夏の海釣りの服装を男女別に!暑さ対策に必需品の持ち物と堤防で釣れる魚まとめ




夏の屋外は短時間でも暑くて倒れそうになりませんか?

もちろん、釣りをする場合でも同様です。
しかも、水辺は水面の照り返しなどもあるので、思ったより釣り人のダメージを与えるんです。

夏こそ釣れる魚種を把握して、適した釣りをしないと、結局暑さにやられて全く釣れないなんてことも普通にありえます。

また、そんな暑さから身を守る釣りに最適なファッションがあるのをご存知でしょうか?
装備をバッチリにすれば快適に釣りができるようになれば、釣果も良くなります!

そんな夏の海釣りについて、まとめてみました!
今回紹介する夏は6月〜8月とします!

それでは早速参りましょう!

スポンサーリンク

6月の海釣り

まずは6月の海釣りからです。

6月であれば、屋外で過ごすのもまだ快適ですよね。
地域によっては、室内も冷房はまだ必要ないくらいです。

春が終わりを告げて、夏の前に訪れる不快な時期・梅雨も6月〜7月初旬頃まで続くことがあります。

雨が降り続いて、洗濯物は乾かないし、外出するのも傘はいるし、とりあえずなんでも面倒な時期。5月病の次は、ジメジメシーズンだと毎年嫌な気持ちになりがちです。

ですが、海釣りにおいては非常に嬉しい時期でもあります。

気温が上昇し水温の上昇に伴い魚の活性も上がり、爆釣するときがあるんです。

ですが、様々な魚が釣れてしまい、絞るのは非常に難しくなります。
よって、主におすすめする魚種は限られています。

また6月の海釣りには、意外な落とし穴もあるんです。
この注意点を抑えておくことで更に釣果を上げることができます。

➡︎➡︎詳しい6月の海釣りに関する解説記事はこちら。

地域や場所によっては、春頃におすすめな釣り方を展開した方が好釣果になることもあるので、6月初旬であれば、春の海釣りをしても問題ありません。

➡︎➡︎春(3・4・5月)の海釣りに関する詳しい解説記事はこちら。

7月の海釣り

そろそろ梅雨も開けて、夏を感じる季節になるのが7月頃ではないでしょうか?

湿度が下がっても、気温は上昇し暑さにバテてしまいがちです。
屋内でもエアコンがないと、しんどいですよね。

学生であれば夏休み。家族みんなで釣りに出かけるなんてこともあると思います。
でも、花火大会だったり、海開きだったり、イベントは盛りだくさん。

誰しも時間を大切に使いたいですよね。そんな人は、

「できれば短時間で釣りを楽しみたい!」

「一日、暑さに耐えて釣りをするのはごめんだ!」

無理をせずに海釣りを楽しみたい人も少なくないはず。
7月は様々な魚種が釣れますが、できるだけ効率良く旬な魚を狙う方法を紹介してます。

詳しくは7月の釣りに関する解説記事をご覧ください。

夏休み、子供を釣れて海に釣りに出かけませんか?

スポンサーリンク

8月の海釣り

学生は夏休み、社会人はお盆休みなど、長期休暇が続く時期である8月。

アイスクリームも溶けてしまうような暑さです。

アウトドア・レジャーが楽しい季節だからこそ、釣りに出かけてもらいたい理由があります。

7月同様に様々な魚種を釣ることが可能なんですが、8月の時期に大型を狙うことがきる魚種があるんです。

せっかくなら、小さい魚をちまちま釣るより、大型の魚とファイトを楽しんで、美味しくいただくのが最高じゃないですか?

せっかく暑い中釣りに行くんであれば、美味しい大型の魚を手にしたいですよね。

8月に釣れる大型の魚種についての釣り方や詳しい解説記事はこちら。

月ごとの釣り方を紹介していますが、地域や場所によって状況は異なります。

おおよその目安として把握してもらい、反応が悪いと思ったら、前の月の釣り方をしてみたり、もっと先の釣り方をしてみたり、色々試してみましょう!

あえて、絞って釣りをするのも良いですが、坊主は逃れたいですよね。
しっかり頭を使って、釣りを楽しみましょう。

8月の中下旬(お盆過ぎ頃)から朝晩の気温はグッと下がります。
そうなってくると、今度は秋の釣りを意識してみると、良いケースがあります。

地域や場所によって、考察して展開していきましょう。

➡︎➡︎詳しい秋(9・10・11月)の海釣りに関する詳しい解説記事はこちら。

適材適所で釣り方をチェンジしていきましょう!

暑さ対策服装(おすすめファッション)

夏であれば、半袖半ズボン。むしろ裸でも良いくらいの時もありますよね(笑)

一度、海で釣りをした時に、海パン一枚で釣りをしたことがあります。
ジリジリと日差しが体中に照りつけて、全身日焼けで、ヒリヒリするは、皮は剥けて痛いわ、その夜は寝付けんわで、地獄のような思いをしたことを今でも忘れられません・・・。

実際、日焼け=火傷と変わらないので、負傷したのと変わりありません。

場合によっては、気分不良や脱水症状を引き起こす要因となるため夏の屋外で長時間滞在する場合は、服装のチョイスは重要です。

ですが、地球温暖化の影響もあり、毎年、暑さを増しています。
それに伴い、ファッション業界でも夏に快適に過ごせる衣類の開発や新素材の発明によって、服を着ていた方が快適に過ごせることができるようになっています。

釣りに限らず、夏フェスやアウトドアスポーツなどでも同様なので、暑さ対策を万全にした服装にすることで身体の動きだけでなく、頭の回転も良くなると言われています。

釣りの現場でも冴えた頭で作戦を練って、釣果を叩き出しましょう!

詳しい暑さ対策のおすすめを紹介している記事はこちらをご覧ください。

熱中症や日射病で病院へ搬送される人が急増する時期でもあります。
水分と塩分をしっかり用意して、釣り場へ出かけましょう。

クーラーボックスは必需品

アウトドアをする人ならクーラーボックスは必需品ですよね。

現在ではホームセンターでもかなり安く良質なものが販売されています。
また、容量もたくさん入るものや、キャスターがついて持ち運びが簡単なものまで様々。

基本的なクーラーボックの目的ですが、

  • 飲み物や食品を冷やす。
  • 釣った魚を保存する。

などが主な目的ですが、

実はクーラーボックスは他にも様々な活用方法があるんです。

私自身もクーラーボックスをどんな釣りをするときでも、ちょっと遠出する時も、車に入れておきます。
今では夏場にクーラーボックスがないと不安でたまりません(笑)

特に夏には必ず持っておきたい!と思える方法ばかりなので、

クーラーボックスの意外な使い方に関する詳しい解説記事を参考にしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は夏の釣りのまとめ記事でした。

長期休暇の遊びとしても、家族で楽しめる内容になっていると思います。
是非、大物を釣り上げて美味しくいただきましょう!

また、夏におすすめの服装ではどのようなシーンでも活用できるのでおすすめです。

気温はアツイけど、釣果もアツイ内容にしてみませんか?

私は長期の休みがない仕事なので、隙間で海へ出掛けたいと思います。(笑)

それでは!良い夏をお過ごしください!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!