ブラックバスの寿命はどれくらい?成長速度も解説!!琵琶湖には80cmがいる!?




私たちの身近に生息するブラックバス。

淡水域であれば、いないところを探す方が難しいのではないでしょうか?
野池・河川・用水路など様々な場所に生息しています。

大きさも様々で、フィールドによっては60cmを超えるブラックバスも存在します。
スポーツフィッシングとして、人気であるバスフィシング。
普段、釣りをしていて、思うことがありました。

「ブラックバスって、いつまで生きれるんだ??」

今回はそんなブラックバスの寿命について調べてきました!

みなさんの予想はどれくらいですか?

スポンサーリンク

ブラックバスの寿命は10〜20年

ブラックバスの寿命は、約10〜20年くらいだと言われています。

意外とアバウトな数値ですよね?

実際にはよくわかっていないです。

個人的な見解としては、結構長生きするんだなと思いました!
この年数を聞いた時に、そもそも、バスの成長速度はどれくらい何だろう?と思いました。

具体的に掘り下げていきます。

ブラックバスの成長速度

ブラックバスの世界記録をご存知でしょうか?

➡︎➡︎ブラックバスの世界記録についての記事はこちら。

もちろん、私たち人間にも人種や生活によって、成長の速度は違ってきます。

よって、ブラックバスもフィールドや食べている餌の種類によって、成長速度は異なります。

世界記録サイズになると、特別なので、今回は通常の野池などのフィールドを例にあげてみます。

一年で10cm程になる

バスは稚魚の状態は数cmサイズ。

そこから、一年経過すると、ようやく10cm程に成長します。

一年後より成長スピードが変化

一年経過し、10cm程になって来てからは、成長速度が上がります。

一年間で、約3〜5cmずつ成長するようになります。

そして、順調に成長していけば、10年で50cm程になります。
ここまでくれば、もうビックバスですよね。

50cm〜の成長速度

大台の50cmを超えると、成長スピードは低下すると言われています。

ただし、冒頭でも述べたように、ブラクックバスの寿命は20年と言われちます。

一体、どこまで大きくなるのでしょうか?

実際には、詳しくわかっていないのです。
80cm、ハチマルクラスが存在していてもおかしくないですよね。

現在わかっている情報としては、50cmを超えると、長くなるのではなく、体高が広がっていくと言われています。

なので、琵琶湖で釣れた、世界記録バスはマックスサイズ間違いないでしょう。

スポンサーリンク

琵琶湖は別次元!?

世界記録が出ている、日本最大規模の湖・琵琶湖。

多くのデカバスハンターが琵琶湖のビックバスに魅了され、県内外から多くの釣り人が通い詰めています。

そんなデカバスが量産されているのには、理由があるんです。

成長スピードが違う

琵琶湖のブラックバスは成長スピードがはるかに違います。

調査によると、
4年で61cmまで成長したブラックバスが存在するそうです。

通常のフィールドとは次元が違いますよね。
なぜ、そんなに違うのでしょうか?

成長する過程が揃っている

広大なフィールド故、ありとあらゆる餌が存在します。
さらに、外敵から身を守る水深やストラクチャーも豊富。

最も通常のフィールドと違う点は、冬であってもブラックバスも餌に困らず、水質・水温の変化が通常のフィールドに比べて、少ないからです。

ブラックバスからすれば、琵琶湖は楽園なんです。

そんな楽園で生活しているブラックバスは、寿命が長くなるだけででなく、成長スピードも段違いなんです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はブラックバスの寿命について調べてみました。

今度から50cmのブラックバスを見かけたら、少し見方が変わるのではないでしょうか?

この記事が何かのお役に立てたら幸いです!

スポンサーリンク

 

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!