秋(9月・10月・11月)の釣りは堤防で魚種は何が釣れる?初心者におすすめの魚は?

ようやく、灼熱の夏が終わり、朝・夕は涼しさを感じられる秋の季節。

屋外で釣りをするには、だいぶ快適になりますよね。

日中はまだまだ半袖で問題ない、残暑厳しい9月。
日によって肌寒い、10月。
朝晩は少し、冬を感じる11月。

まさに、「暑い」から「寒い」へ移行する時期。

秋はどんな魚が釣れるのでしょうか?

今回は、そんな秋の海で釣れる魚種を紹介します!

さらに、おすすめの魚種の釣り方も教えます。

それでは、早速参りましょう。


秋(9月・10月・11月)の釣りは堤防で魚種は何が釣れる?

まずは、釣れる魚種を紹介していきます。

ただし、この時期しか釣れない!という魚は稀です。

また、釣りをする地域や海域によって、様々な魚種が釣れる場合もあります。

最も信頼できる情報は、釣り場付近の釣具屋さんで情報を仕入れるのが一番です。

ここでは、大まかな目安の魚種を紹介するので、参考にしてみてください。

9月・10月に釣れる魚種

  • アオリイカ
  • サヨリ(サイズ小さめ)
  • シーバス(大型)
  • マダコ
  • アジ
  • キジハタ
  • アコウ
  • ハゼ
  • グレ
  • マゴチ
  • サンバソウ

11月に釣れる魚種

上記の9月・10月の青字魚種は11月にもしっかり狙えることができます。

それに加えて、以下の魚種も釣れやすくなります。

  • ヒラメ
  • カサゴ
  • カハハギ
  • カレイ

この時期におすすめな魚種

個人的におすすめとなる魚種が2種類あります。

  • アオリイカ
  • マダコ

季節が進むに比例して大型を狙っていくことが可能です。

どちらも、釣り方として近年人気のあるエギングがおすすめ。

生き餌を触ることが苦手な人でも安心なエギを使った釣り方です。

それでは、早速それぞれの釣り方を紹介していきましょう。

アオリイカの釣り方(エギング)初心者におすすめの魚

アオリイカは8月の夏の時期〜冬の間まで幅広く狙っていける魚種になります。

冬場でも釣れないことはないですが、岸からは非常に釣るのが難しくなります。

よって、ハイシーズンは沿岸に生息しているので、誰でも狙いやすいです。

ちなにみ、春頃になると数は狙えないが産卵を控えた大型のアオリイカが釣れることがあります。

秋のアオリイカは数も大型も釣れやすいハイシーズンです。

エギングのおすすめタックル(ロッド・リール)

エギングは通常の海釣りで行う餌釣りとは異なり、しゃくり上げるアクションをつける動作を行う必要があります。

よって、専用のエギングタックルを用意することを推奨します。

以下に初心者におすすめのエギングタックルを紹介しておきます。

昨今、釣りメーカーの研究・開発によって様々なタックルが開発されています。
エギングにおいては、しゃくりのアクションを精度高くエギングへ伝えるロッドや、ラインの巻き取りやすさや、ドラグ性能も様々。
釣果にも直結すると思います。
高性能のタックルも以下に紹介しておきます。

おすすめ高性能タックル

リールは2500〜3000番くらいがおすすめ。
大型ともなるとパワーが必要になってきます。

まずは、道具を持っていない人は揃えましょう!

ラインはPEライン0.8~1号くらいがおすすめ。

おすすめのエギ

鉄板のおすすめエギはこちら。

アオリイカをエギングで釣る

道具が揃ったら、早速釣っていきましょう。

  1. エギをキャストしたら、まずは着底するまで待ちます。
  2. 着底したことを確認して、2〜3回大きく竿をしゃくります。
  3. ゆっくりとフォールさせます。

以上の作業を繰り返します。

しゃくり上げる時にエギに気づかせて、フォール中に食べるイメージです。

エギングの動画(しゃくり・アクションの付け方)

実際に言葉でアクションの付け方を説明しても、イメージがつきにくいですよね。

動画で見て、確認しましょう。

 


マダコの釣り方

次にマダコの釣り方です。

基本的にタコはイカとは異なり、海底に潜んでいます。

マダコもサイズは様々ですが、大型になると相当な重量があります。エギング用の竿などの柔らかい竿では、到底対処できません。

それでは、まずは道具を揃えましょう。

マダコ釣りの道具(ロッド・リール)

専用の竿を用意するのが難しい人は、投げ釣り用の竿でも構いません。

とりあえず、強度・硬さが必要になります。

以下におすすめを紹介しておきます。
無難に入門セットがおすすめです。

さらにこだわりたい人は、こちらのスピニングのセットをおすすめします。
スピニングリールは最低でも4000番以上を使いましょう。

おすすめラインはこちら。

おすすめタコ餌

タコエギかタコ用のテンヤがおすすめです。

テンヤの餌は冷凍カニや魚の切り身がおすすめ。
その他のは肉類がおすすめ。豚肉や鶏肉も独特の匂いがあるので、よく釣れます。

マダコ釣りのアクション方法

マダコを釣る際は、タコエギでもしゃくる必要はありません。
冒頭でも述べた様にマダコは海底に潜んでいます。

よって、海底をゆっくりズル引きしてあげましょう。

バイトがあると、急に重くなるので、アタリを感じたら一気に引き上げましょう。

吸引力で剥がれなくなってしまうためです。

テトラがもおすすめ(狙う場所)

もちろん海底を狙うのですが、場合によってテトラの隙間などにいる場合もあります。
テトラには多くのタコが好むカニや海老が豊富です。
必然的にマダコも生息しています。
タコエギをテトラの間に落とし入れていきましょう。

マダコ釣りのおすすめ動画 

以下に参考になるタコ釣りの動画を紹介します。

マダコ・イカのおすすめ調理方法

タコとイカは様々な調理方法が存在します。

ですが、釣ってからすぐに食べれて、釣り人の特権としては、やはり

刺身

が最もおすすめです。

醤油をつけていただきましょう。

秋の釣りの服装(雨の時の格好がおすすめ)

秋になると朝晩はかなり冷え込みます。

雨の時のような格好をしておくと防寒も含め、最適ができるのでおすすめです。

どの季節においても、常時、雨具を車に積んで置くなどすれば、急な天候の変化にも対応できるでしょう。
しかし、通常のカッパや傘では暑かったり、耐水性に優れていなかったり、機動力がかなり落ちてしまいます。

快適に釣りをする際のおすすめを紹介しておきます。

ゴアテックス製の上下服

上記は釣り専用なので、間違いありません。
しかし、高価ですので、靴まで揃えるとかなりの出費ですよね。

個人的におすすめなセットがあります。

ゴアテックス上着+ウェーダー

以下の2点購入するだけで、完全武装できます。

水に入水する場合でなくても、ウェーダーは重宝するので、一つは持っておきたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

秋に釣れる魚種を紹介、さらにおすすめのマダコ・イカの釣り方を紹介しました。

是非、秋に釣りに行く際は参考にしてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30代男性。 2児のパパとして釣り三昧の日々を送る。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、子供と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!