釣り糸・釣り針・ルアー結び方完全解説!!最強の外れない結び方紹介!




釣りで糸を結ぶ作業はどんな釣りでも必要になる。

「あれ?どうやって結ぶんだっけ?検索検索。」

いちいち面倒ですよね。
そんな自分の為にも、あらゆる結び方をまとめてみました。

今回はサルカンを使う場合、peラインなどの結び方、釣り針に穴のないタイプの結び方、ルアーの結び方、など紹介・解説していきます。

昨今では、ラインの結び方を教えてくれるアプリや、簡単に誰でもノットが作れる機械もあります。

この記事で結び方をマスターしましょう!

早速参りましょう。

スポンサーリンク

サルカンやオモリ・ルアーへの結び方

基本的にスプリットリング(金属の輪っか)に結ぶ場合など、最もよく使用される結ぶかたです。

初心者であれば、まずこれを覚えて置けば、おおよそは対応できます。

いくつかあるので紹介していきます。

ユニノット(簡単・最強の結び方)

とりあえず、このユニノットを覚えて置けば問題ありません。
強度も十分ですし、何より簡単。
ラインの素材も選ばず使えます。厳密に言うと、PEラインなどでは、滑ってしまうリスクがあるので、要注意です。

ダブルクリンチノット

クリンチノットに加え、二重にする為強度がピカイチ。
ユニノットより強度は強いでしょう。

パノマノット(サルカン推奨)

サルカンを使う際はパノマノットがおすすめ。
やや手間はかかるが、慣れてしまえば汎用性も高いです。

漁師結び(完全結び)

名前の通り漁師やプロが多用する為、がっちり固定してくれます。
覚えてれば意外と簡単。

ループノット

ルアーとアイの間にゆとりをもたして結ぶため、ルアーがよりナチュラルにアクションしてくれます。動きが悪い時などに使用してみるのもおすすめ。スプリットリングは外すのが基本。

インプルーブド・クリンチ・ノット

クリンチノットの改良版。ナイロンラインなどのツルツルした糸でも摩擦が起きにくく、外れにくい結び方。

カン付き南方延縄結び

穴があるタイプの針に巻きつけて、強度を高める巻き方。
軸に巻きつけるので、固定力が非常に強いです。穴に結ぶだけでは不安定な場合使用をおすすめ。
カツオやマグロなど、強さが欲しい時に抜群。

釣り針の結び方(穴がない針の場合)

針に直接ラインを結ぶ時に使用する方法です。

エサ釣りや自分で仕掛けを作る際に使う結び方です。

漁師結び

針穴があるタイプの時と結び方はほとんど一緒。
釣り針に結ぶ基本的な結び方。

外掛け結び

大物用の結び方なので、狙う際はこちらの結び方を推奨します。

内掛け結び

先ほど紹介した外掛け結び同様に大物狙いの時に使う結び方。
外掛け結びより外れにくく強度は高いが、やや結ぶのが難しいのが難点。

南方延縄結び

大きめの針に適している結び方。外掛けと打ち掛けを合わせたような結び方なので、強度も申し分ない。

スポンサーリンク

フィンガーノット(渓流・ヘラの細ハリス推奨)

渓流などで使用する細めのラインの適した結び方。
結びの形状から、チヂレが起きにくいので、長持ちします。

スネルノット

太い号数でも綺麗に結ぶことができる為、強度も高い結び方。

糸と糸の結び方

次にラインとラインを直結する場合の結び方です。

PEラインの先にフロロカーボンのショックリーダーを組む際に使用したり、リールの下巻きと上まきの結ぶ時などに使用します。

FGノット

シーバスなどソルトルアーを使用する時に定番の結び方。
PEラインとリーダーを結ぶ基本的なノット。

SFノット

ショックリーダーとPEラインを結ぶ方法。
結び目も小さいため、ガイドを通りやすくなっている。

ネイルノット(フライラインのリーダー)

バッキングラインとフライライン、フライラインとテーパーリーダーの結束に用いる定番ノット。

チチワ・エイトノット

八の字でぐるぐるに巻く結び方。
すっぽ抜けが少ない結び方と言われている。チチワ作りやエダス結び、ライン同士の結びやコブ作りなど多用される基本中の基本ノット。

サージャンノット

フライフィッシングにおいて最もポピュラーな結び。テーパーリーダーとティペットの結束に使用する。

オルブライトノット

細いラインと太いショックリーダー、ビミニツイストのラインシステムフライラインバッキングラインをつなぐときのノット。

電車結び

ユニノットを2つ利用してできる定番の結び方。
違う材質同士のラインを結ぶ時に馴染みやすく、おすすめ。

糸で輪っかを作る(PEフロッグなど)

PEラインの場合、強く結んでいても摩擦で滑ってしまい、切れる前にすっぽ抜けるケースがあります。
よって、強度がある輪っかを作り、アイに通して、結ばずに固定することで、ミスを防ぐことができます。

ビミニツイスト

リールに糸を巻く結び方

下糸やリールのスプールに最初に結ぶのはユニノットで構いません。
わかりやすく、やり方を紹介している動画があったので紹介して起きます。

PEラインの直結の結び方は?

PEラインをルアーに直結する場合はハングマンズノットがおすすめです。
他のラインでも結ぶのに簡単なので、覚えておきましょう。

釣り針結び器・ノット作成機おすすめ

手先が不器用、覚えるのが面倒臭い。
って人も少なくないはず。

特に穴がないタイプの針に結ぶのは練習が必要です。
ライン同士を結ぶのも、柔らかいので、あたふたします。

そんな悩みを解消してくれる器具があるんです!

実際使ってみましたが、楽チンで、出来も申し分ないです。
是非、お試しください。

釣り用ラインの結び方アプリ

スマホが釣りのツールになる時代が来ています。

結び方をすぎに確認できるアプリがあるんです。

『釣りの結び方』で各種アプリを探してみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回紹介した糸・ラインの結び方は一部です。

まだまだ、様々な結び方がありますが、この記事の結び方を覚えて置けば、大半の釣りで困らないでしょう。

今後、結び方に困った時に活用していただけると幸いです!!

関連記事(ライン・糸の種類について)

ラインの種類についての特性やおすすめに関する記事はこちら。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!