ファットイカの使い方教えます!!アクションの仕方・おすすめカラーも紹介します!!




ゲーリーヤマモトのファットイカ。

通称・イカと呼ばれ、釣れるワームとして有名です。
高比重のワームなので、よく飛んで初心者でも投げやすいワームです。

しかし、使い方やフックサイズ・タックルセッティングを知らないと、せっかくの釣れる性能をダメにしてしまう可能性があります。

今回はそんなファットイカの性能を最大限に発揮するための道具を紹介していきます。更に、

  • バックスライドするようにセッティングする方法
  • もっと釣れるようになるためのチューニング方法
  • おすすめカラー

も紹介していきます。

それでは、早速参りましょう。

スポンサーリンク

ファットイカとは?(種類)

現在発売されいるファットイカの種類は3種類。

  • ファットイカ(ノーマル)
  • ファトイカ(ヘビーカバー)
  • ベビーファットイカ(フィネス)

大中小のイメージです。

おすすめのタックルや使い方について紹介して行く前に、まずは、ファットイカの特性について説明していきます。

基本的には、ノーシンカー(針のみ)で使うワームです。

高比重なワームで、ワームの成分に多くの塩が含まれています。
よって、通常のファットイカの重量は、約11g前後。

かなり、重いのでシンカー(重り)を使用しなくても、よく飛んでくれて、更に、沈んでくれます。
実際の使っていると、操作感がしっかり手元まで伝わってくるので、ノーシンカーなのに使いやすいです。

ベビーファットイカという、小さいサイズもありますが、基本的には一緒と考えてもらって良いと思います。

まず、特性を生かした釣り方を紹介していきます。

おすすめの使い方・アクション

先ほど紹介した、ファットイカの特性を頭に入れておいて、おすすめの釣り方を紹介していきましょう。

  • カバーの奥へバックスライドで送り込む
  • ズル引き

この2通りの使い方が特におすすめ。
巻いて、泳がせて使うルアーではないです。

それぞれの使い方を詳しく説明していきます。

バックスライド

バックスライドとは、着水してから水底へまっすぐ落ちて行くのではなく、後ろへ下がって行くようにスライドしながら、落ちていく事です。

要するの、

  • もっと奥の方へ投げ入れたいけど、キャストに自信がない。
  • 護岸の下がエグれているけど、送り込めない。

などなど、着水した場所より、奥を狙いたい場合に有効なアプローチ。

着水した所より、ワーム自体が奥へと入ってくれます。

どのワームでもバックスライドができる訳ではありません。
代表的なバックスライドワームとして使用できるのが、ファットイカなんです。

バックスライド注意点

バックスライドさせる注意点は、ラインを引っ張らない事。

着水したら、糸を出してあげるなどして、テンションをかけないようにしましょう。
ワーム自体の自然な動きを生かしてあげましょう。

バックスライドセッティング方法(フックの刺し方)

ファットイカをバックスライドセッティングにするのは、非常に簡単です。

針をモジャモジャしたスカートの方から刺すだけ。

こんな感じです。

この時注意する点があります。
ワームをしっかり、針と平行になるように刺してください。

ワーム本体が曲がってしまうと上手くバックスライドしてくれない事があります。

ズル引き

次にズル引きがおすすめです。

ズル引きとは名前の通り、着底させてズルズルと底を引いてくる方法です。

だったら、どんなワームでも良いんじゃないの?

と思いがちですが、ファットイカがおすすめなんです。

理由としては、
高比重なため、ボトムの感触や引いている感覚がわかりやすいです。
更に、ズル引いて止めた時に、スカート部分がヒラヒラとアピールしてくれます。

ズル引きのセッティング方法(フックの刺し方)

ズル引きが、バックスライドとは針の刺す方法が逆です。

こんな感じです。

バックスライド同様で、ワーム本体が曲がらないように気をつけましょう。

ズル引きの注意点

ズル引きは案外、初心者には難しい事があります。

なので、初心者にもわかるように手順を紹介します。

  1. まず、投げて、着底するまで待ちます。
    この時、水面に垂れている糸を見るとわかりやすいです。
    スーッと動いていると、まだ着底していません。
    動かなくなったら、着底の証拠です。
  2. 着底が確認できたら、ズル引いていきます。
    この時、ラインを張りすぎないように注意しましょう。
    水面から出ている、ラインが少し弛んでいるくらいがベスト。
    ラインを張ってしまうと、知らぬ間に浮いてしまっていて、底を離れてしまいます。
    更に、糸を巻き取って引いていくのではなく、竿をゆっくり動かして引いて行く方が確実です。
    リールの巻く力は案外強いので、浮いてしまう可能性が高いです。
  3. ズル引いて行くと、底に物がある場合、感触が手元に伝わってくるはずです。何も当たらない場所でのズル引きは効率が悪いので、あまりおすすめしません。物に当たったら、止めてあげたり、シェイクしてみたりしましょう。バスがいる可能性が高いです。

ズル引きは、冬場やバスの活性が低い時に、非常に有効になる釣り方です。

「全く釣れない!!」なんて時に試してみてください。

スポンサーリンク

おすすめタックルセッティング

それでは、ファットイカにおすすめのタックルを紹介します。

  • ロッド
  • リール
  • ライン

を紹介します。

ロッド

ロッド(竿)です。表記としては、MH〜Hくらいがおすすめです。
カバーを打っていく事もあるので、ある程度のパワーが必要になります。
➡︎ロッド表記のついての記事はこちら

➡︎➡︎その他のおすすめ打ち物ロッドに関する詳しい記事はこちら!

リール

リールは手返しの良さを重視したいので、ハイギアのリールがおすすめ。➡︎ギア比に関する記事はこちら

針(フックサイズ)

針については、二種類おすすめがあります。

刺さり重視の物であれば、リュウギ インフィニの4/0がおすすめ。

ワームの持ちを重視するなら、カルティバ ツイストロックの4/0か5/0がおすすめ。

ファットイカは打ち物用のタックルがおすすめ

ファットイカのような高比重ワームは、ラバージグやテキサスリグで使用するような、打ち物用のタックルがおすすめ。

打ち物用のタックルのおすすめや詳しい解説記事はこちら。

ライン

フロロカーボンの14〜20lbがおすすめ。
➡︎ラインについてのおすすめ記事はこちら

奥田学プロはスピニングで使う!?

シグナル・シマノのプロスタッフの奥田学プロ。
ルアーマガジンの人気企画「陸王」で活躍され、ファットイカを多用しし、「イカ男」の異名も持つほどの使い手。

使い方は、ロングシューティング。

ロングロッドのスピニングタックルに、PEを巻いて、大遠投することで誰も狙えない所に送り込んでいます。

その時のロッドがこちら。

この竿を使って、ロングシューティングしてみてはいかがでしょうか?

ネイルシンカーを入れて使う

もっと飛ばしたい時はネイルシンカーを入れると良いでしょう。

奥田学ぶプロも使うことがあります!

しかし、バックスライドセッティングの場合はスライドする幅が短くななり、フォールも速くなるので、ゆっくり誘いたい場合はおすすめしません。

おすすめチューニング方法(切り込み方)

ここでは、おすすめのチューニング方法を紹介します。

スカートのバリ部分を切る

最初、購入した状態では、スカート部分の開き方が不十分なんです。

中央の部分がくっついています。
この部分をハサミでできるだけ、切って分離させてやると、

少し、開いたのがわかりますか?

水中ではもっと開いてくれるんです。
通常より、かなりスカートが広がってくれるので、アピール力がアップします。

バックスライド力を高める

通常のスカートの量では、バックスライドする時に、水の抵抗を受けてしまうので、スライド幅がそこまで大きくありません。

よって、スカートの数を減らしましょう!!

極端にこれぐらい減らしても構いません。

アピール力が少し下がりますが、バックスライド力は向上します。

用途に分けて、いくつかのチューニングした、ファットイカを持っていると状況に合わせる事ができると思います。

おすすめ神カラーチャート

おすすめ神カラー紹介します!

  • 黒系
  • クリア系

の2種類あれば問題ないでしょう。
濁っていれば、黒。
通常か水が綺麗なら、クリア系。

水質によって使い分けてください。

黒系

クリア系

 

琵琶湖でも使える?

マザーレイク琵琶湖でもファットイカは通用するのでしょうか?

どうしても大味の釣りになってしまいがちですが、ファットイカはどのフィールドでも活躍します。

特に、陸っぱりにおいては、カバーを打っていくのにおすすめ。

根掛りしにくいため、手際よく探って行くことができます。

さらに、遠投もできるので、遠くのカバーにも送り込むことができます。

是非、使ってみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ファットイカの使い方を紹介しました。

正直、見た目的には釣れそうには見えない形状ですが、
ちゃんとした使い方をすれば、

オールシーズン使える万能ワームになります。

是非、この記事を参考にしてみてくださいね!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!