秋(9月・10月・11月)のバス釣り教えます!釣り方・おすすめルアー・ワーム紹介します!




灼熱の夏から解放される秋のバス釣り。今こそデカバスをハントする季節。

  • 夏が終わりを迎えつつ、秋へと進んでいく最中の9月。
  • 気温も下がり、秋らしさを感じ、水温が安定する10月。
  • 朝・夕の冷え込みも感じられる11月。

 

季節的には、どの月も秋ですが、暑い夏から寒い冬へ移行する時期。

バスはどんな状態なのでしょうか?

秋は夏に比べて、ブラックバスは居場所を絞りにくい季節。
ですが、パターンを理解して狙えば、必ず釣れます。

今回はそんな、秋のバス釣りを紹介していきます。
おすすめのフィールドやルアー・ワームの使い方や狙い方を解説していきます!

それでは、早速参りましょう。

スポンサーリンク

 

目次

秋のバス釣り攻略パターンは「巻き物」

ある程度バスフィッシングに経験がある人であれば、

「秋は巻物!!」

なんて聞いたことがある人も多いと思います。
では何故、秋は巻物と言われるのでしょうか?

広範囲に散ったバスには巻物で出会える確率を上げる

秋は巻物(巻いて広く探るルアー)を使うのが定石なのは、
広範囲に散った魚を手早くサーチする必要があるからです。

なぜなら、水中のどこも居心地が良くなっているため、
単純に広範囲に散ったバスに出会える確率を上げるためです。

しかし、初秋・晩秋に置いて考え方や釣り方が異なります。

 

秋のブラックバスは荒食い!?

よく言われるのが、

「秋のブラックバスは動きやすくなるし、荒食いするから、釣れまくる!」

実際は、そんな容易ではありません。

ただ、状況にしっかり対応していけば、十分にデカバスを狙ったり、
数釣りもできる季節です。

何より、その日その日の状況判断をできるかが肝になります。

 

9月のバス釣り

まだまだ、フィールドには夏を引きずっている魚が多数存在します。

まずは、夏パターンで狙ってみて、
秋の釣り方にシフトしていくのがおすすめの釣り方。

10月のバス釣り

朝夕の気温も下がり、よりバスは広範囲に散ってしまいます。
要するに、どこでも過ごしやすくります。

9月頃より、巻物で探っていく釣り方にシフトしましょう。

もちろん、一級のピンスポットのポイント(インレットやカバー)には打ち物やワームを落とし込んでいきましょう。

11月のバス釣り

11月ともなると、季節的には晩秋。
朝夕の冷え込みを肌で感じる時期ですよね。

「冷え込んだから、冬の釣りだ!」

と考える人も多いですが、

まだまだ、水中は秋の状態が多いです。
よって、巻物の釣りを展開していきましょう。

もちろん、10月の釣りと同様、ピンスポットも狙っていきましょう。

秋のバス釣りは水温が肝

ブラックバスの適水温は22°〜27°くらいと言われています。

基本的には25°を下回れば、ブラックバスにとって
かなり過ごしやすい水温になります。

秋・冬の釣りにおいては、水温が重要な情報となるので、
頭に入れておいてくださいね。

おすすめの水温計

水温計にもタイプがあり、

できれば両タイプ持っておいた方がより正確な水温を把握することができます。

ルアーに付けて沈めるタイプ。水中の水温を的確に把握できます。

私はこちらをよく使っています。ボタン一つで測れるため、おすすめです。

 

晩夏のバス釣り

夏の釣りについては、以下を参考にしてみてください。

夏のバス釣り攻略法に関する詳しい解説記事はこちら。

日中は気温が高いため、基本的には夏パターンで攻めてください。
シェード(影)やインレット(流れ込み)は必ず狙いましょう。

9月上旬であれば、一日夏のパターンで狙っても問題ないでしょう。

 

初秋・晩秋の釣り(おすすめルアー)

10月頃になると、比較的水温も落ち着いて来るため、
秋の釣り方を多めに取り入れていきましょう。

 

水温が適水温になると、バスは自由に動き始めます。
もう、シェード(影)やインレット(流れ込み)のような、
涼しい場所を必要としなくなるからです。

 

よって、夏のようにバスの居場所を絞ることが難しくなります。
そうなると、サーチ(探る)する必要があります。

そこで、サーチルアーとしておすすめを紹介します。

バイブレーション

バイブレーションはアピール力は低いため、何回もフィールドを輪切りにするようにキャストして、バスと出会える確率をあげていきましょう。

さらに、縦の釣りが有効になる場合や、食い気が明らかに低下している場合はメタルバイブで無理やり反射的に口を使わせましょう。

➡︎➡︎おすすめバイブレーションの紹介・詳しい解説はこちらの記事で。

スピーナーベイト

バイブレーションとは対照的で、アピール力はかなり強力。

何投をキャストするよりは、朝マズメや夕マズメなど、バスの活性が高そうな時に使用して、効率よく使用してことをおすすめします。

➡︎➡︎おすすめスピナーベイトの紹介・詳しい解説はこちら。

スイムベイト

バイブレーションではアピールが弱すぎる、スピナーベイトでは強すぎる。
ある程度の場所が絞れた時などに、スイムベイトは無類の強さを発揮します。

状況は良いのにスピナーベイトにもバイブレーションにも反応がいまいちの時に連発やビックバスを引き寄せる力を持っています。
春秋はマストるあーの一つ。

➡︎➡︎スイムベイトやシャッドテールワームに関するおすすめの紹介・使い方の解説記事はこちら。

秋のトップウォーター巻物

秋は表水温が下がりすぎなければ、トップウォーターでビックバスを出せることがあります。

私自身も何度も秋にトップウォーターに助けられた思い出があります。

様々なルアーを試して、反応がないときに一か八かトップウォーターを出すのも秋ならではの一撃パターンです。

秋におすすめなトップウォーターを紹介します。

バズベイト

バスの活性が上がりやすい、朝マズメ・夕マズメ・低気圧など、やる気のあるバスを効率的に釣っていけるルアー、バズベイト。

アピール力はかなり強力なので、
離れた場所・中層にいるバスも誘い出すことができます。

➡︎➡︎おすすめバズベイトの紹介・詳しい解説はこちら。

クローラーベイト

バズベイトでは追いつけないバスも存在します。
表層系で出そうな場合、ビッククローラベイトでナチュラルに誘い出すか、イライラさせて口を使わせましょう。

水温が下がり水質が良くなり、
状況が厳しくなった時に更に強くなるのでおすすめです。

➡︎➡︎おすすめクローラーベイトの紹介詳しい記事はこちら。

 

巻物用のタックルセッティング

これらのルアーを使う上でのおすすめタックルを紹介していますので参考にしてみてください。

秋を通して巻物は大定番になるので、専用のタックルを使った方が、キャストの精度やフッキングのミスを減らすことができます。

是非、揃えてもらいたいです。

➡︎➡︎おすすめ巻物用タックルの紹介の記事はこちら。

 

秋のワームの釣り(フォーリングパターン)

もちろん、どのシーズンでも外せない一級ポイントは存在します。

  • 流れ込み
  • ベイト(小魚・甲殻類)がたまる藻
  • 身を寄せることができるストラクチャー

 

オールシーズンを通して狙える場所には巻物では拾えないケースも存在します。
ピンポイントで狙う場合はワームを使用しましょう。

 

秋のベイト(小魚)パターン

秋になり、水温が安定すると、バスだけでなく、
ベイト(小魚)もシャローや様々な水深で
確認することができるようになります。

霞ヶ浦や利根川のようなメジャーフィールドでは、

  • ワカサギ
  • オイカワ
  • シラウオ

などのベイトが確認できるようになります。

よって、ブラックバスたちもベイトを意識して行動することが増えます。

ベイトに似せたルアーをチョイスするため、巻物が強くなります。

 

秋のフォーリングパターン

巻物のような横の釣りで反応しない魚も存在します。

横の釣りがダメなら、縦の釣りで誘っていきましょう。
そんな時ワームの釣りが有効になります。

フォール(落ちている)中に魚が強く反応する場合が秋のバス釣りには存在します。

以下におすすめのワームを紹介します。

秋のテキサスリグ

甲殻類系を意識しているバスに効果的。
立木や石場・ウィードが濃い所にタイトに攻めていきましょう。

根掛りがしそうなところにおすすめ。

テキサスリグにおすすめのワームや作り方・
使い方に関する詳しい解説記事はこちら。

 

秋のネコリグ

小魚などにも似せて使うことができます。
ネコリグであれば操作もしやすいので、じっくり探っていきます。

ネコリグの作り方や使い方・おすすめのワームなど
詳しい解説記事はこちら。

秋におすすめフィールド

ブラックバスを狙うフィールドはいくつか存在しますよね。

  • 野池
  • 河川
  • ダム

大まかに分けると、この3タイプ。

9月上旬であれば、どのフィールドでも夏パターンで、
しっかりバスを狙っていくことができます。

先ほども解説したように、秋が深まるにつれて、バスは広範囲に散っていきます。

陸っぱりで、秋の場合のそれぞれのフィールド選びのおすすめを紹介します。

秋の野池

野池全体を一周歩いて回れるタイプがおすすめ。
池全体に投げることができれば、なお良いでしょう。

広範囲の散ったバスを探ることができます。

9〜11月のどの時期でもおすすめです。

秋の河川

夏の場合は上流域を好んでいるバスが多数存在します。
9月下旬頃になると、下流までは降りないまでも、
中流域に先取りして降りているバスいます。

上流・中流域を狙うと間違いないでしょう。

しかし、10月頃より、徐々にバスたちも広範囲に動き出し、ベイト(餌)も上流から下ってしまうので、下流域の水温が安定する場所を好む場合が増えてきます。

10月以降は全域を狙っていきましょう。
ベイトの有無が鍵を握る場合もあるので要チェックしましょう。

秋のダム

夏の場合、山から流れ込んで来る場所を好んでバスが入っていることが多いですが

9月末頃になると山間部の地域では気温も水温も下がりやすく、
沖へ戻ってしまう場合があります。

早めにチェックをして、フィールドを変えても良いでしょう。

スポンサーリンク

 

ターンオーバー対策

9月頃より始まる、ターンオーバー。
水中の状態のことです。

秋のバス釣りでは、こいつが厄介なんです。

 

ターンオーバーとは(ターンオーバーの要因)

ターンオーバーについて説明します。

秋になり急に朝に冷え込んだりすると、水面の水が冷やされます。

お風呂の湯に冷たい水を入れると、底だけ冷たくなっていることを体験したも多いと思います。かき混ぜますよね。

よって、冷たい水は一気に水底へ沈みます。

もともと底に沈んでいた、酸素の少ない悪い水が押し出され、水面へ押し出されて、フィールド全体の水質が悪化してしまうことを
ターンオーバーと言います。

水質が悪化することで、水中の酸素が減ってしまい、バスも息苦しい状態になってしまい、活性が下がってしまうんです。

 

ターンオーバーの見分け方

ターンオーバーになっているかどうかは、見た目では判断しにくいです。

ですが簡単に見分ける方法があります。

水面を竿でも、ルアーでも良いので、バシャバシャしてみましょう。
水面に出てきた泡(あぶく)がしばらく、
消えなければターンオーバーしている可能性が高いです。

ここで注意点として、
フィールドの中でも普段から泡(あぶく)が消えないような場所も存在します。

どこをやっても、高確率で泡が消えない場合のみで判断してください。

 

ターンオーバーの狙い方・釣り方

唯一、ターンオーバーの影響を受けにくい場所があります。

それは、浅瀬(シャロー)です。水底の酸素も比較的多いため、底と入れ替わっても、影響が少ないからです。

ターンオーバーが起きているフィールドでは、浅場を狙って、出なければ移動するのがおすすめです。

水質の良いフィールドを探しましょう。

ウィード(藻)や水生植物が豊富に存在する場所では、水質を良くしてくれます。

 

ターンオーバーは速い動きについていけない

ターンオーバーになると水質が悪くなり、低酸素状態になり、
ブラックバスの活性も下がります。

ルアーの速い動きにはついて来れないケースが多く存在します。

じっくり誘うか、より食わせを重視したワームなどで、
できるだけブラックバスが簡単に口を使えるようにアプローチしましょう。

リアクションで狙う・誘う

速い動きに反応できなくなることを述べましたが、

逆に口を無理矢理使わせる、リアクションで釣る方法があります。

メタルバイブレーションでするのが定石ですがワームでも可能です。

詳しいリアクションの釣りについてはバイブレーションの記事にて紹介しています。

➡︎➡︎バイブレーションに関する詳しい記事はこちら。

 

秋のバス釣り夜釣りは?

夏の夜釣りの場合、高水温の日中から解放されバスも動きやすくなります。

よって、よく釣れると言われます。

では、秋はどうでしょうか?
日中・夜間を通して大きな水温の変化はありません。

しかし、瞼がないブラックバスは日光の光自体を嫌います。

なので、秋も釣れる可能性は非常に高いです。

➡︎➡︎夜釣りにおすすなルアーはこちらの記事で紹介しています。

 

秋のバス釣りおすすめ時間帯

秋のバス釣りでおすすめの時間はあるのでしょうか?

基本的にどの季節よりもムラがなく釣れるチャンスは到来します。

逆に言えば絞りづらいので困ります。

強いて言うなら

朝マズメ・夕マズメは季節問わず外さないようにしましょう。

 

秋の台風・雨は注意(9・10・11月)

秋の雨はバス釣りでは注意しなければなりません。

➡︎➡︎雨のバス釣りについて詳しい解説はこちら!

さらに、秋になると台風が到来することが多くなります。
秋雨前線の影響もあり、大雨が降ることが多くなります。

状況に変化が著しくなるのも秋のバス釣りの特徴。

是非、この記事を参考に状況に合わせて欲しいです。

➡︎➡︎台風のバス釣りに関する詳しい解説記事はこちら。

 

秋の琵琶湖

秋の琵琶湖は非常に釣りが困難になると言われています。

9月〜10月初旬に大減水することによって、藻が大量に発生してしまうためです。

自ずと釣る場所も限定されるのでプレッシャーが高くなり、
バスも釣れなくなってしまいます。

散ったバスを巻物で釣るのも大量の藻があるため難しくなります。

適材適所、ポイントを見極めてルアーをチョイスしてください。

琵琶湖の場合は季節感に囚われずに、
ベイト(餌)を意識してルアーを投げましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

秋のバス釣りについて紹介しました。

あくまで目安の釣り方になるので、近年気温の上昇と共にずれ込んだり、様々な要因で変化します。

その時々で状況に合わせて釣り方をシフトしていきましょう!

決めつけも良くないので、フィールドに合った釣り方も考量して展開していくことをおすすめします!

 

関連記事

春(4月・5月・6月)のバス釣りに関する記事

夏(6月・7月・8月)のバス釣りに関する記事

冬(12月・1月・2月)のバス釣りに関する記事

スポンサーリンク

 




この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!