5月のバス釣りは簡単!?テクニック、知識教えます!おすすめルアー、時間を紹介!




段々気温も上昇し始める、5月。春と初夏の間でどうやって釣ったらいいのか、わからなくなりませんか?

ゴールデンウィーク連休があったり、釣りにいくにはとても良い日和が多い月間。
日中、外を出歩くのにも、暑くも寒くもない非常に釣りがし易いと思う時期ですよね。
バス釣りの季節としては、春でもないし、夏でもない微妙な季節。

春であれば、スポーニングがらみの狙い方をする。
夏であれば、シェードや流れを絞れば釣れる。

それが、どっちつかず。
浮いているメスバス狙いをしても、当たらず。
インレットを攻めて見ても、そこまでパワーを感じない。

と行ったように狙って釣るには非常に難しい時期です。

そこで、今回はそんな5月のバスの釣り方について解説していきます!

スポンサーリンク

まずはシーズナブルパターン

といっても、フィールドによっては、まだスポーニングが始まったばかりであったり、はたまた、すでに産卵を終えて、夏のスポットにいち早くエントリーしている魚もいる場合があります。

まずは、どちらのパターンもやってみるのが良いでしょう。

そうして、バスの反応を見て、どちらかに絞っていくのが良いでしょう。

詳しい春バスの釣り方・攻略法に関する記事はこちら。

詳しい夏のバス釣り攻略についてはこちら。

どっちも釣れない!

春パターン・夏パターンを試して見ても、一向に反応がない場合の釣り方を紹介します。それは

アフタースポーニングのバスに的を絞る。

この時期、どちらのパターンに置いても、存在するであろう
アフターの魚を狙うのをおすすめします。

アフタースポーンの釣り方

アフタースポーニングのバスは、簡単に説明すると、
産卵を終えて、少し痩せてしまい、身も心も弱っているバスです。

しかし、もちろん腹ペコ状態なので、餌は食べたいと思っている個体がほとんど。
でも、体力がないため、餌に逃げられてしまったり、そもそも目の前に捕食する餌が来なけれが口を使わない。
もちろん、バイトする力も弱いため、ショートバイトのパターンが多くなります。

これだけ聞くと、釣るのは難しそうですよね。
しかし、バスの気持ちになって考えて見てください。
これまでの文章の中にヒントが隠されています。

そう、弱った魚には、弱った餌を演出しましょう。

アフターのバスは産卵を終えたベット周辺であまり動かず、身を守るために、近くのストラクチャー、岩やブッシュ、カバーなどでじっとしていることが多いです。

そこを狙い、ルアーをできるだけ、ゆっくり、送り込んであげれば、アフターの魚も口を使ってくれるでしょう。
ついつい、手返しを重視して、ランガンをしてしまう人も、この場合はゆっくり攻めましょう。場合によっては、放置するのも十分の可能性があります。

詳しいスポーニング(産卵)に関する内容や釣り方に関する記事は春のバス釣り攻略記事にて紹介しています。

スポンサーリンク

おすすめルアーの紹介・使い方

釣り方でも説明したように、ゆっくり、アフターの弱った魚に合わせれるルアーをチョイスするのがおすすめ。いくつか紹介しましょう。

高比重系ワーム

  • ゲーリースミス ファットイカ
  • レイドジャパン バギークロー

など、今では数多く存在する高比重系ワームがおすすめ。

ファットイカに関する詳しい解説記事や使い方についてはこちら。

基本的にはバックスライドセッティングで使用し、カバーの奥へスライドさせて使用することが多い種類ですが、今回はノーマルセティングで使用することをおすすめ。なぜなら、ズル引きを効率良く行えるため。

高比重系ワームをズル引き、たまにステイ(放置)を入れるなど、できる限りスローに誘ってみてください。

通常ズル引きは手返しが悪く、辛抱な釣りになってしまいがちですが、今回はスポーニングベッド周辺の限られたエリアを狙うため、我慢できるのではないでしょうか?

さらに反応がなければ、ルアーサイズを落とし、吸い込みやすくしてあげましょう。

  • イモグラブ
  • ファットウイップクローラー 3インチ

などがおすすめです。
どちらの場合も吸い込みやすさや、ワーム本来の動きを出すために、基本ノーシンカーを推奨します。

ビッグクローラーベイト

昨今、流行であるビッククローラーベイト。その中でも、

  • イマカツ アベンタクローラー
  • レイドジャパン ダッジ

これらのルアーの特徴はゆっくり、デッドスローに誘えるです。

「トップウォーターはまだ早いんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、シャローエリアであれば、水温的にも水面で出せる可能性は大いにあります。また、水温が上がり切って安定する夕マズメであればより効果的です。

また、ビッククローラーベイトの場合はシーズン先取りで使用するパターンもあります。

アフタースポーニングから回復し、シーズンを先取りするのはデカバスだと言われています。

ウィードは生えてはいないが、夏になると毎年生えてくるポイントを狙ってください
生えかけのウィードの上をいち早く陣取っているバスに対しては非常に有効であると言われいます。

また、弱ったアフターバスでも、スピード的にも追いかけやすく、また、苛立ち口を使わざる終えない状況も作れます。
こちらも同様、クローラーベイトで出たけど、バイトが弱い!と言う時はサイズダウンしましょう。

例として、小型のトップウォータープラグ。または虫系ワーム。
アイウェーバーやHMKLのジョーダンなど、i字系ルアーもおすすめ。
DSTYLEのレゼルブも良いのではないでしょうか。

詳しくは下の記事を参考にしてみてください。

クローラーベイトのおすすめや使い方に関する詳しい記事はこちら。

虫系ワームのおすすめ・使いどきやタックルセッティングはこちら。

まとめ

いかがだったでしょうか?

  • 高比重ワーム
  • ビッグクローラーベイト

この2種類があれば、5月に坊主になることはないでしょう。

6月になれば、弱っていたアフターバスも活発になり、バス釣りハイシーズンに突入にします。
待ち遠しいですね!!

5月に坊主にならない様に、今回の記事を頭に入れて、フィールドを攻めてくださいね!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこちらも読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

現在岡山県在住、30歳男性。 一児のパパとして日々奮闘中。 福祉系大学を卒業後、介護士として働いている。 趣味は釣りと音楽。 特にバス釣りが大好き。何事ものめり込むのが得意。 夢は、息子と釣りに行きまくること。 このブログでは釣りのノウハウ。 現場での旬な情報や豆知識、テクニックを紹介していきます!!