おすすめバイブレーションルアー紹介します!!使い方・使い時はいつ!?




今回はおすすめバイブレーションルアーについて紹介します。

バイブレーションと言っても、幅広い種類が存在します。
ブラックバスだけでなく、シーバスを釣る上でも重要なルアーです。
基本的な巻き方・使い方は同じなんです。

冬場においては、メタルバイブレーション(鉄板バイブ)は欠かせないルアーの1つとして有名です。

初めて、釣りをする人でも遠くへ飛んでくれる事や、巻くだけで簡単に泳いでくれるので、扱いやすいルアーで有名です。

しかし、バイブレーションは上級者こそ腕が試されるルアーなんです。

バイブレーションのメリット・デメリットや
使い方・使い時はもちろん、おすすめバイブレーションやロッドも紹介していきます。

それでは、早速、参りましょう。

スポンサーリンク

バイブレーションルアーで釣れる魚

バイブレーションで釣れる魚は多く存在します。

ルアー釣りで釣れる魚はほとんど釣れると行っても過言ではありません。

  • ブラックバス
  • シーバス
  • 青物

など、条件次第ではもっと多くの魚種を釣ることができるでしょう。

バイブレーションルアーの使い方

バイブレーションは釣り人の使い方次第で、自由自在に操る事ができます。

では、何が自由自在なのでしょうか?

それは、狙う水深・ルアーの泳ぐ速さを選べるからです。

よって、季節や地形・釣り場の特徴によって、自由自在に変化させる事ができるようになります。

クランクベイトとの違い

他の似ているルアーのクランクベイト(写真)と比べてみましょう。

バイブレーションはリップ(ルアーの口のあたりから出る板状のもの)がついていません。
リップレスクランクベイトと呼ばれる事もあります。

水深が選べる

クランクベイトは、潜る水深がある程度決まっています。
巻くだけで、安定した水深を引くことができるメリットはありますが、一つのルアーで何通りもの水深を選ぶことは難しいです。

バイブレーションの場合、投げて、底まで落としてやれば、底を引いてくる事ができます。
逆に、投げて、すぐに巻いてやれば、水面付近を巻いてくる事ができます。上から下まで、水深をどこでも探る事ができます。

速くも遅くも巻ける

また、巻くスピードに関しても、クランクベイトでは、速く巻きすぎると、水圧を受けすぎて、斜めに傾いて泳いでしまいがちなってしまうので、本来の動きを出す事ができません。

バイブレーションの場合は、速く巻いても遅く巻いても、泳ぐ姿勢は比較的、安定しています。
ルアーの泳ぐスピードも状況によって、使い分けれるので自由自在になります。

根掛りが多い

逆にバイブレーションのデメリットとして、根掛りが多い事が挙げられます。
クランクベイトの場合、リップが障害物にあたり、針が回避してくれるのに比べて、リップがないので針が障害物に引っ掛かってしまう確率は高いです。

しかし、このデメリットも、釣り人が水中の中の状況を把握して、コントロールを上手くしてやれば根掛りを最小限に抑える事ができます。

そのためには、バイブレーションを知る必要があります。

根掛りをしてしまった場合、便利なルアー回収機がおすすめ。

大切なルアーを無くしてしまうことも少なくなります。

➡︎➡︎おすすめルアー回収機の紹介記事はこちら。

スポンサーリンク

バイブレーションの種類

バイブレーションは大まかに種類分けできます。

  • フローティング(浮き上がる)
  • サスペンド(水中で止まる)
  • シンキング(沈む)

フローティング・サスペンドのバイブレーションは特化したものであり、基本的にはシンキングのものが主流になります。

表層付近を誘いたい時は、フローティング。
止めて誘ったり、中層を狙いたい場合はサスペンド。

個人的には、シンキングが使いやすくバイブレーションの特性を活かせるため、おすすめです。

ラトル

ラトルとは、バイブレーションの中に入っている玉のこと。
バイブレーションが水圧を受けて、ブルブル震えると共にラトルが音を出して誘い出します。

ラトルも素材や大きさによって、音が大きく異なります。
サイズが大きいと、より低い音が出るので水中では響きやすくなります。
種類については、以下になります。

  1. ブラス(真鍮)
  2. 鉄・タングステン
  3. プラティック

重い音の順番になっています。
ブラスとは金管楽器で使われたり、代表的な物であればシンバルの素材と一緒です。

 

選び方としては、濁っている時や水深が広い時、バスにとって、視界が悪く近くにいない時は、より大きな音を出して気付いてもらう必要があります。
よってブラス・鉄・タングステンがおすすめ。

逆に水が綺麗・水深も浅い場所では、プラスティック製のラトル入りを使用するか、ノンラトル(サイレント)のような、音がないものを使うと良いでしょう。

バスからの反応がない場合はローテーションしてみるのもおすすめです。

おすすめバイブレーション

それでは、おすすめのバイブレーションを紹介していきましょう。

ダイワ TDバイブレーション

ザ・バイブレーションとして名機中の名機。
10年以上前から親しまれるバイブレーション。釣果も折り紙付き。

レイドジャパン レベルバイブ

発売当時から雑誌のランキングでバイブレーション部門1位を何度も取っている、人気ルアー。
底で倒れずに、立ったままの姿勢を維持できるので、立ち上がりの良さが抜群。サイズ感も丸呑みできるサイズなのに、遠投もできるオールラウンダー。

レイドジャパン レベルバイブブースト

先ほど紹介した、レベルバイブの小型版であるが、似て非なるバイブレーション。
レベルバイブより、ハイピッチ(小刻み)に泳ぎ、リアクアションでもバイトを取ることができます。メタルバイブの用途でも使えるため、リフト&フォールも得意。
状況に応じてタダ巻きと使い分けできる、食わせに特化した万能バイブレーション。
冬場には無類の釣果を発揮します。

一誠 ザリバイブ

村上春彦プロ監修のバイブレーション。
落ちていく時もラトルが鳴ってくれます。また、しっかり水圧を受けて、力強く動くため、アピール力の強いバイブレーション。水中では常時、バスを誘い出します。

ジャッカル TN60

スタンダードなバイブレーションではあるが、顎の部分にタングステンのシンカーが入っている事で、正確なキャストができます。また、底を巻いている時に、しっかり手元の底質を感じる事ができます。地形を把握する事にも長けているバイブレーション。

エバーグリーン ブザービーター

ブザービーターの良さは「馬力」。多少の藻に引っ掛かってしまったり、障害物に当たっても、泳ぎ続けてくれます。力強さが売りのバイブレーション。

バンタム ラトリンサバイブ53

見た目は普通のバイブレーションであるが、落ちる時もフラフラと落ちてくれます。
また、泳ぎ初めが良いため、扱いやすい。それでいて、振動がしっかり手元まで伝わる設計になっているので、泳がせている場所を把握できる仕様になっている。

ジャッカル デラクー

超小型なため、子バスでも釣れます。テールのブレードのアピール力が強いため、デカバスでもしっかりアピールができます。困った時、坊主を逃れたい時に、使ってください。釣れます。

TDバイブレーション サスペンド

TDバイブレーションのサスペンドタイプ。
水中で浮いている魚を狙っていけます。必要以上に沈まないので、根掛りも比較的少ないです。
さらに、食わせ場所ではステイ(止める)できるのもメリット。

メタルバイブレーション

メタルバイブレーションとは、鉄板で作られたバイブレーションです。
巻いて使用する事よりも、リフト&フォールで使う事が多いルアー。
底に落として、竿を素早く上げて、落とすを繰り返すのがリフト&フォール。
冬場の厳寒期やタフな時に、食べる気がないバスに思わず口を使わせたい時に使用します。
もちろん、先ほど紹介した、バイブレーションでも同様な誘い方ができます。

それでは、おすすめメタルバイブを紹介していきましょう。

デプス サーキットバイブ

ジャッカル ノッキンジョー

一誠 ザリメタル

ノリーズ TGジャカブレード

おすすめバイブレーションロッド

続いて、おすすめロッドを紹介します。
ロッド表記としては、ミディアム(M)以上がおすすめ。
遠投した先で針を掛ける場合もあるので、シャキッとした竿を選びましょう。
個人的には、ミディアムヘビー(MH)は欲しいです。
ロッド表記についてはこちらの記事を参考にしてください。

ポイズンアドレナ 166MH(2018年モデルもあり)

バンタム 172MH

グラスコンポジットのロッド

さらに、おすすめなロッドとしてグラスコンポジットのロッド。
簡単に解説すると、竿先の素材が異なり、小さいバイトでも、竿が柔軟に対応してくれるようになっている竿の事です。先ほど紹介した、竿では固すぎて、フッキングが決まらずにバレることが稀にあります。

ポイズンアドレナ 1610MG

エクスプライド 170MG

おすすめリール

巻物用ロッドを紹介している記事に、おすすめがあります。

➡︎こちらの巻物ロッドに関する記事をご覧ください。

バイブレーションの時期

冒頭に説明したように、自由自在。
よって、オールシーズン釣れるルアーだと思います。

その中でも特におすすめなのは、秋・冬

秋になると適水温になり、バスが広範囲に散ってしまうため、より多くキャストし巻き続けて、遠投力と音で誘いだす事ができます。

冬の場合はあまり動けなくなってしまった、やる気のないバスに対して、メタルバイブレーションのリフト&フォールで無理矢理、口を使わせましょう。

春夏秋冬、狙う水深を変えてみたり、状況や地形によって使い方を変化させる事で、釣果に繋げる事ができます。

自作メタルバイブ

アルミ板

メタルバイブは自作する事ができます。

  • ホームセンターに売っているアルミの板
  • 穴を開けるもの
  • フック関係

これだけで、自作でメタルバイブを作る事ができます。
重りをつけた方が使いやすいですが、アルミの板だけでも、独特のフォールを生み出す事ができます。

是非、ネットでも紹介さているので、参考に作ってみてはどうでしょうか。

シーバス・青物のバイブレーション

シーバスや青物においても、バイブレーションルアーはおすすめです。

条件としては同様。
広範囲に散った魚を広く探って行く際に使っていきます。

飛距離を稼いでサーチルアーとして使っていきましょう。

シーバス用おすすめバイブレーションルアー

シーバス用のバイブレーションとしては代表的な素材のバイブレーションルアー。

中にぎっしり樹脂が詰まっているので、飛距離と沈めやすさにメリットがあります。

おすすめのシーバス用バイブレーションを紹介します。

この3つがおすすめ。
根掛りの可能性も高いので数個持って置きましょう。

シーバスのバイブレーションの巻き方

基本的な使用方法は冒頭で述べた、バイブレーションの使い方と同様です。

  • ただ巻き
  • リフト&フォール

最も重要なのは、レンジコントロール。

今、どのレンジを引いているのか?
しっかりイメージして巻けるように練習をしましょう。

そして、魚が釣れたレンジによって釣りを展開していけば、釣果に直結すると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

バイブレーションについて、紹介していきました。

ここまで、汎用性・オールシーズン使えるルアーはないと思います!
冬場、全く釣れない事が多くなりますが、バイブレーションの釣りを覚えれば、確実に一本取れると思います!

バイブレーションの釣りを習得してくださいね!!

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!