高知のバス釣り紹介!波介川のおかっぱりおすすめポイントや秘境野池はある?




東西の長い四国南部に位置する県、高知県。

日本最古の四万十川が流れていたり、土佐の国として坂本龍馬なんかも有名です。
観光地として非常に魅力の県になります。

今回はそんな高知県のバス釣りスポットを紹介します。

メディアでも多くのプロがバス釣りをする、メジャーフィールド

  • 波介川

はもちろん、その他の有名スポットが多数存在して、一部では「バス釣り天国」なんて言われることもあります。

この記事を片手に、観光ついでに高知県でバス釣りを楽しんで見ませんか?

それでは早速参りましょう。

スポンサーリンク

高知県のおすすめ河川

まずは高知県の河川です。
メジャーフィールドである波介川だけでなく、その他にも魅力的な河川が多く存在します。

それぞれ解説していきます。

中筋川

四万十市に流れる中筋川。
バス釣りスポットとしては有名になります。

狙うポイントは非常にわかりやすく、

  • 水門
  • 橋の橋脚周り

をランガン(手早くキャストして、次々に移動する)するのがおすすめ。

水門の開閉により、流れが強い場合が特におすすめ。

手早く探っていきましょう。

国分川

国分川。市街を流れる川で、その他の河川とも合流するポイント。

国分川周辺の水路などでもブラックバスは確認されており、良型も上がっています。

特におすすめなのは、上流域の分離ポイント。

違う水が混じる場所などは変化があるため、魚もストックしています。

鏡川

先ほど紹介した国分川の近くに位置する鏡川。
上流部に位置する鏡川ダムから海へ流れ出る河川。

おすすめの狙うポイントとしては、

  • 朝倉堰の下流 岩ケ淵周辺
  • 上流域米田橋の周辺

がおすすめ。
全域で魚を釣ることは可能ですが、近年魚影が少し薄いとの情報もあります。

仁淀川

四万十川と同じく、清流に分類され、非常に水が綺麗です。
泳いでも全く問題ない感じです。

波介川は仁淀川の支流になるので、もちろんバスは生息しています。

ただ、あゆを捕食することなどから、ブラックバスの駆除も行われており、厳しいのが現状です。

仁淀川に行くのであれば、波介川をおすすめします。

波介川(はげがわ)のおすすめポイント

メジャーフィールドである波介川。メディアでの露出も多いため、休日問わず釣り人で賑わうフィールド。

ロクマルクラスのビックバスも存在する魅力的なフィールド。

それ故、プレッシャーは非常に高いです。
さらに、年中通して水質も良いため、ルアーを見切る天才バスたちが多く生息しています。

そんな波介川のおすすめポイントをいくつか紹介します!

是非、このポイントだけでも入って欲しいです。

  • 波介川下流域(ゴム堰)
  • 波介川名物・白インレット

最下流域のゴムでできた堰は、しっかり流れがある時に活性の高い魚が止まっていることが多いです。

流れやシェードを求める夏のバスが好む場所です。

攻略法としては、夏のバス釣りに関する詳しい解説記事を参考にしてください!

次に波介川で最も有名な白インレット。

名前の通りインレット(流れ込み)が白く濁っているポイントです。
この白色は繊維工場の「繊維」が川に流れ込んだ色です。

工場から流れ込む排水は水温が高く、特に冬場などに魚が集中しやすいです。よって、白インレットは冬の厳しい時期に非常におすすめのポイントになります。

巡り会うまで、粘り続けるのも全然ありです。

詳しい冬バスの攻略法についてはこちら。

2箇所とも非常におすすめなので是非狙って見てください!

スポンサーリンク

高知県の野池等

続いて、野池です。
特に有名な野池を紹介します。

石土池

まずは石土池。高知県で最初にブラックバスが入った池として有名。
歴史も古いため、モンスタークラスのバスが生息しているとのこと。

ブラックバスだけでなく、雷魚やナマズなども釣れます。

車で釣行する人は東側に駐車スペースがいくつかあります。

ボートでも十分に釣りができるため、バス釣り好きにはたまらない高知県のメジャー野池。

住吉池

先ほど紹介した、石土池と水路で繋がっている池。

石土池と比べて、駐車場やトイレ、桟橋などもあり非常に釣りがしやすいのが特徴。

もちろん魚の個体数も申し分ないです。
それ故、多くの人で賑わうため、プレッシャーは非常に高く、難易度は高めです。

家族連れのレジャーで釣りをするのであれば、おすすめのスポット。

高知県の秘境野池はある!?

上記で紹介した野池は有名スポット。

もちろん農業用の野池も多数点在しています。
さらに、ブラックバスも釣れるとの情報です。

最もおすすめなのは、四万十市の野池です。

山間部の秘境野池などでも、ビックバスが釣れるとの情報。

マップで探して、リサーチしてみましょう。

野池で釣りをする際はマナーに十分注意をして地域の人と気持ちよく接しましょう。

野池の釣り禁止を見分ける方法などに関しても記事はこちら。

高知県のダム・リザーバー

最後にダム・リザーバーです。

高知県には魅力的で歴史の長いダムやリザーバーがあります。
是非、立ち寄ってもらいたいです。

釣りをするだけでなく、情景など観光においても非常のおすすめです。
家族旅行でもおすすめのスポットです。

早明浦ダム

JBTOP50のような、バスプロの大会のフィールドとしてバス釣りをしている人なら知らない人は少ないでしょう。

オカッパリでのポイントは限られますが、レンタルボートやガイドサービスなど、魚を手にするためには打って付けのサービスがあります。

全域通して、シーズンごとに釣り方も変わってくるので、是非、ガイドサービスをおすすめします。

鏡ダム

鏡ダムも早明浦ダム同様に、オカッパリする場所は限られますが、広域にデカバスをストックしている高知県屈指のフィールド。

フローターなどでも釣りが楽しめるので、ボートを出すほどでもない時におすすめのダム。

穴内川ダム

こちらもビックバスが多数上がっています。

ワンドをいくつも形成しているので、魚も各ワンドにステイしているため、ワンドをランガンするのがおすすめ。

上流域のバックウォーターでは、サイトシィッシングもできるため、おすすめ。

基本的にボート釣りになるが、減水時などはオカッパリも足場が増えるので可能です。

杉田ダム(すいた)

こちらもローカルの釣り大会など開催される有名ダム。

早明浦、穴内川ダム同様に、歴史あるビックバスを保有するフィールド。

オカッパリではなかなか攻めにくいため、ボートをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は高知県のバス釣りスポットを紹介しました。

これほど、メジャーフィールドが充実した都道府県も少ないでしょう。

特に、ダムにおいては大会も多く開催されているため、間違いなく魚のクオリティーは高いのではないかと思われます。

それに加え河川も魚のストックは多いだけでなく、アクセスもしやすいので、是非立ち寄ってみてください!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!