ブルーギルは食べることができる?調理方法紹介!寄生虫は大丈夫??




ブラックバスに次いで、有名な淡水魚、ブルーギル。
日本各地でも、大量に生息していますよね。

このブルーギルは食べることが可能なんでしょうか?
また、最近流行りの寄生虫がいたら不安ですよね。

淡水魚特有の匂いを取ることができるのでしょうか?

今回は、そんな初心者でもできるブルーギルの下処理や調理方法・レシピを紹介します。

魚を美味しくいただく、刺身や天ぷらにはできるのでしょうか?

それでは、早速紹介していきましょう!!

スポンサーリンク

ブルーギルは美味しくいただけます!!

ブルーギルはブラックバス同様に美味しくいただけるんです。

ブラックバスの食べ方については、こちらの記事で!

塩焼きにすると一夜干しのカレイのような味がするんです。
味は淡白で、例えるなら、鱈(タラ)のような味がします。

中国では食用として重宝されており、環境の変化に強く、病気にもなりにくいため、養殖が盛んに行われています。
スーパーマーケットや市場で普通に見かける程、ポピュラーな食用魚として有名です。

小骨が少し多いですが、十分食べれる味だと思います。

それでは、注意点や調理方法について紹介しましょう。

寄生虫はいるの?

寄生虫は存在します。

特に、淡水魚には多く存在しています。
ですが、そもそもどんな魚にも寄生虫は存在していますので、処理方法を徹底すれば問題ありません。

刺身(生)で食べるのはやめましょう!

しかし、万が一のこともあるので、
刺身のような、生で食べることはやめましょう。
海の魚でも、寄生虫による被害があるため、要注意です。

調達

ブルーギルは、野池や河川など淡水域なら大概生息しています。

網で掬い上げようとするのは、難しいため、釣り上げた方が速いです。

ブルーギルの釣り方についての記事はこちら。

下処理方法(さばき方)

それでは、下処理の方法について解説していきます。
こちらは、初心者でもやりやすいようになっています。

  1. 熱湯を魚体の裏表にかける。
    これをすることで、魚の表面についている生臭さを取り除くことができます。ヒレの表面と鱗の間のタンパク質が白くなります。
  2. 水で流しながら、鱗を取る。
    水で流しながら、鱗を逆撫ですると、指先で鱗をむしり取る取ることができます。
    この時、注意するのは、ヒレの尖った針で怪我をしないように注意しましょう。
    もし、取ることが難しい場合は、大きめのハサミ(剪定ばさみなど)で取り除きましょう。
  3. 内臓を取り出す。
    肛門部からエラにかけて切り、内臓を全て取り出します。
    包丁などで難しい場合は、先ほど使用したハサミを使うと簡単できます。
  4. 綺麗な水で洗い流す。
    内臓を取り出したあとは、水道水などの綺麗な水で、十分に洗い流してください。

以上で、下処理は完了になります。
これなら、初心者でも簡単にできます。

ブルーギルは泥抜きが必要ない?

ブラックバスやブルーギルは鯉とは違い、泥や砂を口に入れる習慣がないので、泥抜きをする必要はありません。

上記の下処理を徹底すれば、臭みも最小限に抑えることができます。

スポンサーリンク

おすすめレシピ(天ぷら・唐揚げ)

ブルーギルのおすすめの調理方法を紹介します。

  • ブルーギルの南蛮漬け
  • ブルーギルの煮付け
  • ブルーギルの天ぷら
  • ブルーギルのソテー

先ほども紹介したように、鱈(タラ)に食感は似ているため、鱈の代用品として、調理することをおすすめします。

ブルーギルの調理方法

淡白な白身魚ということで、ブラックバスと同様の調理方法もおすすめ。

ブラックバスの調理方法に関してはこちらの記事にて。

ちなみに、ブルーギルの調理本もあります!

是非、こちらも参考にしてみてください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ブルーギルは普通に食べることができ、調理方法次第で、美味しくいただけます。

どうしても、「生臭さ」「淡水は汚れている」
というイメージが強いため、食用としては嫌われがちなブルーギル。

ですが、少しイメージが変わったのではないでしょうか?

是非、調理して食べてみてください!!

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!