ドライブシャッド(OSP)の使い方・釣れるおすすめリグ(付け方)紹介します!




ルアーメーカーのOSP社のドライブシリーズから発売されている、シャッドテールワーム、ドライブシャッド。

発売から数年経過しているものの、全国のフィールドでマストルアーとして釣果を叩き出しています。

シャッドテールワームなので、単純に巻いて使うだけで泳いでくれて、釣ることが可能です。

シャッドテールワーム・スイムベイトに関する詳しい解説記事はこちら。

しかし、ドライブシャッドには通常のシャッドテールにはできないアクションも存在します。

今回は、そんなドライブシャッドの性能を最大限に発揮するためのリグ(付け方)アクション方法やタックルセッティングなど紹介します。

それでは、早速参りましょう。

スポンサーリンク

ドライブシャッドの使い方(シャッドテール性能)

OSP ドライブシャッドの使い方・性能について紹介します。

上記にあるように、ドライブシャッドは

  • 3.5インチ
  • 4.5インチ
  • 6インチ

の3サイズになります。どれもアクションは変わりませんが、重さなどは違います。

どのサイズも冒頭でも紹介したように、テールがブーツのような形をしており、巻いて使用すると、水流を受けて、左右にパタパタと水をかき回すように動いてアピールをします。

基本的には、アピール力の比較的強めのルアーになります。

スピナーベイトのよりは弱いけど、クランクベイトより強いイメージです。

➡︎➡︎スピナーベイトに関する記事はこちら。

➡︎➡︎クランクベイトに関する記事はこちら。

バスの活性が高い時、水温が安定して、広範囲にバスが散ってしまう秋などに探していくルアーとしてもおすすめです。

ドライブシャッドのインプレ

使ってみた感想としては、激しく動きすぎず平均的なシャッドテールの動きをしてくれます。

ですが、小刻みに頭も振り、より生きているような動きを出すことが可能です。

また、ボディーにボリュームがあるため、ノーシンカーであっても飛距離を出せるだけでなく、スキッピングが簡単にできるので、カバーの奥深くへ送り込むこともできます。

汎用性が高く、使い勝手は良いです。針持ちも比較的良いため経済的なこともメリットの一つ。

ただ巻きで釣れる

初心者でも巻きスピードを選ばずに簡単に釣れるアクションが出せるのがドライブシャッドの魅力の一つです。

しかし、もっと釣れるようになるためには、巻き方を意識することでバスに見切られる確率を減らすことができます。

意識するのは、レンジを意識しましょう。

おすすめは表層付近。バスが見上げた際に見切られにくいと言われています。

また、ワームから竿先までのラインを張りすぎず、たるみすぎないのが最も、ワームが自発的に違和感少なく泳いでくれます。
意識して、巻いてみましょう。

ウィードレス性能に優れている

基本的なフック選びとしては、オフセットフックを使用します。

ドライブシャッドはボディーにスリットが入っているので、針先を隠すことが簡単です。針を隠した部分がちぎれても、針を隠すようにちぎれやすくなっています。

よって、根掛りが通常のルアーに比べて格段に軽減することができます。
よりタイトにストラクチャー(障害物)を攻めることができます。

トレブルフック(通常のルアーに付いている3本針)が付いているスイムベイトでは根掛りが恐い場所でも恐れず投げることができます。

フリーフォール中にもアピールできる

大半のシャッドテールワームはストレートに巻いている最中はしっかりテールが動いてアピールをし続けてくれます。

よって、止めて誘うことはできません。

しかし、ドライブシャッドはフリーフォール(ラインを巻かず、止めて放置する状態)させると、テールを自発的に動かしなら沈んでいきます。

フォール中にもアピールをして誘い出すことができます。

  • 狙いたいピンポイントにフォールさせて誘う。
  • 追いきれないバスに食わせる間を与える。

など、自由自在に釣り人の使い方次第で誘い方を変えることができます。

トップウォーターとして使える(バジング)

通常シャッドテールは巻くスピードやレンジを釣り人が調整することが可能です。

ドライブシャッドも同様ですが、特におすすめな使い方としては、バジングです。

バジングとは、水面にワームが出るくらいのスピードで巻いて上げることで、テール部分が水面を揺らしたり音を出して使う方法です。

ドライブシャッドは、「ポコポコ」と良い音を出してくれます。

さらに、水面を使うことで、プレッシャーがかかっていたり、口を使いにくいバスを騙すのにもおすすめです。
アオコが出ていたり、水面に木の葉などがある場合にも強くなります。

ただ巻き・フリーフォールで釣れない時に、バジングしてみるなど、ローテーションしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

ドライブシャッドに必要なもの(タックル・フック)

以上で性能と使い方については理解していただいたと思います。

しかし、ドライブシャッドだけ購入しても、タックルや針のセッティングを適当にすると、ドライブシャッドの性能を発揮することができません。

それぞれ、紹介していきましょう。

ドライブシャッドのおすすめフック(針の付け方)

ドライブシャッドのサイズに合わせておすすめフックを紹介します。

基本的に、オフセットフックを使用します。

3.5インチのおすすめフック(針)

4.5インチのおすすめフック(針)

6インチのおすすめフック(針)

以上がそれぞれのサイズのおすすめになります。
参考にしてみてください。

基本的にはフックのみのセッティングになるノーシンカーがおすすめ。泳ぎがナチュラルになるので推奨します。

ドライブシャッドのテキサスリグ(冬におすすめ)

先ほど紹介したオフセットフックを使用した、テキサスリグもおすすめ。

あまり重いシンカーを使用すると、ドライブシャッドの動きが悪くなるため、軽めのものを使用しましょう。(上記参照)

ドライブシャッドのテキサスリグでは以下のメリットが生まれます。

  • ストラクチャーのすり抜けの良さが向上
  • 中層・ボトム(底)のレンジキープ力
  • カバーにも打ち込める

重りがあるため、フォールが速くなることを生かして、

リフト&フォールもおすすめ。

竿を上げて、フリーフォールさせるさせる作業を繰り返しましょう。冬場の動けないバスにもリアクション効果があります。

さらに、水温が安定するボトムを舐めるように引いてくることも可能になります。

よって、冬におすすめなんです。

ドライブシャッドのネイルシンカー

ドライブシャッドのちょうどお腹の部分に針と平行にネイルシンカーを入れて上げると、フォール時の姿勢や、泳ぎの幅など、微調整をすることが可能になります。

ちょっとした変化かもしれませんが、少しの差でバスが急に口を使い始めることもよくありますので、おすすめ。
3.5インチであれば、1g以下。
4.5インチ〜は色々試してみてください。

  • 尻尾側に入れるとよりタイトな動きになり、フォールスピードが遅くなります。
  • 頭側に入れると動きが激しくなり、フォールスピードはより速くなり垂直に落ちます。

状況に応じて使い分けましょう。

ドライブシャッドのウエイテッド(重り付き)フック

針に重りが搭載されいる針。

テキサスリグより、根掛り回避力は下がるが、レンジコントロール能力は向上します。
さらに、泳ぎも乱れが少なくなり、安定した泳ぎになります。

ラバージグ・チャターベイト・スコーンリグのトレーラーにおすすめ

ラバージグやチャターベイトのように太軸の針が一本ついているものに、プラスしてトレーラーワームとしてドライブシャッドは非常におすすめ。

スピナーベイトやバズベイト、更にアラバマリグにも対応しています。
基本的なトレーラーとして、どのルアーにも使用可能です。

巻いて使っても良し、自発フォールさせても良し、ドライブシャッドの汎用性が生きてきます。

是非試してみてください。

➡︎➡︎スコーンリグに関する記事はこちら。

ドライブシャッドのおすすめタックル(重さに合わせたタックル選び)

ドライブシャッドはサイズによって、タックルシステムを変えることをおすすめします。それぞれ紹介していきます。

ドライブシャッド3.5インチのタックル

3.5インチは重量としては7g前後になります。

よって、通常のベイトキャスティングタックルでは、キャストがしにくい重量になります。

よって、スピニングタックルか、ベイトフィネスタックルを推奨します。

➡︎➡︎ベイトフィネスのおすすめタックルに関する記事はこちら。

ドライブシャッド4.5インチのタックル

4.5インチの重量は約16g前後になります。

ベイトタックルでも難なく遠投が可能になりますので、ベイトタックルを使用しましょう。

おすすめなのは、巻物タックル。

➡︎➡︎おすすめ巻物タックルに関する記事はこちら。

ラインはフロロカーボンの12〜16lbがおすすめ。

➡︎➡︎おすすめフロロカーボンに関する記事はこちら。

ドライブシャッド6インチのタックル

6インチの重量は約25g前後になります。

かなり重めのルアーになってきます。
巻物タックルでも使えますが、表記としてはMH(ミディアムヘビー)以上がおすすめ。

リールは巻物用で紹介しているものを参考にしてください。
追記して、ロッドはスイムベイトに特化したものもおすすめです。

こちらがおすすめ。スイムベイトやビックベイト、大型のシャッドテールワームなら間違いなしの一本。

ドライブシャッドのおすすめカラー

ドライブシャッドのおすすめカラーは水質によってチョイスしましょう。

濁った時には黒系はマストカラー。

個人的にその他の水質は好みで良いと思います。
違うおすすめも紹介しておきます。

ドライブシャッドはシーバスでも使える?

ドライブシャッドはシーバスでも使えます。

釣果情報もなんども聞いたことがあります。
通常のバイブレーションやミノーなどが効かない時に効果を発揮してくれます。

6インチなど大型のシーバスを狙うことが可能なので、是非使ってみてくださいね。

ドライブシャッドのチューニング(バネチューン)

ドライブシャッドに限らず、上記で推奨しているオフセットフックを使っていると、頭の部分から裂けてしまい、すぐに使いものにならないケースがよくあります。

昔からある手法としては、ライターで炙ってくっつける方法もありますが、昔のワームに比べ素材も変わって来ているので、持っても数投でダメになることも多いです。

本数も大量に入っている訳でもないので、あっという間にどれも裂けてしまい、泣く泣く釣具屋へ買い足しにいく人も少なくないと思います。

そこで、ドライブシャッドにあるパーツを使用してチューニングしてやることで、数倍も長持ちするようになります。

通称「バネチューン」と呼ばれています。
他のオフセットを使用するワームにも応用できるので、参考にしてみてくださいね。

バネを頭に入れる

デコイから発売されている、ワームホルダー。
専用のバネが発売されています。必要な長さに応じて、ニッパーで切り落としてください。

こちらのバネをドライブシャッドの頭の部分に入れてやり、フックを刺してやると、バネで補強されているので、強度がアップし身切れしにくくなります。

入れる方向は、先端からではなく、頭頂部分から顎に向かって、ねじ込んでください。

あとは、余分なバネを切って完了です。
誰でもできる簡単作業ですので、おすすめです。
お試しください!

身切れしたドライブシャッドを復活させる

身切れしてしまったワームは使えなくなってしまい、大半は捨てるか、もったいないからとりあえず保管しておく人、トレーラーに使う人、様々だと思います。

私自身も多様している、身切れしたワームを補修してくれるおすすめのツールを紹介します。

Fix a lureと呼ばれるワーム専用補修剤です。

使い方は接着剤のように裂けている部分に塗布し、くっつけます。
あとは、表面も塗ることで補強・補修することができます。

あとはしっかり乾くまで待てば完成です。

先ほどのバネチューンとの合わせ技で、使えなくなったワームをより強度の高いワームに進化させてみてはいかがでしょうか?

是非、お試しください!

ドライブシャッドのおすすめ動画

ドライブシャッドの魅力が伝わったでしょうか?
最もわかりやすくドライブシャッドの使い方や魅力を教えてくれる動画があります。元OSPプロスタッフの川村光太郞プロの実釣動画になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ドライブシャッドは初心者でも上級者でも幅広く使えるワームだと思います。
巻くだけでなく、様々な工夫をすることでさらに釣果を上げることができます。

是非、参考にしてみてください。

関連記事(スイムベイトについて)

ドライブシャッドを含む、スイムベイトに関する詳しい記事はこちら!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!