雨のバス釣りはおすすめ!?釣り方・状況に適した、おすすめルアーも紹介します!!




雨の日にバス釣りに出掛ける人はいますか?

雨の降る前・雨の降った後・雨が降り続いている時。
雨の日といっても様々なパターンがあります。

雨の日は、足元は悪いし、カッパを着て釣りをするのも、動きにくい。
完全に防水対策をしていないと、大雨の時はビショ濡れ。

今回はそんな雨の日のバス釣りについて紹介します。

何かと外で遊んだりする時は、雨は不便なことが多いですが、
ブラックバスを釣る時はどうなんでしょうか?

それでは、早速紹介していきます。

スポンサーリンク

雨の日は状況次第で釣れる

雨の日は、状況次第で釣れやすくなります。

しかし、状況によっては、釣ることが困難になります。

この「状況」をしっかり把握していれば、雨の日の狙い方は自ずとわかってきます。

では、どういった状況を把握する必要があるのでしょうか?

それでは、その状況を解説していきましょう。

季節の雨

雨にも、春夏秋冬で様々な雨があります。
季節によって、雨を選んでいくことが釣果に直結します。

春の雨

春は毎日寒い気温から、徐々に暖かくなり始める頃ですよね。
春の雨には、2種類あります。

暖かい雨

暖かい雨は水温が上昇し、一気に春の進行を早めてくれます。
釣りをしていて、体感的にも暖かい雨だな、と感じることができるでしょう。

冷たい雨

冷たい雨は逆に季節の進行を妨げます。
それだけでなく、水温が急激に下がってしまうため、バスの活性が下がりやすくなります。

雨上がりに注意

よって、春の時は暖かい雨が降った時が釣れます。
冬の寒さで動けなくなっていた、バスたちが動き出したり、活性が上があります。

冷たい雨の時は、あまりおすすめしません。

春の雨は、雨の質を見極めましょう。

夏の雨

夏の雨は基本的には、釣れやすくなります。

灼熱の外気温で、水温もかなり高くなり、バスも夏バテ状態に。
そんな時、雨が降ると、水温が下がり、バスも動きやすくなります。

涼しい場所に避難していたバス達も一気に解放されて、釣れやすくなります。

しかし、雨が何日も続いてしまうと、水温が下がりすぎて、逆に活性が下がる場合があるので要注意。

何日も雨が降らず、猛暑が続いている時に降リ始めた雨は外せない雨ですので、チェックしておきましょう。

 

秋の雨

秋の雨が比較的悪い時が多いです。
水質がもともと悪くなりがちな秋ですが、雨がふることで一層悪くなります。
また、晩秋になると、冷たい雨が降る確率が上がります。
冷たい雨で、バスの活性は著しく、下がること上がります。

春の雨と同様で、暖かい雨の時は釣れやすくなることが多いので、秋の雨の場合は、雨の質に注意して、フィールドへ出かけましょう。

冬の雨

冬に降る雨は冷たい雨の場合はもちろん釣れにくくなるのですが、

雨の質を問わずに、釣れるようになることがあります。

それは、水が濁ることです。
ここでの、濁るというのは、通常の水質と比べて、濁っているかどうかなので、注意しましょう。

冬になると、水中のプランクトンなどの微生物が生活できなくなり、水が綺麗になってしまい、バスから釣り人が丸見えになったり、ルアーが偽物であると気付きやすくなる季節。

そこで、雨が降ることで、水自体が濁るので、バスを騙しやすくなるんです。

何日か雨が続いた後がおすすめ。冬の雨は基本的に冷たいので、降っている最中はあまりおすすめしません。

雨のタイミングの狙い方

季節の雨について、理解していただいたところで、次は、雨のタイミングです。

雨の前

雨が降る前です。雨が降る前は低気圧がくるので、バスの活性は上がりやすいです。
また、日光も出ていないことが多いので、ハイシーズンであれば水面系のルアーで出やすくなります。

スポンサーリンク

おすすめルアー(クローラーベイト・バズベイト)

クローライーベイトやバズベイトのようにアピール力の高いルアーで活性の高いバスを効率良く釣っていきましょう。

➡︎➡︎クローラーベイトのおすすめ紹介記事はこちら。

➡︎➡︎バズベイトのおすすめ紹介記事はこちら。

雨の最中

雨が降っている最中です。雨の降り具合によります。
冷たい雨でも降り始めであれば、水温も下がりにくいので狙って大丈夫でしょう。

土砂降り(大雨)の場合

水面で使うルアーでは、気付いてもらいにくいので、おすすめしません。

おすすめルアー(スピナーベイト・スイムベイト)

表層付近であれば、比較的強めのルアー、スピナーベイトやスイムベイトがおすすめ。引き寄せれるルアーを使いましょう。

➡︎➡︎スピナーベイトのおすすめ記事はこちら。

小降りの場合

小降りの場合では、水面を動かすルアーで釣りやすくなります。

おすすめルアー(バズベイト)

波動の弱いルアーでは、アピール力が足りないことが多いので、バズベイトなどの音や波動で強く誘えるものがおすすめです。

➡︎➡︎バズベイトのおすすめ記事はこちら。

雨の後・雨上がり

雨の後、雨上がりです。
降っている前・後・最中と同じ誘い方で釣れる可能性があります。

おすすめルアー(バイブレーション・チャターベイト)

冬の雨の時に解説しましたが、しっかり雨が降ったあとは濁りが入りやすいので、濁った時に強くなる、チャターベイトやラトル入りのバイブレーションなどの強く誘えるものがおすすめです。

➡︎➡︎バイブレーションのおすすめ・詳しい記事はこちら。

雨の次の日

雨の次の日です。
基本的には、雨の後・雨上がりと同様な釣り方で構いません。

ただし、水通りの良い場所では、水質も回復する傾向があります。
その場合、通常に釣り方に戻しましょう。

状況に合わせて、柔軟に対応しましょう。

おすすめルアー・ワーム(スピナーベイト・スコーンリグ)

全体をサーチするルアーで状況を見極めましょう。

  • スピナーベイト
  • スコーンリグ(シャッドテールワーム)

➡︎スピナーベイトのおすすめ記事はこちら。

➡︎スコーンリグのおすすめ記事はこちら。

雨が続きの場合

梅雨の時期では、3〜4日雨が振り続けることもあります。

どのフィールドにおいても、雨が振り続けることで状況は大きく変わることがあります。

そこで押さえておきたいポイントがあります。

  • 濁り
  • 水位

この2点に注意しましょう。

雨の濁り

もちろん、濁りがキツイ場合、バス達は新鮮な水を求める傾向にあります。

  • インレット(流れ込み)
  • 水生植物

を狙いましょう。

おすすめルアー(クランクベイト)

水温が安定し、バスが散っている可能性も考えられるのでクランクベイトなど、水押しが強いものがおすすめ。

➡︎➡︎おすすめクランクベイトに関する詳しい記事はこちら。

雨の増水

雨量が多い場合、増水するケースが多いです。

増水するとおすすめなのは、

  • アウトレット(流れ出し)
  • 普段は陸の上のストラクチャー(草・木)

アウトレット

単純に流れがあり、水が動く場所を好む場合が多いです。

増水時は、水量も上がっている場合が考えられるので、狙いましょう。

陸の上のストラクチャー

増水することによって、普段は陸の上にある植物や、垂れ下がっている木などが水中に入るケースがあります。

バスは普段にない変化を好みます。

さらに、場合によっては昆虫類も絡んでくる場合があるので、外せないポイントです。

雨が降ると強くなるポイント(野池・河川)

ブラックバスは変化のある場所を好むと言われています。
雨が強くなると、変化する場所がいくつかフィールドに現れます。

それは、普段流れていない水路や流れ込み。

水量が増えることで、急に流れ出したりすることがあります。
そこにバスがいる可能性が非常に高いです。

他にも、雨が降ることで、変化する場所があれば狙うことをおすすめします。

琵琶湖の雨上がり

日本で最も大きい琵琶湖では、雨の時はどうなんでしょうか?
野池や河川に比べて、多少の雨であれば影響は少ないです。

ただし、雨上がりの琵琶湖はおすすめ。

しっかり雨が降ったあとは、水質が悪くなるので、水通しが良い流れ込みなどを狙っていきましょう。

高確率でバスが良い水を求めてポイントに入っている場合があります。

広大な琵琶湖でもスポットが絞りやすくなります。

ルアーは今まで紹介したものを参考にしてみてください!

雨のバス釣りの服装

雨で釣りをする際は、通常の服装ではもちろんびしょ濡れになります。

常時、雨具を車に積んで置くなどすれば、急な天候の変化にも対応できるでしょう。
しかし、通常のカッパや傘では暑かったり、耐水性に優れていなかったり、機動力がかなり落ちてしまいます。

快適に雨の釣りをする際のおすすめの雨具を紹介しておきます。

ゴアテックス製の上下服

上記は釣り専用なので、間違いありません。
しかし、高価ですので、靴まで揃えるとかなりの出費ですよね。

個人的におすすめなセットがあります。

ゴアテックス上着+ウェーダー

以下の2点購入するだけで、完全武装できます。

ウェーダーは釣りおいて、オールシーズン活躍するアイテムです。
是非、使ってみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上の季節の状況・雨のタイミングの狙い方をそれぞれで合わせて考
えてください!

「今の雨はどんな雨何だろう?」

と雨の質を考え、
状況を判断し、釣りに出掛けると、釣果に直結するはずですよ!

この記事が助けになれば、幸いです!!

スポンサーリンク

 

 

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!