冬(12月・1月・2月)のバス釣り教えます!冬は釣れないのは嘘!?野池・河川攻略法紹介!!




気温もグッと下がり、厚手の服を着ないと、外に出るのが面倒になる季節が冬です。

地域によっては、降雪や池が凍ってしまうこともあります。
バスフィシングにおいて、冬はオフシーズンと言う人も少なくないはず。

低水温になると、ブラックバスたちも動きが鈍くなることや、活性も下がりやすいので、春夏秋のように釣ることが難しくなります。

しかし、知識と経験があれば、冬こそビックバスを手にするのに適した季節であり、冬にバスを釣る人は、本当の上級者とも言われています。

おすすめルアー・ワーム、それに応じたタックルは何が良いのでしょうか?

今回はそんな、冬(12月・1月・2月)のブラックバスを釣るための攻略方を紹介します。

野池は?河川は?琵琶湖や霞ヶ浦のようなメジャーフィールドの冬場の攻め方も解説していきます。

それでは、早速参りましょう。

スポンサーリンク

冬バス攻略法(冬バスの状態)

冬のブラックバスを攻略していく上で、まずは冬のバスの状態について把握した上で、釣り方を選んでいくことが最も重要になります。

どれだけ実績のあるルアーであっても、冬のバスの状態を理解していないと、釣果には繋がりません。

冬のバスの状態

冬のバスは基本的に、活性が低いことを頭に入れておいてください。

しかし、全く動かない訳ではありません。捕食する時間帯も必ず存在します。

恒温動物の私たち人間とは違い、急に水温が下がってしまっても、体調を崩したりすることはありません。
よほどのことがなければ死ぬこともありません。

単に、新陳代謝が低下し、動くことが少なくなるため、必要とするカロリーが少なくなるので、捕食する量も少なくなります。餓死することもありません。ちなみに、捕食行動を取るのは、1〜2週間に1回程度と非常に少ないと言われています。

さらに、冬バスのコンディションは比較的良いことが多いです。
ガリガリということも少ない。カロリーを消費することも少ないことがコンディションでも判断することができます。
逆に、夏場は捕食行動が多くても、消費するカロリーも動き回るため多いので、痩せている個体も釣れることがあります。

冬のバスも食べなければ生きていけない(釣り方)

冬のバスの状態を理解してもらったところで、捕食行動が少なくなることはわかったと思います。

しかし、冬バスもフィーディングタイム(捕食する時間)には、しっかり口を使ってくれます。

ですが、基本的にはブラックバスの食性に合わせた釣り方ではなく、

  • 明滅が激しいものや、素早い動きで、思わず口を使わせるリアクションの釣りを展開していく。
  • バスが簡単に口を使いやすい形状のワームを使用して、よりベイト(餌)に近いもので食わせに特化したもので誘う。

この2パターンが基本となります。

オールシーズン通して言えることですが、「絶対」は存在しないので、フィールドの状況に合わせて、ルアーのチョイスやアクションを合わせていけるのがベストです。

あまり、「冬だからこれ!」と固定概念に囚われないで、柔軟に手を変え品を変えアプローチしくのが重要です。

低水温期のバスのポイントは限られる?(水温10度以下)

冒頭でも述べたように、冬の低水温期では変温動物であるブラックバスは、水温の低下と共に動けなくなってしまいます。

ブラックバスの適水温は20度前後です。

動けなくなる基準としては、水温10度以下が目安。
厳密にいうと、15度〜活性が低下して、7度を下回ると完全に冬の水温になります。

一桁ともなると、ブラックバスにとって辛いのではないでしょうか。

さらに、冷たい北風を受けるポイントは水温が下がりやすくなります。シャロー・ディープに関係なく下がると言われています。

最も重要なのは、急激な水温変化がバスにとって、良くないことです。水温一桁の日が安定して続くと、バスも慣れて来るため、意外と活性が上がる場合があります。急激に下がると、バスも対応できなくなります。

以上のことを踏まえ、水温計は必須になるので持っておきましょう。

表水温と水中の温度を測るものを両方持っておくのをおすすめします。

必然的に、捕食行動も少なくなり、ルアーやワームだけでなく、通常のベイト(餌)も捕食しなくなります。
よって、ハイシーズンのように簡単に釣ることが難しくなるんです。

しかし、冬の時期はある意味「夏」のバスの居場所に似ていると言われることもあります。

夏のバス釣りでは、高水温になり、涼しさを求めてインレット(流れ込み)やシェード(影)を好むようになります。
要するに、特定のスポットを居場所とするようになります。

冬の場合も同様に、特定のスポットを好むようになります。

では、その特定のスポットを紹介していきます。

ボトム(水底)

まずはボトム(水底)です。冬の朝は放射冷却により、表水温(水面)は一気に水温が低下します。日中が晴れて入れば、水温は上昇します。

よって、表水温は過度な水温変化が生まれることになります。
冬の低水温期にバスにとって、比較的、水温の変化を嫌がります。

ボトムは放射冷却の影響も受けず、日光の光も受けにくいため、水温が安定しています。
よって、冬のブラックバスはボトムに留まることが多いです。

もちろん、シャロー(浅場)のような水底では水温の変化が生まれやすいため、
できるだけフィールドの最深部を狙っていきましょう。

湧き水・温排水

フィールドによって様々なのですが、山間部の野池やリザーバー(ダム)であれば、湧き水が水底より湧いている場所が稀にあります。
基本的に、湧き水は常時、水温が高く栄養価も高いので、バスも好みます。

同条件で、温排水がおすすめ。通常のインレット(流れ込み)は冷たい水が多いが、工場や家庭からの生活排水は水温が高いです。好条件で一級スポットになります。
河川などでよく見受けられます。

ウィードエリア(藻)

基本的に冬になると、水中の藻は枯れてしまいます。
しかし、地質や水質などの様々な自然条件によって、残っているウィードが存在するフィールドもあります。
ウィードエリアは比較的、水温も安定しており、ベイト(餌)も少ないながらも高確率で存在していることがあります。

12月など、晩秋であれば枯れる前、または枯れ初めのウィードを中心の狙うのがおすすめ。
手早く、ウィードレス性能に優れたルアーがおすすめです。

冬のおすすめルアー・ワーム(リグ)タックル

冬と言っても、12月と2月でも大幅に気温・水温共に違ってきます。

それぞれの月例に合わせて、おすすめルアーを紹介します。

12月のおすすめルアー(トップウォーター・ミノーなど)

12月は晩秋の釣りを意識して、広範囲にバスと出会える確率を上げていく、秋のバス釣りを展開した方が良いでしょう。

冬のバス釣りにおいて、重要となってくるのは水温。

注意する点としては、気温が下がっても、水温は一気には下がらなことです。
よって、例年12月頃、年を越す頃までは本格的な冬の到来はまだのことが多いんです。

「寒いし冬だから、リアクションの釣りだな!」

と安易に冬の釣り方にシフトしてしまうと、効率が悪くなり釣果が下がる可能性が高いです。

12月は秋の釣りを貫いても問題ないでしょう。

➡︎➡︎秋(9月・10月・11月)のバス釣りに関する記事はこちら。

こちらの記事のルアーや使い方を参考にしてみてください。

追記として、ミノーのポンプリトリーブという巻き方がおすすめ。
ポンプリトリーブとは、竿を立ててルアーを動かし、竿を戻しならラインを巻き取る方法です。

一定のレンジを引きやすく、ゆっくり引けるため、冬場に強くなります。

また、浅場などであれば、トップウォーターでも釣果を出すことが可能です。

水温が下がると水質も良くなるため、ワームだと見切られるが、水面を使いバスを騙してください。
特におすすめなのは、クローラーベイト。

➡︎➡︎おすすめクローラーベイトに関する記事はこちら。

1月・2月のおすすめルアー(シャッド・スピナーベイト・バイブレーションなど)

1月・2月ともなると、ようやく、冬本番と言ったところ。

しかし、フィールドによっては秋を残している場所もあります。

  • 平野部の野池
  • 水路・平野部の河川

など、山間部などの気温が下がりやすいフィールドは冬に移行している可能性があります。

秋の釣りを展開しながら、反応がない場合は冬の釣りにシフトしていきましょう。

  • リアクションで反射的に口を使わせる
  • フィーディングでやる気のあるバスを釣る

この2パターンになります。

リアクションの釣り(リフト&フォールの動画)

リアクションとは、バスに思わず口を使わせる方法です。
一瞬の速い動きに、とっさに反応してしまい口を使う釣法。

用いるルアーはバイブレーションがおすすめ。

使い方はリフト&フォール。

動かないバスの目の前をリフトでパパッ!と動かしてやるか、フォールで目の前へ落とし込むかの狙い方になります。

冬の特定のスポットで述べたように、ボトムを狙う釣りになります。

リフト&フォールもコツが必要なので、動画を見て勉強すると良いです。

こちらにおすすめ動画を紹介しておきます。

クランクベイトも同じじゃないの?と思いがちですが、クランクベイトは比較的波動の強いルアーなので、早めにルアーに気づいてしまい、リアクションは取りにくいと言われています。

それぞれのルアーの特徴を理解して使いましょう。
リアクションの釣りにおいては、ローアピールなルアーを用いましょう。

リフト&フォールなら、スプーンもおすすめ

バイブレーションでリアクションの釣りをする際は、フラッシング(ギラッと明滅する)がリアクションを誘発します。

よって、より抵抗の少ないスプーンを使って見るのも良いでしょう。

何を投げても釣れない時に、投入してみてはいかがでしょうか?
特に、このノリーズのワサビーはおすすめです。

バイブレーションのおすすめ

詳しいバイブレーションの使い方、おすすめ、推奨タックルに関する記事はこちらで紹介しています。

➡︎➡︎バイブレーションルアーに関する記事はこちら。

まだ、バスが動けているなと感じたら、リフト&フォールよりタダ巻きの方が圧倒的に効率が良いので、使い分けていきましょう。

また、冬が進行し厳寒期になるほど、メタルバイブレーションより、フォールの遅い通常のバイブレーションの方が釣れるケースがあります。

フォールスピードに追いつけないバスを釣るために覚えておきましょう。

フィーディングタイムのバスを狙う

冬の時期でも、シャロー(浅場)や一級のポイントにベイトを求めて回遊してくるバスもいます。

さらに、冬場で動けるバスは体力のあるビックバスが多いです。

そんな時におすすめなルアーは

  • シャッド
  • スピナーベイト

です。

スピナーベイト

ある程度広く水深もある場合のフィーディングできる場所では、スピナーベイトで広く強くアピールをして誘い出しましょう。

さらに、スピナーベイトはリアクションの要素も含んでいるので、動けないバスにも効果的だと言われています。

また、見えるバスに対してもサイトで使用することも近年、プロアングラーの中で見られます。

➡︎➡︎おすすめスピナーベイトに関する解説等の記事はこちら。

シャッド

シャッドルアーは厳寒期のバスに効果的です。

素早く、小刻みに動くシャッドはリアクション要素もあり、フィーディングに入っているバスにとっても、餌と認識されやすく見切られにくいので口を使ってくれます。アピール力は控えめなので、バスにプレッシャーを掛けることも少ないです。

「このライン上にバスがいそう!」

といった、線で狙う釣りなので、美味しいポイントに素早く通していきましょう。

冬の進行に連れて、止めて・巻くを繰り返す、ストップ&ゴーを取り入れるなど、バスが追いつける間を作ってあげるのも重要です。

さらに、ゆっくり一定のレンジを引きたい場合は、12月の釣りのミノーの巻き方で紹介した、ポンプリトリーブがおすすめです。

リアクションの要素を出したい場合は、竿を弾く、ジャークさせるなどして、逃げさせる泳ぎをさせるのもありです。

比較的、自由自在に操れるルアーなんです。

それでは、おすすめのシャッドを以下に紹介しておきます。

シャッドは基本的に軽量なものが多いので、タックルはベイトフィネスタックルかスピニングリールタックルを使用しましょう。

➡︎➡︎おすすめベイトフィネスタックルの紹介はこちら。

スポンサーリンク

冬のおすすめワーム・リグ

ハードルアーの釣りを紹介してきましたが、活性の低いバスを釣るためや、一級ポイントをピンポイントで狙う際にはワームの釣りが有効になってきます。

カバー・ストラクチャー狙いのワーム

カバーやストラクチャーがある場所では、テキサスリグやウィードレス性能が良いリグを打ち込んでいきましょう。

個人的におすすめなのは、

  • デプス ブルフラット
  • ゲーリーヤマモト ファットイカ

がおすすめ。ルアーパワーを有効に使いましょう。

➡︎➡︎ブルフラットに関する詳しい記事はこちら。

➡︎➡︎ファットイカに関する詳しい記事はこちら。

オールシーズン、カバーやストラクチャーをブラックバスは好むことを忘れないようにしましょう。

冬の鉄板リグ・ダウンショットリグ(ドロップショットリグ)の使い方

カバーを絡めずに、ボトムの釣りやサイトフィシングのように目で見て釣る場合におすすめリグは、ダウンショットリグ。

冬のワームを使った釣りにおいては、ダウンショットリグは無くてはならない仕掛けです。

一点で集中的に誘えるだけでなく、ボトムにシンカーが落ちると、そこから、リーダー(余り糸)分はノーシンカー状態でフォールするので、ナチュラルに誘い出すことができる唯一のリグ。

水温が安定するボトムにステイしているバスに最大限に口を使わせるように誘い出せます。

マス針とダウンショットシンカーがあれば、仕掛けはできます。
普通に針にラインを結びつけて、余り糸を多めに取っておきます。
最後に余り糸を、針の結んだ輪っかに通すと、針が上を向き綺麗にリグることができます。
水深があるような場所では、シンカーを重いものにすると、着底させるのも簡単で操作もしやすいのでおすすめ。逆に、浅い場所では、軽めのシンカーを使う方がワーム本来の良さを殺さないので、できるだけ軽いものをワームに合わせてチョイスしましょう。
上記のダウンショットシンカーはかなり軽めになります。

ダウンショットの仕掛けの作り方の説明動画はこちらを参考にして見てくださいね。

ダウンショットにおすすめのワーム

では、ダウンショットにおすすめのワームを以下に紹介しておきます。

ダウンショットリグはバイブレーションと同様でリフト&フォールをさせてリアクションを誘発することもできます。

上記で紹介したレッグワームはリアクション要素を強く持っているため、リフト&フォールの方がポテンシャルを引き出すことができます。

ゆっくりシェイクするなどして、誘ってみてダメなら逃すようなエスケープアクションを演出して、リアクションで口を使わせるのもおすすめです。

冬のおかっぱり(野池・河川の攻略法)

冬のバス釣りの方法は大まかに理解出来たでしょうか?

では、今度はフィールド別に解説していきます。
基本的な釣り方は野池も河川も大きく差はないので、狙うポイントを紹介します。

冬の野池

冬の野池はどんな野池が釣れるのでしょうか?

水温が低下し、流れも存在しない場合、釣り方はリアクションの釣りの展開になります。
結局、バイブレーションでリフト&フォールをする場合、バスの近くを通さなければ、口を使ってくれません。

よって、バスと出会うためには、より投げる回数を増やして、確率を上げていく作業になってきます。
大規模な野池であれば、完全に探り切るのは非常に時間を要するので、あまりおすすめしません。

よって、狙うタイプの野池としては、

減水野池

この場合、大規模な野池でも構いません。減水することによって、単純に魚の密度が濃くなることで、出会える確率も一気に上がります。

是非、冬は減水野池を探して見てくださいね。

また、急な水温の低下により、ターンオーバーする野池も秋から冬にかけて多く存在します。

➡︎➡︎ターンオーバーに関する記事は秋のバス釣りにて解説しています。

寒い日が続き、水温が低い状態が続けば、バスも対応できるようになります。「急な水温の変化」に注意してください。

冬の河川

冬の河川は水温低下に伴い、上流部からバス達は姿を消してしまいます。

狙う場所としては、

ディープ隣接の消波ブロック・リップラップ

のような場所がおすすめ。深場でステイしているバスがフィーディングで浅場の餌を捕食する恰好のエリアになります。

その他では、

流れによって出来たゴミ溜まり
工場から流れ出る温排水

など、水温が高く、バスが動けるスポットにたまるケースもあります。

バスの居場所は限られるので、絞っていきましょう。

冬の雨は釣果アップ??

冬の雨はバス釣りにおいて、恵の雨なんでしょうか?
季節のよって、雨の効果は様々です。

雨のバス釣りについての詳しい記事で解説しています。

参考にして見てください。

冬のバス釣りおすすめ時間

冬のバス釣りにおいて、時間は大事になってきます。

記事内でも述べたように、水温が大事になってきます。

一日で最も水温が上昇し安定するのは、夕方。
具体的な時間帯は、早いところで14時頃〜。
さらに、水温の上がりやすいシャローエリア。

よって、夕マズメにシャローエリアにフィーディングで入ってくるバスを少なくありません。

私自身も冬場の夕マズメでビックバスを手にする確率が最も高いです。

ハイシーズンであれば、朝マズメもおすすめの時間ですが、冬場は水温が最も低いため、あまりおすすめしません。

しかし、人が釣りをしないということは、プレッシャーも低いため、フィールドによっては、釣りをする価値は大いにあると思います。

一日釣りをして見て、フィールドをよく観察するのをおすすめします。

冬の琵琶湖

冬の琵琶湖は、先ほど紹介した野池や河川とは全くの別物と考えてもらって構いません。

ブラックバス単体のサイズや体力も桁違いのため、厳寒期においても浅場へ入ってくるビックバスも少なくありません。

特におすすめなのは、ナイトゲーム。

私も冬の琵琶湖で釣りをしたことがありますが、真冬でも多くのアングラーが真夜中に釣りをしていました。

ロクマルも数多く上がっています。

さらに、ビックベイトを用いいたパワーゲームが主体となっています。是非、冬の琵琶湖でモンスターを捕獲してみてはいかがでしょうか?

おすすめポイントは工場温排水などが流れ出る、カネカ裏などがおすすめ。

➡︎➡︎琵琶湖でも使えるおすすめビックベイトに関する解説記事はこちら。

冬の霞ヶ浦水系

冬の霞ヶ浦は釣れるポイントが限られてきます。

  • 与田浦の南側エリア
  • 常陸利根川の高浜エリア
  • 鰐川消波ブロック帯

この3エリアがおすすめです。

水温低下を最大限に防ぐことができるプロテクトエリア。

ダウンショットの穴打ちや護岸沿いを打つ釣りがおすすめ。

バイブレーションを使用する場合は沈み物が多いため、根掛りに注意したいところ。

もちろん、他のハードルアーも同様です。
根掛り回収機などがあると便利です。

➡︎➡︎おすすめルアー回収機に関する記事はこちら。

まとめ

いかがだったでしょうか?

冬のバス釣りについて解説していきました。

一匹を釣るのが難しくなるのが冬のバスフィッシング。
その分、考えて釣れた一匹は他のシーズンでは味わえない、喜びを得ることが出来ます。

是非、冬もバス釣りをしましょう!!

関連記事

➡︎➡︎夏(6・7・8月)のバス釣りに関する記事はこちら。

➡︎➡︎秋(9・10・11月)のバス釣りに関する記事はこちら。

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!