコリグの作り方・セッティング

まずはネコリグの作り方を解説します。
用意するものは以下になります。

  • フック(マス針)
  • ネイルシンカー
  • ワッキーリグ用のチューブ(あれば良い)
  • ストレートワーム(その他でも使えるワームもある)

これらを揃えれば、すぐにネコリグを作ることができます。
続いて、それぞれの用意するものの詳細を紹介します。

ネコリグにおすすめのフック(針)

ネコリグにはマス針を主に使用します。
ガード付きのものであったり、スイベルが付いて糸ヨレしにくいものだったり、用途におってマス針も様々です。

スタンダードなタイプであればこちらがおすすめ。
フッキングの貫通率は非常に優秀です。

フックの刺し方

マス針の刺す位置は、ストレートワームであれば、おおよそ中心部分に刺します。

縦刺し・横刺し、どちらでも対応しています。
また、中心部分から、尻尾側か頭側に寄せることで、ラインに引っ張られる場所が違うので、ワームの泳ぎ方も変わります。

極端に寄せすぎなければ、色々試してみて使って見ましょう。
小さい変化ですが、釣果に直結するケースがあります。

フックサイズは?

フックのサイズはワームの太さによって使い分けましょう。

ワームの大きさに対して、大きすぎても小さすぎても、よろしくありません。

ワームに対して大きすぎる場合、フッキングの成功率は上がりますが、魚に違和感を与えたり、根掛かりが多くなることがあります。逆にワームに対して小さすぎると、フッキング成功率が大幅に下がってしまいます。

ワームの長さに太さは比例していないので、何種類かのサイズの針を用意しておくと良いでしょう。

オフセットフックは使えない?

通常のテキサスリグに使うようなオフセットフックは使えません。

➡︎➡︎テキサスリグに関する詳しい解説記事はこちら。

ですが、ネコリグに対応したオフセットフックも発売されています。

根掛かりしやすい場所での回避性能や、フッキングの良さも持ち合わせた、新生代ネコリグ専用オフセットフック。

詳しい解説は藤木淳プロが解説している動画をご覧ください。

スナッグレスネコリグ

先ほど紹介したオフセットネコリグのように、根掛かり回避性能に特化したネコリグのセッティングがスナッグレスネコリグ。

針をワームに隠してやるネコリグのセッティング方法。
圧倒的に根掛かりの回避性能は上がります。
研究もし尽くされ、フッキングの際はしっかり針が露出するようになっています。
また、スイベルの付いたモデルもあり、糸ヨレをなくすことができるタイプもあります。
若干、フッキングパワーが伝わりにくい場合がありますが、問題はありません。

スナッグレスネコリグを世に生み出した川村光太郎プロの動画を参考にして見てください。

ネコリグにおすすめのネイルシンカー(重り)

次にネイルシンカーのおすすめについてです。
棒状の形をしたワームの先端にねじ込むシンカーです。

重さに目安は、0.5~3.5gぐらいが使いどころ。

フックとは異なり、ワームに適した針を選ぶのではなく、どの程度のアクションを望んでいるかによって使い分けます。

  • 重いシンカーであれば、フォールは速いため、水深がある場所では着底させやすく、手返しが良くなる。更に、アクションを使えるとアピール力が比較的強く、またクイックに動くため、リアクションも狙えます。

 

  • 軽いシンカーの場合、フォールは遅いため、中層の魚にもアピールできる。操作感は伝わりにくくなる。
    アピール力は控えめなので、水質が良い場合やスレていて、繊細に誘い出したい時におすすめ。

魚やフィールドの状況に合わせて選んでみてください。
初めてネコリグをする人はまず、重めのシンカーを入れて操作感に慣れてからすると、より使いこなせるようになります。

ネイルシンカーの入れ方(刺し方)

ネイルシンカーの入れ方について。
各社メーカーはシンカーの先端がネジのような形状になっていたり、すっぽ抜けないようにストッパーがついていたり、様々な工夫が施されています。

特に長めの棒状のシンカーの場合、差し込む際にずれ込んで、真っ直ぐ差し込めないケースが良くあります。また、入れ替えようと何度も差し込んでいると、ワームが破損して、使い物にならないことも。

この問題を解消する方法があります。

ネイルシンカーを入れ込む場所に、針を刺して道筋を作っておくことで解消できます。

こんな感じです。

スムーズにネイルシンカーが入り、細い針の穴であれば、ズレ込みの原因になりません。

是非、お試しください。

ネイルシンカーはすっぽり埋め込む?少し出す?

ネイルシンカーを埋め込む際に、ワームに隠れるぐらい入れた方が良いのか、少しシンカーを外に出した方が良いのか、悩みませんか?

答えはどちらもメリットがあります。

  • ネイルシンカーをすっぽり埋め込んだ場合は、よりナチュラルな着底をしてくれ、シンカーが見えない分、魚に違和感を与えない。
  • ネイルシンカーを少し出した場合、感度が良くなり、水底の材質を把握することができます。また、底質にもよりますが、硬い場所であれば着底時、音を出すことができます。

自分が使いたい状況によって使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク

ネコリグにおすすめチューブ

ネコリグなどのワッキーリグの頭を悩ます現象は、身切れです。

更に、ネコリグの場合、身切れしてワームが飛んでいってしまうと、ネイルシンカーも一緒にロストしてしまいます。

また、仕掛けを作り直すのも面倒ですし、コスト面も問題があります。

そこでおすすめなのが、ワッキーリグ用のチューブ。

熱収縮するタイプや、最初から切ってあるタイプもあります。
ストレートワームの針を刺したい部分い通して、チューブの部分に針を通してやると、根掛かりしない以外は一日中投げても、身切れしません。

経済的にも非常におすすめなので、是非お試しください。

ネコリグに適したおすすめタックル(ロッド・リール)

ネコリグは0.5g前後の軽い重さのシンカーを使う場合は、スピニングリールを使用しましょう。

それ以上のウエイトであったり、スナッグレスネコリグやオフセットネコリグなど、カバー(障害物などの物)を絡めて使いたい場合は、手返しの良さと操作性、キャスト精度を含めても、圧倒的にベイトフィネスタックルがおすすめです。

➡︎➡︎おすすめベイトフィネスタックルの紹介や詳しい解説記事についてはこちら。

ネコリグの動かし方・アクション方法

ネコリグの基本的な動かし方は、

  • シェイク
  • リフト&フォール
  • ズル引き

が主な使い方です。
また、着底した時に何もしない状態にしていると、ワームが自発的に倒れこみを起こし、その瞬間にバイトしてくるケースもあります。

長時間、放置して着底している状態ではアピールできないので、こまめに動かしてあげましょう。細く一定の間隔でシェイクしてみたり、不規則にしてみたり、色々試してみましょう。

重りの反動でブルブルと動いてくれます。

リフト&フォールもおすすめ。
ゆっくり竿をあげて浮上させて、何もせずにフォールさせる。を繰り返しましょう。あらゆるレンジ、特に中層の魚にアピールすることも可能です。

ズル引きする時は、リールを巻き取るより、竿をずらした水底のあたりを感じるように引いて来ましょう。

巻きネコリグ

ネコリグはシェイクしたりするだけでなく、巻きで使うことができます。

ゆっくり巻いてやると、ブルブルとワームが重りの反動で波打つように泳いでくれます。水深の浅い場所や、シェイクを嫌う魚には効果的です。

ワームの形状やシンカーのバランスで泳がない物もあるので、色々試してみましょう。

ネコリグにおすすめ最強ストレートワーム

ネコリグにおすすめの最強ストレートワームを紹介します。

DSTYLE(ディスタイル) トルキーストレート

レイドジャパン ファットウィップ5インチ

OSP ドライブクローラー

ズーム スワンプクローラー

ゲーリーヤマモト カットテールワーム

ジャッカル ネコフリック


以上がネコリグにおすすめなストレートワームです。
動きや特性を理解して、使い分けましょう。

ストレートワーム以外のネコリグにおすすめワーム

ストレートワーム以外でも、ネコリグは使えます。
どちらも頭側にネイルシンカーを入れ込んで、使い方は同様です。
通常のネコリグのアクションだけでなく、特に巻きのネコリグで効果を発揮しますので、使ってみてください。

ネコリグは冬も強い

ネコリグはオールシーズン大活躍してくれる仕掛けです。
釣果が乏しくなりがちな、冬場にももちろん強い味方になります。

ネコリグはボトムをしっかりサーチできるワームで食わせにも特化しています。

厳寒期は水温の安定しやすいボトムにステイすることが多くなります。
効率よくボトムを探れるネコリグは冬場におすすめ。

➡︎➡︎詳しい冬のバス釣り攻略法のに関する記事はこちら。

ネコリグは海(ソルト)では使える?

ネコリグはソルトでも使うことができます。

堤防釣りであれば、紹介したスナッグレスネコリグなどで、テトラポッドの穴打ちに適しています。

また、ロックフィッシュなどでも活躍してくれるでしょう。

ただ、海の場合は流れがとても強い場合も多いので、シンカーをかなり重めの物を用意しておく方が良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はネコリグについて徹底解説しました。

ワームのリグの中でも使いやすく、初心者にもおすすめのリグです。
私自身もサーチルアーとして、ネコリグは多用しています。

ワームの展開の基準として、覚えておくと幅が広がります。

是非、ネコリグで魚を手にしてください!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!