広島のバス釣りポイント特集!おすすめの野池・川・ダムを紹介します!




私の住んでいる岡山県の隣、広島県。

野球チームのカープやお好み焼きなどが有名。
県庁所在地である広島市は中四国で最も人口が多い市。

今回はそんな広島県のバス釣りスポットを紹介していきます。

広島県はバス釣りができる河川や野池、ダムなどメジャーフィールドが多数存在します。

芦田川水系の三川ダムや八田原ダム、また、入漁券で管理された白竜湖など、岡山県よりメジャーな場所が多いです。

広島に遠征に来た際は、是非、こちらの記事で回って欲しいです。

それでは、早速参りましょう。

スポンサーリンク

広島県のおすすめ野池

広島県の野池は多数存在します。
しかし、残念なことに多くの野池が釣り禁止となっています。

野池の釣り禁止かどうか見分ける方法についての記事はこちら。

詳しい釣り禁止情報はフィールド最寄りの釣具店などで確認してください。

では、釣りが可能なおすすめ野池を2つ紹介します。

服部大池

光林寺池

どちらも歴史のある野池であり、サイズも数も十分に狙えます。

広島県東部に位置する福山県なので、市内からだと多少距離があるため、岡山もついでに寄り道して、釣りをするのもおすすめ

岡山県のおすすめバス釣りスポットはこちら。

釣り方としては季節の釣りを展開していきましょう。

春夏秋冬のバス釣り攻略まとめ記事はこちら。

庄原市の野池もおすすめ(釣り禁止に注意)

広島県の北東部に位置する市。

自然豊かな場所で、野池が多数点在しています。
どの池にもブラックバスが生息しているとの情報があり、メジャーフィールドと違い、プレッシャーも低め。

穴場だと思うので、おすすめです。
あとは、マナーと釣り禁止には注意しましょう。

広島県のおすすめダム・リザーバー

次にダム・リザーバーのおすすめです。
個人的には広島といえば、ダムやリザーバーが豊富な印象があります。
大きなメリットは遊漁券で管理されており、正式にバス釣りが楽しめること

三川ダム(神農湖)

芦田川中流部に建設された多目的ダムで、別名「神農湖」と呼ばれています。湖畔には公園や駐車場があるため、家族連れでもおすすめ。
60cmも釣れるとデカバスを保有する湖。

ダムに流れ込む水は市街地を流れてくるため、水温が高く、冬にもおすすめ。よって、オールシーズン、流れ込みや流れ出し、水が動くところを攻めるのがおすすめ。

また、ダムサイトかのブイから下流側は釣り禁止なので、注意。

八田原ダム(芦田湖)

三川ダムのあと建設されたダム。比較的水深は浅く、三川ダム同様、ビックバスを保有しています。

八田原ダムの大きなメリットは釣りができる足場が多いこと。

それ故、人的プレッシャーが高く、バスも簡単には口を使ってくれません。
土日祝日であれば、多数の釣り人がデカバスを狙っていますが、平日であれば比較的快適に釣りをすることができるでしょう。

福富ダム(しゃくなげ湖)

近年、建設されたダム。ブラックバスも確認されていますが、ボート主体の釣りになります。レジャーや公園もあり、駐車場も管理されているので、ファミリーで楽しめるスポットです。
管理が行き届いているので、遊漁券は必要になると思います。
管理所で確認が必要です。

弥栄ダム(大会も開催・レンタルボートも完備)

広島と山口の県境に位置する人造湖。釣具屋主催の釣りイベントが開催されることもあります。その際、ビックバスも確認されているので、数もサイズも狙えます。
オカッパリでも十分釣りが可能ですが、レンタルボートも経営しているみたいです。
特におすすめのポイントは弥栄大橋周辺。足場もよく、水中に道路跡があるため、魚の回遊してくる確率も高いです。
全域で見ても、バスが好む立木やストラクチャーが豊富なので、場所が絞りやすい印象。
特におすすめなのが、弥栄湖公園下ワンド。朝夕であれば、バスが一気に食い気を出して入ってきていることがあるので、是非狙って欲しいです。

白竜湖(三原市)(おかっぱりおすすめ)

取材やイベントが開催されたり、メディアでも取り上げられることがあるメジャーリザーバー。私自身も、プロにお会いしたことが何度かあります。
道の駅(よがんす白竜)で遊漁券を購入しないと、釣りができません。
しかし、多くのデカバスが釣れ、フィールドも魅力的なスポットが多数あります。
比較的水質もクリアなので、ビックバスが回遊しているのを確認することもできます。プレッシャーは高いですが、魚のコンディションがピカイチ。
ハイシーズンであれば、上流域でモンスタークラスを狙うことも可能でしょう。

スポンサーリンク

広島県のおすすめ河川・水路

次に河川・水路編です。
広島県にはブラックバスが釣れる川が多数あります。
その中でも厳選して、おすすめを紹介します。

黒瀬川

まずは、黒瀬川です。広島県東広島市内を南下しながら流れる二級河川。
ほぼ全域が浅い川。台風など大水が流れると、川幅も狭いため一気にフィールドの状況が変わるので要注意。
夏場が特に釣果が良く上がっています。
明治橋の周辺が特におすすめ。その中でも水深ができるだけある場所にデカバスが陣取っている可能性があります。

芦田川水系(近隣に専門ショップあり)

広島県が誇るメジャーリバー芦田川。福山市内を流れる川であり、その他に分岐する水路などにも良型のバスが確認できます。
先ほど紹介した三川ダム・八田原ダムの下流に位置します。
数年前、大型の台風が通過し、一気にバスの個体数が減ってフィールドのポテンシャルが変化してしまい、全く釣れない川になっていたが、近年は回復傾向も見られ、取材や地元釣り人もビックバスを手にしています。

  • 国道2号線橋脚周辺
  • 草戸橋上流
  • ラグビー場前
  • 水呑橋周辺

芦田川本流であれば、以上のスポットがおすすめ。
特に冬場のラグビー場前はデカバスの釣果が期待できます。
個人的には、草戸橋上流はオールシーズンおすすめ。

芦田川水系の水路では、多数存在しますが、
特におすすめなスポットはコロナワールド周辺の水路。
水深はかなり浅いので、デカバスが黙認できます。

また、芦田川にある釣具屋・フィッシングプロショップ・スマイルさんでは芦田川のリアルタイムな情報や、広島県内のバス釣りスポットを紹介してくださるので、是非立ち寄ってもらいたいです。

太田川

広島市内を流れる太田川は釣りは可能ですが、バスの駆除が行われているみたいです。ナマズや雷魚の釣果はありますが、近年はバスは少ないようです。
また、上流では鮎釣りができますが、厳しく取り締まっているみたいなので、おすすめしません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は広島県のバス釣りポイントを紹介しました!

非常に魅力的なフィールドが多いと思いませんか?
是非、遠征してポイント巡りをしてもらいたいですね!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!