奈良県バス釣りおすすめポイント!ダムや河川のおかっぱり穴場スポット紹介




奈良県はバス釣りで有名なダムがあります。

  • 池原ダム
  • 七色ダム

この2つのダムはバスプロの方が取材で釣りをしたり、多くのメディアで登場するメジャーフィールド。70cmクラスも釣れているポテンシャルを誇ります。

ですが、奈良県にはその他にもバス釣りが出来るおすすめのダムがいくつかあります。もちろん、大型のブラックバスも釣れています。

ダムだけでなく、バス釣りが出来る河川や野池はあるんでしょうか?
今回はそんな奈良県のバス釣りおすすめスポットを紹介します。

それでは早速参りましょう。

スポンサーリンク


奈良県のバス釣りにおすすめダム・リザーバー

奈良県のバス釣りスポットといえば、ダム・リザーバーです。

他県にもバス釣りが楽しめるダムはありますが、魚のポテンシャルや規模など魅力的なダムがあるのは奈良県くらいではないでしょうか?。

それではおすすめのダム・リザーバーを紹介します。

池原ダム

バス釣りの聖地とも言われる超メジャーフィールド。

複数のレンタルボート店もあり、初心者でも手軽にボートフィッシングを楽しむことが出来ます。バス釣り好きなら一度は訪れてみたいダム。

池原ダムはおかっぱり出来る?

自前のボートを持っていないバス釣りアングラーからすると、おかっぱりが出来るかできないかは気になるところだと思います。

オカッパリ、岸釣りもできないことはないが、急な斜面など足場が悪いところが多いため、無難にボート釣りをする方が良いでしょう。

レンタルボートも初心者でも簡単に操作でき、ボート屋さんも丁寧に教えてくれるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

詳しくは池原ダムのレンタルボート店に問い合わせてみましょう!

雰囲気を感じてもらうために、おすすめの池原ダムでの釣行動画を紹介しておきます。

七色ダム

池原ダムに続き、超メジャーフィールドの七色ダム。
水質はスーパークリアであり、サイトフョッシングなどで楽しめるダム。

県で言うと和歌山県であるが、池原と並ぶメジャーフィールドなので、紹介しておきます。

こちらもレンタルボート店がいくつか点在しているため、ボート釣りが主体となっています。

七色ダムはおかっぱりができる?

場所は限られますが、おかっぱりをすることはできます。

ですが、池原ダム同様に急な斜面など足場が悪いところが多いため、こちらもボート釣りを推奨しています。

風屋ダム

奈良県の隠れおすすめダムスポット。
池原ダムと七色ダムが有名なため、あまり知られていないが、ビックバスが数多く釣られているダム。

レンタルボート店も営業しています。
こちらから、マイボートを下ろすことも可能です。

風屋ダムはおかっぱりができる?

風屋ダムはオカッパリが難しい場所が多いです。

バックウォーターであれば、可能ですが、急斜面を降らないと難しいためおすすめしません。もし、バックウォーターで釣りをしたい場合はボートを岸際につけて歩いてエントリーしましょう。

また、減水時には足場が増えるため、おすすめ。

大迫ダム

管理釣り場である大迫ダム。
いわゆる釣り公園のような場所で、料金を払い釣りをすることができます。

もちろん、ブラックバスも生息しています。
上流域であれば、紀ノ川に繋がり、オカッパリを楽しめるポイントが多数あります。

ダムで岸釣りをがっつりしたいのであれば大迫ダムがおすすめ。

布目ダム(おかっぱりにおすすめ)

奈良県のおかっぱりが広範囲にできるダムで最もおすすめなのが、布目ダム。

レンタルボート屋さんはないが、マイボートの持ち込みは問題ないです。
ボートはエンジンは使用不可。

公園のようになっており、足場も良いです。
家族連れでも釣りができ、レジャーに最適なポイント。

津風呂湖

布目ダム同様に、ボートからもおかっぱりからも十分に釣りが楽しめるダム。

レンタルボート店もあるが、エレキは管理していないので、持ち込みが必要。
手漕ぎでは釣りをする上ではかなり厳しいです。
ボートにエンジンを積んでの走行は禁止となっています。

オカッパリをする場合は吉野運動公園に駐車して、歩いて釣っていくのがおすすめです。

高山ダム

京都・奈良・三重の三県を跨いで位置する高山ダム。

京都のバス釣りスポットの記事にて、高山ダムの簡単な解説をしているので、ご覧ください。

以上が奈良県おすすめのダム・リザーバーになります。

オカッパリをしたいのであれば、池原ダムや七色ダムではなく、別のダムを狙ったほうが釣果に恵まれる可能性が高いでしょう。

奈良県のバス釣りにおすすめな河川

続いて奈良県おすすめの河川です。
奈良県でおすすめ河川は2つあります。

どちらも良型がキャッチされているとの情報です。
また、冬場であれば生活排水などの温排水が出ているポイントがあるため、リサーチしましょう。

大和川

佐保川

板谷ヶ橋がおすすめ

上記で紹介した、大和川と佐保川が合流地点が特におすすめ。

一日粘り倒す価値があるほど、魚影は濃いです。
オールシーズン期待ができるポイントなので是非立ち寄ってみてください。

スポンサーリンク


奈良県のバス釣りにおすすめな野池

最後に奈良県のおすすめ野池について紹介します。

現状、奈良県は釣り禁止の野池がたくさんあります。

その中でも厳選しておすすめの野池を紹介します。
いつ釣り禁止になるかわからないので、確認をしましょう。

野池の釣り禁止の見分け方に関する記事はこちら。

近鉄飛鳥駅南部の野池

倉橋ため池ふれあい公園(桜井市)

二上山野池群

ほのぼの公園+周辺の野池群

北田原町周辺の野池

くろんど池

奈良県郡山市の無数の池は?

マップで見てもわかるように、郡山市には無数の池が点在しているのがお判りいただけると思います。
釣り好きとしては気になって仕方にない人も多いはず。

実はこの形の整った池は金魚の養殖用のため池なんです。

なので釣りは絶対にやめましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は奈良県のおすすめバス釣りスポットを紹介しました。

奈良県でバス釣りができるのは聖地の池原ダムや七色ダムだけでないですよね。
むしろ、おかっぱりをするのであれば、おすすめのスポットがいくつもありました。

もちろん、野池や河川も充実していましたね。

観光ついでにバス釣りを堪能してみましょう!
今回の記事があなたの釣果に直結することを願っています!

スポンサーリンク







この記事を読んだ人はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!