ブラックバスのエサ釣りのおすすめ教えます!!あんな餌が釣れる!?




ブラックバスをエサを使って、釣ったことがある人がいますか??

基本的なバスフィシングにおいて、生きたエサを使用するのは邪道だと思います。

なぜ、エサを使わないのか?
簡単に釣れてしまうからです。

疑似餌(ルアー)を使用し、試行錯誤して、釣り上げることに楽しみがあるので、エサは使わないのがバスフィッシングの基本。

でも、

バスに触りたい!どうしても釣り上げたい!

という方のために、ブラックバスのエサ・仕掛けについて解説していきます。
それでは早速参りましょう。

スポンサーリンク

生きているエサがおすすめ

ルアー釣りをする際も、結局は生きているように動かして、ブラックバスを誘い出すのが基本です。

そもそも、エビや虫、小魚といった「生きたエサ」を捕食して生活しています。

それに合わせてやればいいのです。
ブラックバスも頭は良い魚なので、死んだエサは食べません。
私たちもできるだけ、新鮮なものが美味しいですよね。

よって、生きたエサを選んであげましょう。

おすすめエサを紹介します。

ミミズ

みなさんご存知のミミズです。

現地で土の中を掘り返して、手に入れるのが一番コストはかかりません。
もちろん、釣具屋でも購入できますので、お金を出せば簡単に手に入れることができます。
ミミズの良さは動きが魅力的。

水の中に入れると、グニャグニャと自動的に動いてくます。
ブラックバスが近くにいれば、一撃です。

シラサエビ

ここでのエビはシラサエビ。
ブラックバスには最も釣れやすいエビです。
現地では、調達するのは中々難しいです。

こちらは釣具屋で購入しましょう。
水中に泳がせると、
俊敏に動き回るため、食い気がないバスにもスイッチを入れることができます。

ミミズで反応が悪い時におすすめ。

ザリガニ

野池などでは、調達するのが難しいですが、小川は近所の用水路などで捕まえることができます。

タコ糸でハサミのところに巻きつけて、針を体の部分に結びしょう。

勝手に泳いでくれるので、待つだけ。
狙わなくても、釣ることができます。
動かなくなったら、引き上げて、バスのいそうな場所へ投げてを繰り返すと効率が良いでしょう。

バスの稚魚

先ほど紹介した、ミミズやエビで釣れた、10cm程のブラックバスをエサとして使用します。
背びれに針を刺して、こちらも自由に泳がせます。

ビックバスが捕獲してくれるのを待ちましょう。

ブルーギル

バスの稚魚と同様で、釣れたブルーギルをエサとして使用します。

針の刺す場所は、背びれ。

ブラックバスの稚魚に比べ、泳ぎが遅いため、バスへのアピールはブルーギルの方が強いと感じます。

琵琶湖の世界記録バスはエサ釣り!?(ポイント)

ちなみに、このブルーギルを使った釣り方で琵琶湖では世界記録のバスが釣れています。

実績のある活きエサ釣りです。

ちなみに、釣れた場ポイントはは琵琶湖大橋付近です。

もしかしたら、ブルーギルで世界記録サイズのブラックバスが釣れるかもしれません。

昆虫

昆虫をエサとして使用します。
選ぶ昆虫は水に浮いてくれる昆虫がおすすめ。

バッタや蝉などが浮きやすいです。

水面に落ちた落下昆虫を演出。
バタバタするので、バスも思わず口を使います。

スポンサーリンク

仕掛け・タックル

おすすめの活きえさを紹介しましたが、仕掛けはどんなものが良いのでしょう??
比較的、軽いものを投げることが多いので、

スピニングリールの使用をおすすめします。

通常のバスタックルで問題ないでしょう。
浮きを使用する人いますが、
基本的には、
エサを沈めずに見えるバスを狙ってみたり、
確実なポイントに投げて、活きエサ本来の動きを出せる仕掛けがおすすめ。

よって、重りを使用するのは動きが出にくくなるので、やめましょう。

ウキを使ったバス釣り用の仕掛け

餌でブラックバスを釣るための仕掛けも市販されています。

簡単に仕掛けがセットできるのでおすすめです。

パワーイソメ(市販のおすすめ)

市販で海釣り用などで販売しているエサにも多数種類があります。

基本的には、どんなエサでも問題はないのですが、ブラックバスに効果的なエサがあるんです。

それは、集魚性もあるパワーイソメ。

是非、試してみてくださいね!!

ブラックバスの餌にパン

このウキを使った仕掛けを使えば、生きていない餌でも釣れる可能性があります。

➡︎➡︎食パンなど、釣り餌の代用になるものを紹介している記事はこちら。

オキアミでブラックバスは釣れる?

冷凍してある、オキアミ。

生きていない、死んでいるエサです。
海釣りにおいては効果的ですが、ブラックバスについては、

釣れないことはないですが、他のエサの方が効果的でしょう。

 

ブラックバスの餌釣りは邪道

個人的には、疑似餌(ルアー)を使用したバスフィシングがおすすめです。

ブラックバスの食性や習慣、季節ごとのパターンなどを理解して釣ることでゲーム性が非常に高く、奥が深いのがバス釣り。

よっぽど魚に触りたい。

小さい子供に釣らせてやりたい。

という方におすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はブラックバスのエサ釣りについて紹介しました。

エサ釣りでは、活きたエサを使用するのがおすすめです。

参考にしてみてください!!

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!