7月のバス釣りワームのおすすめ・ソフトルアーを紹介!使い所や初夏のリグの使い方のコツ

いつもありがとうございます!TAKAです!

今回は7月のおすすめワーム・ソフトルアーを使い方やリグについてもあわせて紹介していこうかなと思います。

時期的に、アフター回復系の個体も増えて、夏へ移行する最中の時期ではあるんですが、今年(2021年)の梅雨は雨がまとまって降らなかったので、なかなか難しかった印象ですね。

ただ、7月頭の週から結構、まとまった良さそうな雨が降っているので、これで更に、季節の進行も進みますし、状況は変化していくと思います。

おそらく、夏までは従来のパターンに戻る可能性が高いのではと推察しています。

比較的、時期的にも様々なルアーで遊んでいける時期にはなるんですが、できるだけ効果的なルアーを使っていきたいですよね。

でも、どんなルアーを選べば良いのかわからない人も少なからずいると思います。

そんな方のために、7月に効果的なソフトルアーを選ぶことで状況変化の中でも良い魚に出会える確率を上げてくれるワームを紹介していきます。

何か少しでも参考になれば嬉しいです。

動画の内容をまとめています!


【バス釣り】7月のおすすめワーム・ソフトルアーを紹介!使い所や初夏のリグの使い方のコツ使い所や初夏のリグの使い方のコツ

まず、2021年乾梅雨でよくわからない感じの7月です。

バス釣り攻略法やコツについて解説している動画を投稿しています。

まずは、こちらの動画を見ていただけるとイメージしやすいかなと思います。

どのシーズンにも言える事ですが、状況変化にどうルアーを選んでいくかが結構鍵になると思います。

あくまで、魚がいる場所を考えた上で、ルアーセレクトしていく感じが大前提になります。

そのあたりもイメージしながらみていただけるといいかなと思います

ギル系ワーム

 

この時期、ギルネストが絡んでいることもあるので、ギル系ワームは会って損はないですよね。

もちろん、ギルネストもギル系じゃなくても全然狙っていけるんですが、いずれにしろ、濁り・シルエットでやる気のある回復個体を狙っていくのに欠かせないワームになります。

デカイサイズのギル系ワームを使うのも、その2点で理に叶っている。

ノーシンカーでフラフラせてもいいし、テキサスでボトムをトントン跳ねさせるのも良いし、とりあえず強めにアクションさせていくのが良いですね。

もしくは、回遊しそうな場所に対して、放置しておいたりする方法もおすすめですね。

何やっても釣れない時に、効果的です。

バックスライド系ワーム

梅雨時期ももちろん使っていけるんですが、梅雨が開けて、晴天に昼間のシェードを狙いたい時に使いたいルアーナンバーワンですね。

もしくは、流れ込みに打ち込むとか、対岸のカバーに遠投したいとかいう時におすすめです。

遠投性能や自発的にスライドしてくれることで、キャストした位置よりもさらに最深部へ送り込むことができるのは、他のルアーではなかなか難しいです。

イメージができない人や、イメージ力をあげたい人はこちらの動画がおすすめです。

使い方についても詳しく解説しております!

夏終わり、もしくは秋口まで活躍するワームなので、要チェックですね。

虫系

この時期から夏真っ盛りまで、一番多いのが落下昆虫です。

風が吹いて木が揺れる、落ち葉が落ちる、そのこへ絡む落下昆虫を探しにバスが狙っている事は多々あります。

水面意識しているけど、普通のトップを捕食するのはしんどい、できにくいコンディションの時にもおすすめです。

沈めると食わない魚にも効果的なので、より繊細にアプローチして、なんとか一匹釣りたい時にもおすすめです。

シャッドテール系

 

大きめのシャッドテール系ワーム、もしくはスコーンなんかも良いですね。

広範囲にサーチしていけるし、強い水推しで魚に気づかせて、ゆっくり強く動くもので捕食してくれる間を与えることができます。

一定のリズムで動いてくれるので、魚にも違和感を与えないです。

濁ったフィールドで、音やフラッシングでちょっと強すぎる場面において、水をかき混ぜるナチュラルかつ強いアピールで魚を寄せることができます。

フィーディング(捕食しやすい、朝マズメ・夕マズメなんかの時間であれば、バジングさせたりするのも効果的な使い方になります。

チャターベイト

ハードかソフトか悩んだんですが、ソフトに分類しました。

チャターは音が結構大事だと思っているので、ブレードのカチカチサウンでで魚にアピールして気付かせて捕食させるそんなイメージですね。

濁りの入った時、波動では気付きにくい魚に対して、音で威嚇することもできます。

トレーラーも個人的最近気に入っているので、使い分けるのは、ヤバクネ・フル4

ヤバクネは比較的、ナチュラル。

フルスイング4インチは水をかき回す。

クロー系(フリーリグ・キャロライナで使えるもの)

 

7月は今までシャロー(浅瀬)にいたバス達も、沖へポジションを変えていく事が多いです。

なので、沖のストラクチャー(障害物)に対してコンタクトしている魚を狙わなければならない事が多くなるケースがあります。

沖のストラクチャーに対して、しっかり狙いやすく食わせの間を与えるのは、フリーリグとかキャロですね。

それに適した、ワームをセレクトしていく必要があります。

クロー系でなくても、その用途で使えるものは欠かせないですね。

まとめ

今回は【バス釣り】7月のおすすめワーム・ソフトルアーを紹介!使い所や初夏のリグの使い方のコツについて解説していきました。

ポジションが変化するなど、夏ほど絞れないのがこの時期特有のバス釣りだと思います。

逆に色々なルアーで楽しめる時期でもあるので、適材適所で使っていくのが一番理にかなっていると思います。

是非、皆さんの通われるフィールドをイメージして使っていただけると嬉しいです!

動画で内容をまとめています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30代男性。 2児のパパとして釣り三昧の日々を送る。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、子供と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!