フィッシュローラーのフックサイズは?ホバストのネイル・ジグヘッドのおすすめ

大人気岸釣り特化ブランドであるRAID JAPAN(レイドジャパン)。

現在ではその枠に囚われず、ロッド・ワーム・アパレルなど多数発売されており、人気商品は品薄が続くそんな釣りブランドです。

今回はその中でも2021年の新商品である、リアルフィッシュ系ワームである【FISHROLLER 3inch/4inch】が発売となりました!

実際に購入し、魚をかけるまでインプレしてみたので、まとめていこうと思います!

特に気になるフックサイズ・ホバストのネイルやミドストのジグヘッドについて紹介していきます。


FISHROLLER 3inch/4inchのインプレ・レヴュー(RAIDJAPAN)

文章じゃわからないところも多いと思いますので、実際にYoutubeの方でインプレ動画を公開しています!

小バスですが、明らかに違う反応が出たのは確かです。

ホバストが苦手が人ほどおすすめ

フィッシュローラーで何が一番特徴的なのかという部分ですが、

それは『ホバストが非常に簡単にできる』という部分だと思います。

ホバスト=ホバーストローリングなので、

要するにホバーしながら移動距離を抑えて、ローリングしながら泳いでくるアクションなんですが、なかなかコツを掴むまでが難しいです。

特に風があるとか、足場が高いとか、操作する上での障害がある場合、特に難しくなります。

ですが、このフィッシュローラーは、その点を材質と構造などで、簡単に的確なロールをすることが可能です。

実際に、ホバストができる、もしくはメインとなるワームと比べるとやりやすさについては圧倒的だと感じました。

ちょっとした、違和感やブレが生じると、魚が口を使わなくなってしまうシーンでも、違和感を与えくいのはかなりアドバンテージがあります。

今まで、バイトがなかった人でも、急に魚を反応させられるようになる可能性を秘めたワームになります。

単調に感じる

上記で述べた通り、かなりホバストがやりやすいワームにはなっています。

ただ、逆を返せば、上級者では特性を生かしたストローリングや使い方ができていた部分が融通が効きにくいのではないかと少し感じました。

なので、どんどん使う人が現れると、魚も見切ってしまう可能性もあるんではないかと予想します。

フィッシュローラーにはない、アクションの質が他にはあるケースもあると思いました。

ただ、大前提、アクションで魚を騙せない場合、しっかりできていない場合は、フィッシュローラーは強い味方になると思います。

僕自身は苦手なので、非常に助かっています(笑)

フィッシュローラーのフックサイズは?

フィッシュローラーのフックサイズについてですが、ホバストであれば専用。

ミドストもジグヘッドを使用するのですが、どんなサイズを選んで良いのかわからない人も多いかと思います。

それぞれ、おすすめを紹介していきます。

ホバスト(ホバーストローリング)のフックサイズ・おすすめ)

ホバストで使用する場合は、ホバーショットの3番が推奨されています。

僕は2番を使用しましたが、問題なく使用できました。フッキングもしっかり決まったので、もしお持ちでない場合は代用しても大きく問題はないかなと思います。

ホバーショットでなくても、使用できると思います。

おそらく、公式のYouTubeでもホバーショット3番が紹介されていたので、もともと品薄ですが、さらに入手は困難になると思います。

ミドスト(ミッドストローリング)のフックサイズ・おすすめ)

ミドストですが、同じく番手は3番で問題ないかと思います。

リューギのヴェスパが個人的には好きなんですが、こちらも入手困難な状態にあります。

マジックヘッドなど、こちらも細かい部分は変わってきますが、お好みのジグヘッドを選択していただけて問題ないかなと思います。

結構重要なのは、重さですね。

次で紹介していきます。


ホバストのネイル・ジグヘッドのおすすめ

ホバストを使用する上では、ネイルシンカーをフィッシュローラーの鼻先・断面の所にねじ込んであげればオッケーです。

ただ、重さとしては、0.3g~0.6gを推奨されています。

色々使ってみましたが、あえて1g程度を乗せても、破綻せず扱えるボディー設計になっています。

ホバーの加減が弱くなりますが、全然使い物にならないということはないです。

ジグヘッドに関しては、個人的に0.9gもしくは1.8gぐらいが非常に良かったですね。

重すぎると、ロールの幅が大きくなりすぎるので、深いレンジを狙いたい場合に関してはありですが、ミドストというより、ダウンショット・ヘビダンなどが妥当かなと思いました。

ただ、ミドストはそもそもローリングがやりやすいため、フィッシュローラーの「ストのやりやすさ」を若干阻害するように思います。

なので、ホバストで扱ってあげるのが、やはり一番良いですね。

まとめ

今回はフィッシュローラーのフックサイズは?ホバストのネイル・ジグヘッドのおすすめなんかを紹介していきました。

個人的に待望のフィッシュローラーでしたが、期待通りというか、僕みたいにホバストが苦手。もしくは精度を上げたい人には非常におすすめのワームです。

是非、店頭で見つけた際は手にしてもらって、今まで獲れなかったビッグバスを捕獲して欲しいですね!

↓動画で確認してみてください!^ ^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30代男性。 2児のパパとして釣り三昧の日々を送る。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、子供と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!