京都バス釣りポイントのおすすめダムは?野池・桂川や宇治川の穴場スポットも




京都府って観光地としては様々な神社仏閣があって、見応えのあるスポットがありますよね。

京都府でブラックバスに出会えるポイントはあるんでしょうか?
一昔前だと、どうしても近くにあるビックバスフィールドの滋賀県・琵琶湖へ足を伸ばす人がほとんどだったんです。

しかし、昨今、京都府にも魅力のあるフィールドがあります!

今回はそんな京都府のバス釣りポイントを紹介します。
琵琶湖遠征のついでに寄るのにも非常にアクセスが良いのでおすすめです。

それでは早速参りましょう。

スポンサーリンク

京都府とは?

簡単に京都府の概要を解説します。

日本の本州中央付近の近畿地方に位置します。
修学旅行で訪れた方も多いのではないでしょうか?

京都市内は、歴史的建造物などで巨大な街を形成しています。

京都のどこにバス釣りができるポイントがあるんでしょうか?

主に、京都府の北中部及び、南部にいくつかおすすめのスポットがあります。他県と違い、バス釣りができるスポットが限られているので、ポイントも絞りやすいです。

それでは早速紹介していきます。

京都府おすすめのダム

京都府で最もメジャーな釣り場の種類はダムです。
レンタルボートを完備している場所もあります。

  • 大野ダム
  • 日吉ダム
  • 高山ダム(月ヶ瀬ダム)

こちらの3つのダムがおすすめ。
地元の釣り人のみならず、バス釣り好きであれば、聞いたことある人もいるはず。

ではそれぞれを解説していきます。

大野ダム

大野ダムは以前はレンタルボートも経営していましたが、現在はやっていないみたいです。

ですが、60upが何本も釣り上げられているビックバスを保有したダムです。
マイボートやフローターの持ち込みも禁止されているので、岸釣りができるポイント、特にインレット(流れ込み)周辺をハイシーズンであれば集中的に狙ってみても良いと思います。

日吉ダム

レンタルボートもあり、岸釣りできるポイントも多いため、釣りがしやすいダム湖。
マイボートでの釣りも可能で、プロの方々やメディアでも登場するほどバス釣りを楽しめるポイント。

基本的に釣り方は地形に合わせた季節の釣りを展開していきましょう。
冬場は難しいためおすすめしません。

季節ごとの釣り方・攻略法に関する記事はこちら。

高山ダム

京都府・奈良県・三重県との県境んに位置する高山ダム。
今回は京都府も含まれているので紹介しておきます。

マイボートでも釣りは可能ですが、レンタルボート店はやっていません。

夏場であればバックウォーター(上流域)がおすすめ。
オカッパリで流れを好むビックバスを狙いましょう。

また、水位変動が激しいため、減水時は泥底が流れ出し、一気に濁りが入ってしまいます。
濁りに強い、チャターベイトなどがおすすめ。
足場も増えるため、オカッパリは非常に楽しめます。

以上がおすすめのダムになります。

どのダムもビックバスが上がっています。
是非、立ち寄ってみてください!

京都府のおすすめ野池

続いて京都府のおすすめ野池を紹介します。

数年前に生態調査があり、ほとんどのため池、野池を水抜きしてしまったとの情報です。
現在生息しているブラックバスはその後に育ったものが多いです。

なので、バス釣りの風あたりは比較的強めです。
明日、釣り禁止になっているなんてこともありえますので、

野池の釣り禁止の見分け方についての記事を参考にしてみてください!

水抜きの有無は不明ですが、ブラックバスが確認でき、さらに大型も釣れたという情報がある場所を紹介しておきます。

春日丘中学校

同志社大学京田辺キャンパス(北西部野池)

明治池

大蛇ヶ池 洛西ニュータウン(鉄柵あり)

京都府のおすすめ河川

京都府にはいくつかの河川が流れています。
バス釣りをするのであれば、

  • 桂川
  • 宇治川

の2河川です。
駐車場が整備されていたり、足場が良く快適に釣りができる桂川。
琵琶湖から流入河川である宇治川。

どちらもサイズも狙えて、数も狙える魅力的なフィールドです。
一押しのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

桂川のおすすめポイント

鳥羽水門

桂川で非常に有名なスポットです。
一日粘り続けても価値のあるほど、魚のストックは多いです。

さらに、冬場であっても温排水が出ていて、デカバスが回遊しています。

冬場に限らず桂川の場合、温排水や生活排水の流れ出すポイントがアツくなります。
流れ出すポイントを絞って、回ってみると釣果が期待できる可能性があります。

自分オリジナルの穴場スポットを見つけてください!

宇治川のおすすめスポット

1号線下周辺

地図上では上部の1号線〜阪神高速の付近です。
地形変化+橋脚周りは魚が回遊していたり、魚のストックが多いです。

様々なルアーでアプローチしましょう。

御幸橋

こちらも先ほど紹介した1号線の下と同様です。
地形変化+橋脚、またはその前後のワンドなど、周辺を丁寧にサーチしていけば魚に出会える確率は上がるでしょう。

伏見港

こちらはいくつかの水路や小規模河川がぶつかり合うポイントになります。

どのポイントにも魚が好んで潜んでいることが多いです。
さらに、肉眼でもバス確認することができます。

以上になります!どちらも攻める価値のあるポイントです。
琵琶湖遠征の帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は京都府のバス釣りポイントについて紹介しました。

ダムも河川も魅力的で一日どっぷり同じフィールドで釣りをしても飽きないでしょう。
長期休暇などで京都観光ついでに、竿を出してみませんか?

近県の琵琶湖に負けない、京都産ビックバスを手にしてみてください!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!