暑さ対策!夏の屋外で活躍するグッズ紹介!これで、釣果UP!?




夏の屋外って暑いですよね。長時間いると、本当に倒れてしまいそうになる・・・。なんとかしたい!!

真夏の屋外の気温は各地で30度台後半を上回るのは当たり前。

要するに、人間の体温の平熱が36度前後といったところ、ほとんど、外気温と体温が変わらない状態になるんです。
そりゃあ、暑いですよね。

さらに、年々、温暖化の影響もあり、気温は上昇する一方。
過ごしやすさは、湿度も関係してきますが、屋外であれば、紫外線も年々強くなってきております。

まさに、屋外は灼熱地獄の世界。

しかし、魚たちにとっては、水温が上がりすぎると、動けなくなる種もいますが、基本的には快適に過ごし、ブラックバスの場合は居場所も絞れるため、釣果は伸びるはず!釣りには行きたい!!

そこで、今回は夏の屋外で活躍する、グッズを紹介します!

釣りだけに限らず、音楽の祭典、夏フェスに参戦する人が多いのではないでしょうか?
こちらも夏の屋外!一緒に参考にしてみてください。

早速紹介していきましょう!

スポンサーリンク

服装

まずは服装から。
実際、室内ではパンツ一枚が涼しい・・・。

もし、パンツ一枚のまま外に出ると、捕まります。(笑)
なので、ここでは服装を工夫して、暑さ対策をしましょう。

上着

半袖、ノースリーブが涼しくていいのですが、肌が露出している所に、ジリジリ日差しを浴びてしまうと、日焼けしてしまいますよね。
日焼け=火傷なので、皮膚が常に熱を持った状態になって、熱が体内から逃げにくくなってしまいます。場合によっては熱射病を引き起こしたり、皮膚が炎症を起こし悪化する可能性もあります。よって、

上着は長袖を強くおすすめします。

また、釣りをする上では、場所によっては、藪漕ぎをすることもありますので、葉っぱや枝が肌に接触し、怪我を負うリスクを減らせたり、夏に活動が活発になる蚊やマムシ、マダニに噛まれることも、かなり減らせます。

今では夏用のUVカット仕様の長袖もありますので、こちらがおすすめ。
さらに、フードがついた、パーカータイプであると更に良いと思います。

後頭部、特に首の後ろは太い血管が通っているため、体温調節をする上で非常に重要な体の一部。
パーカーを被っていれば、後頭部も守れます。

プラスで覚えておいて欲しいのが、服の色。

白系より黒系の方が日光を吸収する量が圧倒的に多いです。
好みもありますが、白系をおすすめします。

ズボン

こちらも、通常であれば半ズボンは最も涼しいですが、上着同様に、肌が露出していることがあまり良くありません。
上着と少し違う点としては、日焼けして体温が奪われることは少ないですが、肌を外敵から守る上で必須です。
草が低い場所でも、マダニ、マムシなどは生息しているため、これらとの接触を極力、防ぐことができます。

なので、長ズボンをおすすめします。
しかし、長ズボンは空気が通りにくいため、暑い。何よりムレて気持ちが悪い。という方には、

半ズボン+タイツ

をおすすめします。

半ズボンとタイツって、余計ムレるんじゃないの!?
と思われがちですが、素材を選べば、問題ありません。
吸汗速乾タイプのものを選びましょう。
また、タイツタイプのものだけでなく、長い靴下タイプもあり、膝から下をカバーできるタイプのものもあります。これなら、ムレません。

更に、タイツタイプのメリットとして、運動機能を高めてくれるタイプのものもあります。足がだるくなったりするのを防いでくれます。

装備品

次に上記の服装を着用した上で、更に暑さを対策できる、装備品を紹介したいと思います。

帽子

帽子を被らないと、日射病になるよ!と昔から、言われませんか?
まさに、その通り。
上着の部分で紹介しましたが、黒色の方が日光を吸収しやすいと紹介しました。基本的に、日本人であれば、黒髪。吸収しやすいんです。

金髪の人は別ですが・・・。(笑)

頭部に日光を浴びすぎると、頭痛・めまいによる吐き気などが起きてしまい、熱中症になってしまうケースが多く存在します。

必ず、着用しましょう!
しかし、ムレてしまい、気持ちが悪いから被りたくない!
という方もいると思います。
その方は、メッシュタイプや、吸汗速乾、ゴアテックスなどムレにくいものを選んで欲しいです。

帽子を被り、更にパーカーを被れば、完璧でしょう。

偏光グラス(サングラス)

釣りをする上では、偏光グラスは必須だと思いますが、

暑さ対策と関係ないじゃん!涼しくならないよ!

とお考えのあなたは大間違い!(笑)
太陽光の光自体、目から入ると疲労感や暑さを感じてしまうんです。

要するに眩しさを感じないことが人間にとって自然と涼しさを与えてくれます。

フェイスマスク

近年、バスプロの方が着用しているフェイスマスク。
息苦しいんじゃないの?

と思われがちですが、通気口がついていたり、しっかり息がしやすいものが開発されています。
こちらも、口元を日光から守れるため、おすすめします。
肌の露出を控えることが大事だということがわかりますね。

靴(トレッキングシューズ)

サンダルは言わずとも、おすすめできません。

なので、おすすめするのは

トレッキングシューズ

登山をする時に履いてる靴ですね。
グリップ性能はもちろん、通気性が抜群。
物によっては、多少の入水でも中に水が入るを防いでくれるタイプもあります。釣りをする上ではオールシーズン欠かせないですよね。

スポンサーリンク

クールダウン

次に、持っておくと暑さを凌げる便利なアイテムを紹介します。

ネッククーラー

名前の通り、首元を冷やすものです。
最近では、水で濡らすと冷える、冷感タオルがあり、こちらを首に巻いてクールダウンできます。

熱さまシート

発熱した時におでこや、首元に貼ってクールダウンするアイテム。
ぼーっとした時に使用をおすすめします。
勉強する時に集中力を上げてくれたり、万能なんです。
常温で保存できますので、使いやすいのもメリット。

ミストファン

水を霧状にして、扇風機の風に乗せて飛ばす道具。
電池式の持ち運べるタイプのものを使いましょう。
車のクーラーと併用すれば、効果UPです。

日焼け止め

日焼けしてしまうと、単純に体力を奪われてしまいます。
肌がどうしても露出する部分には、塗るようにしましょう。
効果は長時間持続しないものが多いので、こまめに塗るようにしましょう。

汗拭きシート

ドラッグストアなどで売っている、汗拭きシート。
汗を拭くことで、不快感がなくなり、行動しやすくなります。
更に、クール感を出してくれるタイプのものもあるので、おすすめ。
先程紹介したネッククーラー、ミストファンと併用すると更に良いでしょう。

飲み物

屋外に滞在する際に、飲み物を忘れてしまうと命取り!!
脱水になり、命に関わりますので、要注意。

いくら暑さ対策のできた格好であっても、意味がありません。

更に、水分だけを摂取していても、熱中症なってしまうケースが多いんです。
水分+塩分を摂取することをおすすめします。

最近では、手軽に塩分を摂取することができる塩飴がおすすめ。

スーパーやコンビニに夏場になると、店頭に様々な種類が並びますので、常備しておくと便利です。

他に塩分が高いものとして、梅干しなどもおすすめ。

また、スポーツドリンクでも塩分が多めに含まれているものがあるため、併用すると良いでしょう。

凍らせるタイプもあるため、クーラーボックスの氷として使用するのもありですよね。
➡︎➡︎クーラーボックスに関する詳しい記事はこちら。
冷たい飲み物を飲むことで、体温を下げることができます。
普段から、あまり水分は取らない人も、こまめに水分、塩分補給を意識して行うようにしましょう。

まとめ

今回紹介した、暑さ対策をすれば、快適に釣りをしたり、夏フェスやアウトドア・レジャーを楽しめると思います。

この記事で少しでもお役に立てれば光栄です!

ただし、いくら対策をしていても、限界があります。
夏の屋外で長時間過ごすことは、本当に危険が伴いますので、休憩を多く取って、無理をしないようにしましょう。

命あっての、楽しみなので!
有意義な夏にしましょう!!

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!