冬(12月・1月・2月)の釣りは何が釣れる?おすすめ魚種・堤防船釣り・防寒対策紹介します!!




ようやく晩秋も終わり、冬の到来を感じることができる、12月。
冬本番になる1月・2月。

一年で最も長い季節、冬です。

そんな冬の海釣りではどんな魚が釣れるのでしょうか?
基本的に魚たちは変温動物なので、水温の低下と共に活性も下がってしまいがちになります。

今回は冬におすすめの魚種・釣り方を紹介します。
私自身も初心者なので、わかりやすく説明して行きたいと思います。

また、冬の堤防からの夜釣りや船釣りにおいて、最も重要と言えるのが防寒対策。おすすめの防寒服装グッズを紹介。

この記事で冬の海釣りをマスターしましょう!

スポンサーリンク

冬の海釣り・おすすめ魚種は?

冬のおすすめの魚種はいくつか存在します。

  • スズキ(シーバス)
  • アイナメ
  • カレイ
  • カサゴ
  • メバル
  • サヨリ
  • アジ
  • サバ
  • イワシ

などが冬の厳しい寒さに強い魚種になります。

しかし、実際は条件や水温が高い温排水(生活排水など)が流れ込む場所においては、様々な魚種が釣れることがあります。

なので、冬に限定する魚種は少ないです。

今回は、寒さに強い魚種の中でおすすめの魚種にフォーカスを当てて、釣り方を紹介します。

  • アジ
  • スズキ(シーバス)

の2種類を紹介していきます。

冬のアジはサビキがおすすめ

冬のアジはサビキで釣るのがおすすめです。

初心者でも簡単に釣ることができるからです。

誰でも簡単に冬のアジを釣るためには、何点か抑えておくポイントがあります。

  • 深めのタナを狙う
  • 沖のポイントへ遠投する
  • コマセ(撒きエサ)を使って集魚力を高める

この3つを抑えていれば、簡単にアジを釣ることが可能です。

深めのタナを狙う

深めのタナを狙うと言われても、いまいちピンと来ない人も少なくないはず。

要するに、深め=水深が深いこと。

冬の時期のアジや魚たちは動きやすい水温が高めの場所を回遊していることが多いです。

なので、底または中層の比較的水温が安定しやすい水深を狙うことで、アジに出会う確率をあげる作業をすることが重要になります。

沖のポイントへ遠投する

深めのタナを狙うのと付随するのですが、深場を狙うことと同じになります。

当たり前のことですが、沖へ向かうに連れて、水深は深くなります。

なので、より深いポイントへ投げて、落とす作業を行いましょう。

コマセ(撒きエサ)を使って集魚力を高める

冬場であれば、エサを含め活性が低下してしまいます。

なので、無理やり集魚力をあげるため、撒きエサで魚を寄せてきましょう。

通常のシーズンに比べ、撒きエサが効果を発揮する場合が多く存在します。

動画で紹介しておきます。
サビキでの釣り方の勉強になります。

サビキ以外でもアジングもおすすめ

アジングという釣法があります。
もちろん、極寒の冬場でも十分釣果を出すことが可能です。

動画でわかりやすく解説してあったので紹介しておきます。

冬のシーバス・スズキはルアーで狙え(河川・河口)

冬のスズキ(シーバス)はルアーで体力のある大型や初冬では産卵前の個体が残っている場合があります。

活性が著しく低下しますが、逆に越冬するための場所が限られるため、水温が高い漁港や工場地帯の付近は例外です。

  • 温排水(生活排水・工場排水)
  • 貯木場

が特におすすめです。

冬にビックベイトでシーバスを釣り上げる動画が参考になったので、紹介しておきます。

冬の船釣りは暖かい海を探る(外海)

水温が高めの外海であれば、オールシーズン狙える魚たちを釣ることが可能です。

水温は13度より高い場所を選びましょう。
更に、15度以上であると、よりハイシーズンん釣りを楽しむことができるでしょう。

海況速報などで検索をして確認すれば、すぐにわかります。

あとは、釣具屋で旬な情報を収集するのが一番です。

スポンサーリンク

冬の夜釣りは堤防がアツい(初心者おすすめ)

冬の夜釣りは先ほど紹介したように、水温が高い場所の方が様々な魚を狙っていくことが可能になります。

しかし、

『船を出してまでは・・・。』

『もっと、手軽に釣りをしたい。』

という方も初心者の方は多いはず。

もちろん堤防からでも魚を釣ることは十分に可能です。
冒頭でも述べたように、温排水や水温が上がりやすいポイントを狙えば、自ずと魚に辿り着くことが可能です。

逆に考えると、水温が暖かい場所の魚の密度も濃くなるので、場所が絞りやすくなります。

よって、冬の堤防釣りも魚の活性が下がりやすい冬であっても釣りやすくなります。

冬の釣りは防寒対策・服装が最重要

冬の屋外は想像を絶するほど寒いです。

海の場合、基本的には周りに冷たい風を遮るものがないため、ダイレクトに冷気を身体に受けてしまいます。

気温が高くても、冷たい風を受けることで体感温度が全く異なってきます。逆に、無風で気温が低い場合の方が快適な場合もあります。

完全防寒装備で釣り場へ行きましょう。

もちろん、釣りやすさは釣果にダイレクトに影響してきます。

おすすめの防寒グッズを紹介しておきます。

ゴアテックス アウター

靴下 ゴアテックス

フィッシングシューズ

詳しいおすすめ釣り用靴の解説記事はこちら。

手袋・グローブ

インナーグローブと二重にするとより防寒できます。

詳しい釣用手袋に関する記事はこちらにて紹介しています。

フェイスマスク

インナー

防寒対策のコツ

以上のアイテムを装備すれば、防寒はできます。

『わざわざ購入するのもお金がかかるな・・・。』

って人は、

体の「首」の名称がつく部位をカイロなどであっためると、薄着でも意外と寒さ対策はできるんです。

  • 足首
  • 手首

太い血管が通っている場所を温めると、循環して体温を上げてくれます。

そのために作られたカイロも売られているので、参考にしてみてくださいね。

詳しい月例ごとの釣り方を紹介しておきます。

12月は水温も低下しきらないケースも多いので、秋の海釣りを参考にしてもらっても問題ありません。

➡︎➡︎秋(9月・10月・11月)の釣りについてはこちら。

イカやタコをエギングで狙うのも全然ありな季節です。

1月・2月は冬の釣りを展開。

1月・2月の真冬では上記で挙げた魚種を狙っていくのをおすすめします。

しかし、実は季節を先取りする魚たちも多く存在します。

春に釣れる魚を狙うのも策(3月・4月)

3月〜4月に狙える魚種を釣っていくのも、時に爆発するケースもあります。

ですが、3月・4月の海釣りは幅広く釣れる魚が増えます。
冬の魚種に加えて、

  • イカ・タコ
  • クロダイ

が特におすすめ。
十分、船でなくても、堤防釣りで狙うこともできます。

是非、狙ってみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

冬の海釣りについて解説しました。

寒い時期に釣りをするのは想像以上に過酷ですが、その分釣れた時の喜びは倍増します!

是非、釣りに出かけましょう!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!