ブルフラットの使い方紹介!セッティングやインプレも!入荷・通販は?




ブルフラットという、ワームをご存知でしょうか??

ルアーメーカー・デプス社が発売している、ブルーギル系ワームです。

また、人気ワームで、入荷も少なく、通販でも手に入りにくいワームです。それ故なのか、全国各地のフィールドで爆発的な釣果を叩き出しているワーム。

しかし、ただ投げるだけで釣れるワームではありません。

様々なリグ(仕掛け)・フック選び・シンカー(重り)選びが重要になってきます。テキサスリグが有名ですが、それだけではありません。
ワームのサイズも、3インチ・3.8インチなど、何種類かあります。

昨年、青木大介プロが遠賀川にて、ブルフラットのノーシンカーで圧倒的な釣果を出していました。

今回はそんな、ブルフラットの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

デプス ブルフラット・インプレ

ブルフラットはあらゆるリグで使用でき、汎用性が高いワームです。

更に、ブルーギル系ワームですが、ギルを食べていないバスにも効果的。

他のルアー・ワームが通用しない時に釣れるワームだと思います。

それでは、解説に入ります。

ブルフラットの特徴を生かす(アクション)

ブルフラットの特徴を生かせば、必殺のルアーになります。

  • フォールの特徴

落ちていく時に、最も力を発揮すると言っても過言ではないでしょう。

特徴を殺してしまうリグにしてしまうと、全く釣れないワームになってしまいます。

それでは、特徴を生かすためのリグ・使い方を紹介していきます。

ブルフラットのセッティング

フォールの特性

ブルフラットが着水してから、水底へ沈んでいく時に、バスに最大限にアピールする事ができます。

リグによって、フォールの仕方も変わってきますので、それぞれ解説してきます。

ライトテキサスリグ

ブルフラットのリグとして、最もポピュラーなのが、テキサスリグ。

よって、シンカー(重り)を重くしすぎると、ストン!と落ちてしまうので、できる限り軽くするようにしましょう。

おすすめのウエイトは5g前後。

狙っている場所が、縦ストラクチャー(杭や橋脚のした、水底まで、縦に障害物があるもの)の場合テキサスリグが強くなります。

着底してからのアクションもしっかりテールやボディーが重りの反動で動いてくれます。

シンカーのペグ止めは必要??

テキサスのシンカーを固定するために使う、ゴムストッパー。
セッティングする際はシンカーの前側(リール側)に最初にラインを通して、固定します。
全て装着すれば良い訳ではありません。

より狙う場所にタイトに落としたい場合はペグ止めを使用。
先にシンカーが着底して、タイムラグでブルフラットの自然なフォールを出したい場合はペグを使用しない。

用途によって、使い分けましょう。
さらに、どちらの利点も生かしたい場合は、ペグ止めを使用して、シンカーとの間に10cm程広げてあげると、中間的な使い方ができます。
個人的には、こちらがおすすめです。

色々、試してみてください。

テキサスリグの作り方の詳しい解説・他のおすすめワームに関する詳しい記事はこちら。

シンカー付きの針

針に重りが搭載されているタイプです。

重りがワームの下に付いているため、水面と平行に近い状態で落ちてくれます。

よって、ワーム自体が水の抵抗を受けるため、ゆっくりフォールしてくれるので、より長くアピールをする事ができます。

テキサスリグに比べて、ストラクチャー(障害物)にタイトに攻めにくいですが、浮いているバスを狙えます。

ネイルリグ

針はテキサス用と同じものがおすすめ。

ブルフラットのボディー部分にネイルシンカーを入れるリグ。

重り付きの針と同様で、ワーム自体が自然と泳いでくれます。
ネイルシンカーを入れる場所は、色々試してみてください。

中心に入れてみたり、テール側に入れてみたり。

フォールの仕方が全然変わってきます。

ネイルシンカーを使ったネコリグに関する詳しい解説記事はこちら。

ノーシンカー(青木大介プロ)

2015年のルアーマガジン人気企画「陸王」の夏の遠賀川にて、青木大介プロがノーシンカーで使い、2日で14kgを釣り上げたウイニングルアー。

重りを搭載しない、針のみのセッティング。

先ほど紹介した、リグでは出せないフォールをします。
木の葉が散ったように、ヒラヒラと落ちていきます。

重りがないので、どこを泳いでいるのかわかりにくく、操作感が悪いのがデメリット。

ですが、最も食わせには特化したリグだと思います。

ラバージグのトレーラー

ラバージグのトレーラー(ワーム)としてもおすすめです。

ラバーのスカート+ブルフラットの扁平ボディー

により、かなりボリュームあるシルエットになります。
よって、濁っている時などにおすすめ。

カバーにも強いので、場所を選ばず使えます。

ラバージグのトレーラーなどに関する詳しい解説記事はこちら

スポンサーリンク

スパイラルフォールを強化

今まで紹介した使い方では、テールが微振動しながら落ちていきます。このフォールの仕方だけで、十分に釣れると思います。

しかし、ちょっと工夫することで、更に釣果をあげる事ができます。

それは、スパイラルフォールをさせる事です。

スパイラルフォールとは

スパイラルフォールは渦を巻くように落ちていく事です。
普通のワームでは起こすのは難しいです。

利点としては、広範囲に時間を掛けてフォールしてくれるので、よりバスにアピールをする事ができます。

通常のセッティングでは、起きにくいです。

スパイラルフォールを起こしやすくするには?

誰でも簡単にできるセッティングです。

針を少し傾けて刺すだけです。

こんな感じです。

これだけで、かなりスパイラルしてくれます。

スパイラルフォールは冬に効く

通常にフォールと違い、スパイラルフォールすることによって、広範囲にアピールすることができます。

よって、冬場に動けなくなってしまったバスに対して、ピンポイントで狙うフォールよりも効果的です。

是非、試してみてください!!

ブルフラットのおすすめサイズ

左から、3インチ・3.8インチ・4.8インチ。

個人的には、ブルフラットは3.8インチがスタンダードなので、おすすめ。

水質が濁っている場合は、4.8インチでも良いでしょう。
更に大きいサイズもありますが、使いにくいので、あまりおすすめしません。

最も小さいサイズの3インチはダウンショットリグでおすすめです。

ブルフラット2インチが追加発売!使い方について

ブルフラットに3インチよりさらに小さい、2インチが2018年に発売予定!

用途としては、ダウンショットリグなど、食わせに特化した使い方が有効になるのではないかと言われています。

ノーシンカーでは多少扱いにくいのではないかと思いますが、非常に期待できるサイズではないかと思います。

ブルフラットのタックル

ブルフラットのおすすめタックルを紹介します。
打ち物に使うタックルを選びましょう。

➡︎➡︎打ち物用のタックルに関する記事はこちら!

ブルフラットの通販・入荷情報(amazonや楽天は?)

冒頭で手に入るのは、4.8インチのみ。
他のサイズもなかなか手に入りにくいです。

そもそも、ブルフラット売ってないじゃん!!

って言う人も多いと思います。
どうしても欲しい人は釣具屋で予約しましょう。

他にもギル系ワームは多数存在します。

以下がおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はデプス ブルフラットの使い方など紹介していきました。

私自身、かなり信頼して使っているワームで、実績もあります。

是非、使い方をマスターしてくださいね。
強力な手駒になると思います!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!