ベイトフィネスの必要性は?使えるルアーは?おすすめロッド&リール・ライン紹介!




ある程度、バス釣りに精通している人にとっては、ベイトフィネスについて詳しい人も多いはず。
まだ、バス釣りを始めたばかり。あまり詳しくない人からすると、
ベイトフィネスってなんだ?って思う人も少なくないはず。

私自身はベイトフィネスは欠かせない釣り方です。

実際に、何本もベイトフィネスでなければ釣ることができなかった魚が存在しました。

しかし、賛否両論もあります。

ベイトフィネスは現在のバス釣りで必要なのか?
解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ベイトフィネスあれば、幅が広がる(必要性)

当たり前のことですが、釣り方が増えることで、できることは広がります。

しかし、ベイトフィネス用にタックルを準備する必要があるため、お金がかかります。
その出費に見合った使い方ができるのであれば、必要だと思います。

私個人の意見としては、必要。

では、その理由も含め、紹介していきましょう。

ベイトフィネスとは

基本的にリール種類に応じた釣り方は、

  • 軽いものを投げる、スピニングリールの釣り
  • 重いものを投げる、ベイトリールの釣り

では、ベイトフィネスは、どの様な釣り方なんでしょうか?

ベイトフィネスとは、
ベイトリールは重いものしか投げれないという弱点があったが、ベイトリールの技術革新によって極めて、軽いルアーを投げることができるよになったことで生まれた釣り方。

要するに軽いルアーを投げることが出来るベイトリールを使った釣り方。

ベイトリールの釣りとスピニングリールの釣りの間に位置する釣り方と言っても間違いはないでしょう。

では、ベイトフィネスリールのメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

ベイトフィネスリールのメリット

従来のベイトリールの長所・短所から、ベイトフィネスリールのメリットを紹介していきます。

従来のベイトリールの長所

  • 操作のミスをしない限り、トラブルがおきない。
  • 糸を放出する方向と同じ方向に巻き込むので太いラインを使用してもトラブルがおきない。
  • 構造がシンプルなので軽く出来る。
  • キャストに慣れれば、狙った場所へルアーを送りやすい。

従来のベイトリールの短所

  • 操作に慣れが必要。
  • 軽いものを投げると、バックラッシュ(ライントラブル)が起きてしまう。
  • リールの性能により、投げる距離が大きく変わる。

 

ベイトフィネスリールでは赤字の短所が解消され、軽いルアーがベイトリールで使用出来る様になります。

更に、軽いルアーが使えることで、青字の長所が生きてきます。

  1. 太いラインが使えるため、多少の強引なやり取りも可能になる。
    (入り組んだ場所や、でかいバスに対応出来る。)
  2. リール本体が軽くなると、感度が良くなり、小さなアタリが取りやすくなる。
  3. ベイトリールで狙える場所へ、軽いルアーを狙った場所へ送りやすくなる。

この長所はスピニングリールではできない部分です。

ベイトフィネスのデメリット

メリットだけを見ると、最強なイメージですが、
もちろん、3g以下のリグの様な軽量ルアーはキャストは困難。
スピニングリールでは、ほとんど重さのないものでもキャストが可能です。

更に、スピニングリールの竿の方が
より柔らかくアクションをつけやすいものが多い。

メリットにもなりますが、
ベイトフィネスリールの方が取り回しは圧倒的に良く、スピニングの釣りより、投げる回数を増やすことができます。

要するに使いやすいのがベイトフィネスリール。

しかし、つい使いやすいため、多様してしまい、スピニングリールが使わない様になってしまう可能性があります。
私が、そうなりがちでした。(笑)

しかし、スピニングリールも必ず、釣りをする上では必要不可欠なことを忘れないでくださいね。

ベイトフィネスで使えるルアーの種類

使えるルアー・ワームについては、基本的にはロッドのスペックに適応しています。

もちろん、大型のルアーや重いシンカーを搭載したワームはロッドを破損してしまうので、ベイトフィネスには向いていません。

場合によっては、スピニングタックルの方が遠投できる場合は重さに関係なくスピニングをチョイスする場合もあります。

適材適所で使い分けましょう。

ベイトフィネスは遠投できる?(飛距離)

基本的にベイトフィネスは近接のポイントを手返しよく打ったり、巻いたりするタックルに特化しています。

よって、飛距離を出したい場合はスピニングを使用した方が良いケースがあります。

ベイトフィネスタックルでも遠投はできないことはないですが、遠くでのキャストの正確性や、遠くで魚を掛けた時のフッキングパワーは十分にできない場合があります。

注意して使い分けましょう。

おすすめベイトフィネス用タックル(ロッド・リール)

ベイトフィネスでは、タックルセッティングが重要になってきます。

『これからベイトフィネスにチャレンジしてみたいけど、よくわからない』

なんて人のために、おすすめを紹介します。早速参りましょう。

ダイワ ベイトフィネスリール

シマノ ベイトフィネスリール

シマノ ベイトフィネスロッド

アブガルシア ベイトフィネスリール

アブガルシア ベイトフィネスロッド

おすすめ安いベイトフィネスタックル(ロッド・リール)

ご覧いただいたように、ベイトフィネスタックルは高価なものが多いです。
しかし、昨今技術の進化により、安価で良質なタックルが発売されています。
以下に紹介しておきます。見た目も申し分ないです。

全く問題なくベイトフィネスを使いこなせます。
更に細かい操作や、キャスト精度・ドラグ機能などは初心者であれば気にしなくて良いレベルです。

リールをベイトフィネス仕様にカスタムする

ベイトフィネスのロッドやリールをわざわざ用意するのは、お金もかかるし、面倒臭い。

そんな方に、おすすめなのが、リールをベイトフィネス用に改造すること。

今では様々なカスタムパーツが多く発売されています。
機種ごとに合わせて、スプールやベアリングを交換することで、軽量ルアーを使用することができるようになります。

見た目も少し変わって、良い感じになるのでおすすめ。

カスタムパーツならHEDGEHOG_STUDIOがおすすめ。

HEDGEHOG_STUDIOの通販サイトはこちらクリック。>

是非、自分専用にカスタムリールを手にしてください!!

ベイトフィネスのライン選び

ベイトフィネスで使用するラインの太さは、おおよそ

8lb〜12lb

が目安です。岩などのストラクチャーを攻める際は12lb

水質がクリアでプレッシャーをできるだけ抑えたい場合は8lb

など、状況に応じてセレクトしてみてください。

➡︎➡︎おすすめラインの紹介・詳しい解説の記事はこちら。

ベイトフィネスはソルト(海)や渓流でも有効?(アジングなど)

ベイトフィネスはソルトでも渓流でも十分活躍してくれます。

ライトリグの足元へ手早く落とし込む時など様々な使い方があります。

スピニングより正確にスポットを狙えるメリットを生かしたいですね。
あらゆる釣りに対応します。

ですが、一つ注意点があります。

ソルトで使用する場合はリールやロッドが淡水専用のものも存在するので購入の際は注意して選んでくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ベイトフィネスの必要性がお判りいただけたでしょうか?

昨今のブラックバスはスレてしまい、昔ほど釣れない傾向にあると言われています。

スピニングでもベイトでも釣れない魚がいることは確かです。

そんな時、ベイトフィネスの出番ではないでしょうか?

みなさんも是非お試しください!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!