中潮の釣り教えます!中潮は2つ存在する!?知識・釣れる魚紹介します!




海釣りをする上では欠かせない、潮回り。

大潮が最も、潮の流れがきつく、小潮が一番弱い。
その間に、中潮・若潮・長潮が存在します。

さらに潮回りに加え、満潮干潮と照らし合わせ、魚を狙っていきます。

今では潮を調べるのは、釣具屋でもらえる潮見表だけではありません。
インターネットやアプリを使い、誰でも、どこでも一瞬で調べることができるんですね。

しかし、いくら情報があっても、知識がなければ、釣果には繋がりません!

そこで、今回は潮回りの中潮について、紹介していきます!

スポンサーリンク

中潮は大潮が来たあとが釣れる

潮は月と太陽の引力により、一日2回ずつ満ち引きをします。

干潮と満潮の差は一日で一定ではありません。
少しずつ変化しながら、繰り返しています。

  • 大潮
    潮の干満差がもっとも大きい状態で、新月または満月の前後数日間起きる。
  • 中潮
    大潮と小潮の間。
  • 小潮
    大潮の逆で、干満差が小さい状態。上弦の月や下弦の月の前後数日間起きる。
  • 長潮
    小潮を1〜2日過ぎた頃、潮の干満差が更に小さくなり、小潮末期の状態。満潮・干潮の変化が穏やかで、長く続くように見えることから、長潮と呼びます。
  • 若潮
    小潮末期の長潮を境に、潮の干満差が次第に大きなっていく状態。潮が再び大きくなる状態を「潮が若返る」といい、長潮の翌日を若潮と呼ぶ。

この5つの潮が順番に回るのですが、

中潮は、大潮と小潮の間で2回あるのです。

そして、特に大潮の後の中潮が釣れるんです。

何故、大潮の後の中潮?

若潮→中潮→大潮→中潮→小潮→長潮

の順番で一周するのですが、

中潮は2つ存在していますよね。

  • 大潮の前の中潮
  • 大潮の後の中潮

それぞれの中潮にどのような違いがあるのでしょうか?

例えば、大潮が山の頂上だったとしましょう。

基本的に、釣れるタイミングは潮が上がったり、下がったりするタイミングに釣果が上がるとされています。
また、上げ始め・下げ始めでは流れが弱いので、釣りもしやすいメリットがあります。

山だと大潮の前はちょうど登る最中。
潮の場合、流れている最中なんです。

逆に大潮のあとは、山の頂上に達し休憩して、これから、下山すると行った所。
潮の場合、流れ始める所なんです。

よって、大潮の後の中潮は釣果が良いとされています。

中潮自体、潮回りとしては、大潮の次に活性が上がるのですが、このポイントを抑えておけば、より良い潮の状況を把握できますよね。

スポンサーリンク

中潮で釣れる魚は?

中潮は大潮の恩恵を受けて、基本的にはなんでも釣ることができます。

防波堤から、サビキをすればアジイワシといった小魚が釣れます。

冬の時期だと、メバルなどの根魚が狙えます。

砂地の地形を選んで、投げ釣りをすれば、カレイコチを狙うことができます。

中潮は潮の流れているので、シラスエビなどの撒き餌を使いスズキなどの大型魚が釣れる可能性もあります。

さらに、防波堤の石組みや、テトラポッドにエビ・ゴカイ・青イソメを落とし込んでいくと、高級魚として有名な、キジハタ(アコウ)が釣れる事もあります。

大潮に次いで、中潮も全体的に魚の活性が高いので、様々な魚種が釣れます。

ハオコゼに注意!

活性が高いのは、普通の魚ばかりではありません。
よく釣れてしまう、ハオコゼには要注意!
背ビレに毒を持っているので気をつけましょう。背びれに触れると、激痛を伴う腫れや痺れが出ます。

 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は中潮の釣りについて、解説していきました。
中潮は2つ存在し、最も釣果が期待できるのは、

大潮が来た後の中潮

今後、潮見表を見るときは、前後の潮回りにも注目してくださいね!

潮回りのまとめ

➡︎潮回りについてのまとめ記事はこちら。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!