夏(6月・7月・8月)のバス釣りおすすめのルアーや釣り方は? 穴場の場所も




ジトジトした雨が続く梅雨の6月。
梅雨も明け、いよいよ本格的な夏を迎える7月。
猛暑が続き、屋外で過ごすのも厳しくなる8月。

6月〜8月が暦上、夏になります。
バス釣りにおいては、ハイシーズン真っ盛り。

梅雨時期は気温は徐々に上がり、蒸し暑い日が続き、過ごしにくいと感じる人も少なくないはず。
しかし、逆にバスにとっては最も過ごしやすく、体力、フィールドの状況的にも過ごしやすい季節なんです。

梅雨が明け、真夏に突入すると、水温も上昇しバスはぐったりしてしまうのでは?
でも、夏に近づけば、近づくほど、バスの居場所は絞られ、狙いやすくなります。

それでは、6月・7月・8月のブラックバスがどんな状態なのか?どうやって釣っていけば良いのか、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

目次

6月のバス釣り攻略法(初夏・梅雨時期)

6月の水中の状況はどうなっているんでしょうか?

水温は20度中頃まで上昇し、それに伴って、ベイト(餌)も増えていきます。
5月では、スポーニングを終え、体力を使い果たし、バテバテだったバス達も徐々に体力を取り戻し、増えたベイトを追い回すようになります。

6月はスポーニングが絡むため春パターンもあり(5月頃のスポーン)

6月初旬や、季節の進行が遅めの地域であれば、まだまだ産卵のシーズン真っ最中のフィールドもあります。

  • 山間部
  • 気温が上がりにくい場所

が特に多いです。
実際はオールシーズン産卵は行なっているとの情報もあるので個体差はかなり大きいです。

スポーニングや産卵の時期についての攻略法は春(3月・4月・5月)のバス釣り攻略の記事にて徹底解説しています。

6月初旬であれば、5月頃の釣りを展開した方が釣果に恵まれるケースもありますのでチェックしておきましょう。

ベイトの居場所を考える(バスの居場所を考える)

産卵の時期も踏まえた上で、バスを釣る上でキーとなるのは「ベイト」です。

捕食する事を意識しているバスが増えるため、ベイトの居場所を考えて、狙っていきましょう。ちなみに、

  • 水通しの良い張り出し
  • アシ際
  • ゴロタ石
  • オーバーハングの下

などがおすすめ。
張り出しにはベイトフィッシュが集まりやすくなります。
アシ際、ゴロタ石付近には、エビが増殖します。
オーバーハングの下は、落下昆虫を狙っているバスを釣りましょう。

注意点

まだ、夏本番ではないので、流れの強すぎる場所や川の最上流部のようなバックウォーターには魚は少ない傾向にあります。優先順位からは外しても問題ないでしょう。

また、梅雨の雨がたくさん降ることで、水中の酸素が増えます。
より、バスの活性が上がります。

ただ、水温が2度以上、下がるような冷たい雨の場合、逆に活性が下がってしまうことがあるので、水温のチェックも忘れないようにしましょう。

最も気をつけることは、
足元が非常に悪くなるため、転倒・転落・入水に十分注意しましょう。
山間部のダムなどでは、土砂崩れなども多発するため、雨量が多かったり、連日、雨が続いた場合は行かないようにしましょう。
安全第一です。

それでは、これらを踏まえ、おすすめルアーを紹介します。

6月のおすすめルアー・ワーム(表層系がおすすめ)

この時期のバスは積極的にベイトを追い回しているため、
基本的にはルアーの幅が他のシーズンに比べて広がります。

いくつか紹介していきましょう。

ビックトップウォータープラグ(ビックベイト)

元気で活性の高いバスに一早く気付いてもらい、バイトに持ち込むの事を考えましょう。気温が上がり、水中のプランクトンも増え、濁りが入りやすい季節でもあります。

よって、大きな音や波動で誘えるものがおすすめ。
何より、表層系なので、バイトが丸見えになるのが頻繁に見れるのもこの時期の醍醐味ですよね。

少しレンジ(水深)を下げて、ビックベイトを使用するのもおすすめです。
また、ビッグクローラーベイトなどで、じっくり誘い出すのもこの時期からバイトしてくる確率が上がります。

詳しいビックベイトの使い方やロッドやリールについての紹介記事はこちら。

ビッグクローラーベイトのおすすめや推奨タックルに関する詳しい解説記事はこちら。

スピナーベイト

この時期のスピナーベイトの使い方には特徴があります。
それは、ガーグリングです。

水面にモワモワと引き波を立てるような早巻きで使う方法をガーグリングと言います。水面を飛び出ないように巻いてください。
ベイトフィシュが表層付近を群れで泳いでいるのを演出できます。
トップウォーターで出にくい時に強くなります。

また、ウィードレス性能に優れているため、ストラクチャー(ウィードやカバー)の際を狙っていくと、より効果的です。

おすすめスピナーベイトや使い方など詳しい解説記事はこちらで紹介しています!

虫ルアー

オーバーハングやブッシュから落下する昆虫を演出してください。
ついさっきまで、生きていた虫が水面を落ちるとどうなるでしょう?

水面で手足をバタバタさせ、溺れそうになりますよね。

しっかりシェイクを入れて、波紋を発生させる事で、バスが気付き、そそままバイトしてきます。同じような動きが出せるようにしましょう。

詳しい虫系ワーム・ルアーに関する解説記事はこちら。

フローティングミノー

この時期に強くなるミノーの使い方を紹介します。
それは、

巻いて、止めて、浮かせる際に食わせる。

ベイトフィッシュにマッチザベイト(真似する)させる事が有効です。
ちなみにただ巻きと併用すると、さらに釣果に繋げる事ができるでしょう。

おすすめフローティングミノーに関する詳しい解説記事はこちら。

スモラバ・エビ系ワーム

アシ際やゴロタ石周辺に、エビが増殖するため、そこを狙いましょう。

スモラバはスネッグレス性能(根掛かり回避性能)が高いため、とりあえず、おいしそうなスポットにどんどん打っていく事をおすすめします。
エビの生息場所は幅広いためです。

フォールでもズル引きでも、アクションは問いません。
表層系がの反応が今いちな時が出し所。とりあえず、坊主を免れたい場合、おすすめのルアーです。

おすすめスモラバの紹介、スモラバに関する詳しい解説記事はこちら。

エビ系ワームに多用するテキサスリグに関する詳しい解説記事はこちら。

フロッグ

カエルが水辺にたくさん現れる季節。

雨の日はカエルを多く見かける事がありませんか?

梅雨は雨が多い=カエルが増える=バスもカエルを意識する。

よって、フロッグが強くなります。

また、ローライト(曇天)の時や、雨がしっかり降った後がおすすめです。
食い気が強いバスが多くなるため、水押しが強く、音などでもしっかりアピールできるものを選びましょう。

おすすめフロッグや推奨タックル・使い方についてはこちらで紹介しています!!

6月のバス釣りは以上になります。

一年を通しても、最も色んなルアーで、色んな釣り方ができる季節です。
初心者でも、釣果が出しやすい季節ではないでしょうか?

スポンサーリンク

7月のバス釣り攻略法

7月の水中の状況はどうなっているんでしょうか?

7月と聞くと、「夏」のイメージが強いですが、水中的には、夏一歩手前の状態です。

地域によっては、梅雨が明けておらず、雨の降る頻度が多いため梅雨と夏の間と考えてもらって間違いないでしょう。

ある条件の時には、6月の釣りパターンでチャンスが訪れます。

雨が降ったら、6月パターン

もちろん、6月比べて水温も高くなりますが、雨が降ることで水温は下がります。
バスがスポーニングから回復して元気を取り戻した6月と同じように、やる気に満ち溢れたバスを釣ることができます。

6月のバス釣りを参考にしてみてくださいね!

雨が降らない場合

梅雨が完全に明けてしまい、雨が降らない日が続いているようであれば、夏の釣りを意識しましょう。

雨のバス釣りに関する詳しい解説記事はこちら。

夏の釣りの3大要素は、

  • シェード(日陰)
  • カレント(流れ)
  • ディープ(深場)

この3点を狙っていきましょう。

シェード(昼間の晴天の時がアツイ)

  • 水面の張り出した、木が形成する影
  • 橋脚や桟橋が形成する影
  • 水中植物が作る影

時間帯によって、形成するシェードは異なります。

より、長い時間形成される、濃いシェードをバスは好みます。

ピーカンで晴天の場合、シェードの効果は最も強くなります。
夏場の昼間であれば、シェードへのバスの執着は大きいため、集中的に狙って行くことで効率よく魚に出会える確率を上げてくれます。

カレント(流れ)

カレント=水の流れ

河川の場合はより、水の流れが強いところ。
良質な水がしっかり流れているところをバスは好みます。

夏の野池やリザーバーでは流れ込み・流れ出しがアツイ

インレット(流れ込み)アウトレット(流れ出し)のような、水が出入りするところが熱くなります。

特に、雨が降った場合のみ流れ出すインレットは激アツなので、普段流れているかどうか、確認しておきましょう。

ディープ(深場)

スポーニングから完全回復したバスは活発に動き回れるようになるので、表層の水温が上昇すると、涼しい場所を求めてディープに移動するバスも現れます。

ブラックバスのスポーニング(産卵)についての詳しい解説記事は春バス攻略にて解説しています。

インレットやシェードが少ないフィールドでは、この傾向が強くなるので意識してみてください。

7月のおすすめルアー・ワーム

7月のおすすめルアーは基本的に2種類。

  • シェードや流れ込みなどに、ピンスポットで誘い出す。
  • フィーディング(食い気のある時間帯)の高活性のバスを釣る。

この2種類になります。

上記で紹介したバスの居場所にはピンスポットで打ち込み、朝マズメや夕マズメであれば、強いルアーで広範囲にアピールして、効率よく誘い出しましょう。

おすすめのルアーを紹介します。

テキサスリグ

高比重ノーシンカーリグ

テキサスリグ・高比重ノーシンカーリグはシェードやカレントにピンポイントで打ち込んでいきましょう。

テキサスリグの作り方・おすすめワームなどテキサスリグの解説記事はこちら。

高比重ワームのファットイカに関する詳しい記事はこちら。

スピナーベイト

チャターベイト

シャッドテールワーム

おすすめのシャッドテールワーム・スイムベイトに関する詳しい解説記事はこちら。

チャターベイトの使い方やおすすめを紹介している記事はこちら。

これらの巻いて使うルアーは、どれも根掛りがしにくいスナッグレス性能に優れたものです。
よって、狙うのはシェード・カレントのストラクチャー周り。活性の高いバスを効率よく釣っていくことができます。できるだけ、障害物にタイトに狙っていきましょう。

ビックベイト

インレットなどの、ピンポイントにさしているビックバスを狙う場合に使用しましょう。
泳がせるというよりは、ゆっくり誘い出し漂わせるイメージで使うのがベターです。

おすすめのビックベイトや使い方・タックルに関する詳しい解説記事はこちら。

ネコリグ

7月になると様々なベイト(エサ)が存在するようになります。餌に合わせなくても、ネコリグであれば小魚にもエビ、虫を演出できるので、坊主を逃れたい場合おすすめ。

また、ディープに移動したバスを狙う際も底を探るリグなのでおすすめです。

ネコリグの作り方や使い方・おすすめワームを紹介している記事はこちら。

8月のバス釣り攻略法

8月ともなると、完全に夏。

屋外で過ごすのも、さすがにしんどいでよね。
人間は熱中症になったり、生死に関わる過酷な暑さ。

しかし、バス達は問題ありません。
涼しく過ごしやすい場所へ避難します。

先ほど、挙げた3要素を集中的に狙えば良いのです。

ルアーは7月のバス釣りを参考にしてみてください。

また、8月のバス釣りにおいては6月や7月にはある程度のチャンスだった時間帯が熱くなります。

朝マズメ・夕マズメ(早朝・夕方の時間帯)

  • 日が登り始めるころの朝マズメ
  • 日が沈みかける夕マズメ

オールシーズン、釣れやすい時間帯なのですが、

8月の朝マズメ・夕マズメは一年で最も熱くなります。

日中に水温が上昇し、バスも動ける範囲が狭くなることをわかっています。よって、朝夕の水温が比較的安定する時間に捕食をするようになるんです。

8月のおすすめルアー(朝マズメ・夕マズメ)

基本的に、日中の場合は7月のおすすめルアーを使用して、3大要素を狙ってください。

ここでは、朝マズメ・夕マズメのチャンスタイムのおすすめルアーを紹介します。

トップウォータープラグ

夏になると、バス達もルアーやアングラーを見慣れてきて、プレッシャーがかかっている状態になりがちです。水面で誘うことは糸の存在も消せるため、プレーシャーを最小限にすることができます。
さらに、朝夕マズメだと、日光の光量も少ないため、水面で出しやすくなります。

ビッククローラーベイトのおすすめ紹介や使い方に関する詳しい記事はこちら。

ポッパールアーのおすすめや使い方についての解説記事はこちら。

フロッグ

トップウォータープラグ+スナッグレス性能(根掛りしにくい)の特化したルアー。
夏場は草木や水生植物が増えるので、入り組んだ場所へのキャストも可能になります。
また、水面にビッシリの藻がある場所でも、使えるのでおすすめ。

おすすめフロッグの使い方や推奨タックルに関する詳しい記事はこちら!

初秋でも十分期待できる朝夕マズメ

フィーディングタイム(被食する時間)である朝夕マズメは夏を過ぎ、9月下旬10月半ばくらいまで、同様のパターンで期待が持てる釣りになります。

季節的に秋になっても、夏の朝夕マズメでおすすめルアーは大活躍するので試してみてください。

詳しくは秋のバス釣り攻略法の記事にも解説していますのでご覧ください。

本格的な夏はサイトフィッシングも有効(7月・8月)

6月の梅雨が明けてから、7月〜8月の本格的な夏場になると、目で直接見て釣るサイトフィッシングが有効になります。

「見えるバスはどの時期でも一緒じゃないの?」

その通りなんですが、夏場特有の「見えバス」がステイするレンジがあります。

サーモクラインの見えバスを狙え!

サーモクラインとは、温度躍層・水温躍層のことを言います。
なんのことやらって感じですが、解説します。

水は水温によって、比重が異なります。

暖かい水<冷たい水 が基本的な比重の差になります。

暖かい水が軽いため、水面付近に上がり、冷たい水は底に沈みます。
暑い夏はブラックバスも涼しい場所を求めたいのは上記で解説しましたが、

水面の水は日光を直接受けるため高温で居心地はよくありません。

じゃあ、水底が涼しいじゃん!と思われがちですが、水底の方が酸素量は少なく、ベイト(餌)も少ないため、居座るにはイマイチ。

そこで、その中間地点である、暖かい水と冷たい水の境目である場所をサームクラインと呼びます。ある程度酸素を含み、ベイトも過ごしやすく、直接日光をの影響を受けにくいため、ブラックバスも居座ることが多いです。

ただ、サーモクラインにステイしているバスは基本的に食い気がないバスがほとんどです。なので、リアクションで誘い出すのがおすすめです。

バイブレーションやネコリグのリフト&フォールが鉄板の釣り方です。

ポカーンとサーモクラインに浮いているバスを思わず口を使わせるリアクションで釣りましょう!

バイブレーションの使い方やおすすめに関する記事はこちら。

ネコリグの作り方や使い方に関する詳しい解説記事はこちら。

もちろんフィールドの状況によって、一概にサーモクラインにステイしているわけではないので、ディープ(深場)に落ちている魚もいれば、表層を回遊する魚もいるので、その時にあった釣り方を展開しましょう!

今まで紹介してきた釣り方を参考にしてみてください。

夏のバス釣りオススメルアー(スピナーベイト・ワーム)

6月〜8月の釣り方・おすすめルアーを紹介していきました。

「わざわざ、毎月ルアーを買うのは面倒!!」
「そこまで、こだわらなくても釣れれば良い!!」

なんて人も少ないくないはず。

そんな時、ベイトタックル・スピニングタックルを一本ずつ持って、ルアーはこれさえあればとりあえず大丈夫かな?

と思われる、夏のオススメルアーを紹介します。

  • スピナーベイト
  • ワーム

この2つを持って、夏のフィールドへ向かいましょう!!

夏のバス釣りはスピナーベイトが釣れる!?

ブラックバスの活性が高そうな時にスピナーベイトを投げましょう。

  • 朝マズメ
  • 夕マズメ
  • 曇り(低気圧)

スピナーベイトはルアーの中でもかなりパワーの強い部類に入ります。
よって、食性がないバスをリアクションで口を使わせることもできるので、おすすめ。

さらに詳しい解説・おすすめは以下の記事をご覧ください。

スピナーベイトのおすすめについてはこちらの記事にて!

夏のバス釣りはワームが必須(最強ルアー・ワーム)

夏のワームの使い時はスピナーベイトと逆の状況の時。

  • 晴天・無風
  • 高気圧

など、ブラックバスの活性が低いと考えられる時に使いましょう。

ワームの種類については、ストレートワームを用意しましょう!!

多彩に使えるのでおすすめです。特におすすめなリグはワッキーリグ。

ワッキーリグの使い方など詳しい記事はこちら。

その他に、これは持っていけば間違いない!と言える最強ワームがあります。

夏であっても、十分な釣果をもたらせてくれます。

バス釣り最強ワームを紹介している記事を参考にしてみてください。

夏のバス釣りの格好・服装

8月頃になると、屋外は灼熱。身も心も耐えれません。

頭を使って、体を動かすバス釣りをする上で服装で釣果が変わると言っても過言ではありません。

半袖・半ズボンが涼しいから良いんじゃないの??

と思われがちですが、もっとおすすめがあるんです。

夏の釣りにおすすめな服装に関する記事はこちら。

夏バス(7月・8月)のディープ攻略

野池などで水温が急激に上昇し、周りにカバーやインレットなどのスポットもない場所では、涼しさを求める場所がありません。

そんな時に最も野池で水温が適水温に近くなる場所は

ディープ(深場)

なんです。
水深が深ければ深いほど場所ほど、水温が上がりにくくなります。

詳しいディープ攻略についてはこちらの記事にて紹介しています。

琵琶湖の夏(7月・8月)バス攻略パターン

日本で最も広大な湖・琵琶湖。

圧倒的なポテンシャルのブラックバスが潜んでいます。
その魅力に全国から多くのアングラーが訪れています。

夏の琵琶湖はどのように攻めたら良いのでしょうか?

基本的な釣り方・狙い方は同じです。
よりブラックバスが涼しい場所を求めている場所を探せば良いのです。

夏の琵琶湖の陸っぱり

フィールドとしては、水深の浅めの南湖より、水深がある北湖がおすすめ。

陸っぱりでおすすめなのは、山間部からの冷たい水が流れ込みやすい、西岸側がおすすめ。よって、

西岸の北湖をメインにしましょう。

あまり情報に左右されるのも良くないので、

今までに述べてきた、
夏のブラックバスの習性を考えてポイントを選びましょう。

夏の琵琶湖の夜釣り(おすすめポイント・スポット)

オールシーズンを通して、琵琶湖で最も熱い釣りはナイトゲーム

夜釣り

特に夏の場合は水温を下がるため、バス達も活性が上がります。

琵琶湖の中でも陸っぱりでおすすめのポイントがあります。

瀬田川

琵琶湖に繋がる最南端に位置する川です。
足場も安定しているため、初心者でも釣りがしやすいと言われています。

スポットとしては、流れ込みや地形変化。
こちらも、夏の涼しさを求めるバスを考えて選びましょう。

流入水路・流入河川が多数あるので狙ってみてください。

数多くのデカバスが上がっていることで有名です。

夏の琵琶湖におすすめなルアー

おすすめのルアーについては、

ブラックバス夜釣りのおすすめルアーに関する記事で紹介しています。

さらに、琵琶湖ではビックベイトでの釣果も高いことで有名です。

特におすすめなのは、シグナルのブラックデュラゴンのような、デッドスロー(超低速)に引いてくることができるビックベイト。

おすすめビックベイトの紹介記事はこちら。

是非、夏の琵琶湖でロクマルを手にして欲しいです。

夏のバス釣りおすすめ動画

百聞は一見にしかずと言いますが、文章ではなかなかイメージがつきにくいと思いますので、おすすめのバス釣り動画をいくつか紹介しておきます。

参考にしてみてくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

夏(6月・7月・8月)のバス釣りを解説していきました。

水分・塩分の補給をして熱中症にならないように気をつけてくださいね。

この記事がみなさんの釣果に繋がれば幸いです。
バス釣りハイシーズンを堪能してください!

関連記事(春・秋・冬バス攻略記事)

春(3月・4月・5月)のバス釣り攻略に関する記事はこちら。

秋(9月・10月・11月)のバス釣り攻略に関する記事はこちら。

冬(12月・1月・2月)のバス釣り攻略に関する記事はこちら。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!